« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の15件の記事

2009年12月25日 (金)

役に立たない企業には、出ていってもらうと言うことです。

[カラカス/東京 24日 ロイター] ベネズエラのチャベス大統領は、トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)に対し、地方の悪路を走行できる四輪駆動車を生産しなければ国外退去を求める可能性があると警告した。    

 23日夜のスピーチで述べた。チャベス大統領はまた、ベネズエラで操業するアジアや米国の自動車メーカーが現地企業と技術を共有することを拒否すれば、強制的な国外退去処分や工場接収も辞さない構えを示した。

   

 大統領は「トヨタがここで四輪駆動車を生産したがらないというのは、一体どういうわけだ」とし、「強制する必要がある。従わないのならば、国外に退去すべきだ。われわれは別の企業を誘致する」と述べた。

   

 大統領は、石油や発電セクターなどで企業の国有化を進めているが、これまでのところ自動車メーカーにはほとんど介入してこなかった。 

   

 トヨタの広報担当者によると、同社は現在、日本の外務省と現地の大使館に大統領の発言の真意を確認するよう依頼している。

       

|

2009年12月23日 (水)

大気エアロゾル(微粒子)週間予測

2009年12月23日 発表
今日・明日の詳細予報はこちら
各地域の上側は大気汚染粒子の指標,下側は黄砂の指標
12月23日 12月24日 12月25日 12月26日 12月27日 12月28日 12月29日
北海道 汚染 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
東北北部 汚染 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
東北南部 汚染 少ない 少ない 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
首都圏 汚染 やや多い やや多い やや多い やや多い 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
北陸信越 汚染 少ない 少ない やや多い 多い 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
東海 汚染 やや多い やや多い 多い 多い 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
近畿 汚染 多い 多い 多い 多い 少ない やや多い 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
中国 汚染 非常に多い 非常に多い 多い 多い 少ない やや多い 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
四国 汚染 多い 非常に多い 多い 非常に多い 少ない 少ない やや多い
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
九州北部 汚染 多い 非常に多い 非常に多い 多い 少ない 少ない やや多い
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
九州南部 汚染 多い 多い 非常に多い 非常に多い 少ない 少ない 多い
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
沖縄 汚染 少ない 少ない やや多い 非常に多い 多い 少ない やや多い
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
12月23日 12月24日 12月25日 12月26日 12月27日 12月28日 12月29日

|

小麦が発芽しました。

Dsc_0068小麦の芽は出たのでしょうか。水を撒いておりませんのでどうなったか心配でしたが、しっかり発芽してました。(クリックして下さい。)
Dsc_0084 よく見ると一列に並んで3センチほどに伸びていました。土の外に出たままのものは、当然ながら芽が出ていません。何かの加減で、土に埋もれたり、水が与えられればここぞとばかり発芽します。条件が整うのをじっと待っているのです。

|

2009年12月22日 (火)

全てのメディアが示した事実が、いかさまです。

これが処刑された(とされる)フセイン大統領です。


下4枚が本物のフセインです。最初のものとは、顔から放散するエネルギーが全く違いますし、生涯、形が変わらないはずの耳が全く違います。決定的なのは、歯です。イラクは、国家的な政策で歯の矯正及び治療は医療費が無料で、世界で最も進んでいる国です。本物は、綺麗に矯正されていますが、偽物は治療されていません。素人の私が解るレベルですから専門家は当然解っているのです。世の中なぜ平気でウソがまかり通るのでしょうかね。テレビ出演者でおかしいと言ったコメンテーターは一人もいません。だから”マスゴミ”と言われてしまうし、電波芸者といわれるのです。本物の芸者さんには申し訳ないほど愚かで恥がない連中です。キムジョンイルも同じです。昔と今のを比べれば誰が見ても偽物と分かります。ちょっとまともな感性のあり人間なら、そのおかしさにとっくに気付いているはずです。だんだんテレビを見る人が少なくなり誰も相手にしなくなっているのはこういった子供だましのウソを平気でお金にものをいわせてまき散らかしてきたことへの、ごく当たり前の反応なのです。まだまともな人が存在できているということに連帯の思いを感じ、うれしく思います。新インフルエンザももうお仕舞いです。大量殺人と金儲けの目論見は完全に破綻しました。タミフルで殺すのもほんのわずかでしかありません。予定か狂ってしまった以上、あとはどの手で来るのでしょうか。人工地震ですか。それも全く無駄に終わります。戦争ですか、それも全く起こせません。最後は、原子力発電所、か再処理施設の爆破でしょう。六ヶ所村が危ないと言われています。CO2地球温暖化説は、全く根拠のない温暖化人爲説であり元々いかさまです。排出権をお金で買うなどというキチガイじみたことが今回できなくなることが証明されました。民主党がまともであれば、職を求めている方々に過疎の村に移住するための援助をする、といった全くお金をかけないで、すべての問題を解決することができるような政策を実行できるはずなのですが、おそらく無理でしょう。それだけの頭は持ちあせていないと思います。当面個人の力に任されることでしょうがそれも時間の問題で実現せざるを得なくなります。

|

やはり、CTはがんを発症させます。

【12月18日 AFP】CTスキャンを受ける際に浴びた放射線が原因で数十年後にがんを発症する可能性があるとする2つの論文が、14日の米内科学会誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン(Archives of Internal Medicine)」に掲載された。

 CTスキャンは、X線を照射し、検査対象の臓器や組織の3D画像をモニターに映し出す。

 米サンフランシスコ(San Francisco)の4病院が行った研究は、現在の検査で通常照射される放射線量は、中央値でさえ、想定されていた値の4倍であることがわかったとしている。CTによる1枚の冠動脈造影図の被爆量は、胸部レントゲン写真309枚に匹敵するという。

 同研究は、冠状動脈をCTスキャンした270人のうち、40歳の女性1人がCTスキャンが原因でがんを発症したとしている。

 もう1つの研究は、2007年に米国で行われた7200万回のCTスキャンが原因で、今後2万9000人ががん発症する可能性があると指摘した。このデータには、すでに腫瘍(しゅよう)があった患者や終末医療の一環でCTスキャンを受けた患者は含まれていない。

 研究者らは、放射線の照射に起因するがんは、照射治療の20~30年後に発症することがわかったと述べ、「医療用CTスキャンの放射線量はこれまで認識 されていたよりはるかに多く、防ぐことができるがんを年間数万例も生んでいる。照射量に関する規定を見直すべきだ」としている。(c)AFP

日本の乳がんの原因のおそらく大半が、肺結核の早期発見という前時代的な理由ずけにより、小学校から12年間も強制的に被爆させられてきた結果なのですが、CTもガンを発症させるというすさまじい結果になりました。もともと現代医療は、病気を治すことはまったくできませんので、検査により病名の特定ということが、唯一のお仕事になっていましたが、今回、CT検査によりガンを発症させることを医療機関が率先して行ってきたのだ、といことが実証されたわけです。ちなみに、レントゲンを当初から一手に引き受けてきたのが、ミドリ十字、つまり生きたまま人体実験を続けたことのお咎めもなく東京裁判にもかけられることなく、アメリカとの密約で情報提供により生き延びた、あの731部隊の生き残りのお医者様ども=”悪魔の飽食”の方たち=当時の日本医師会の最高幹部の関係の会社でした。今は、田辺三菱製薬となっています。薬害エイズやC型肝炎訴訟で暴露されたため合併され名前を変えざるを得なかったのです。付け加えますが、乳がんは、早期発見したからガンによる死亡率が少なくなるのではない、ということがアメリカの長期にわたる比較調査で明らかになっているのです。検査を受けるだけ無駄、手術を受けるだけ悲惨な結果を招くのみ、ということをお伝えしておきます。本物のガンは手術をして治るものではないのです。とっくに全身転移しているのが本物のがんなのです。

|

2009年12月20日 (日)

いよいよ空気自動車エアポッド生産開始。

フランスのMDI社が発表した空気自動車エアポッドの生産が、ルコンヴィリエにあるスイスメタル社の旧ボワラ工場で開始される。

エンジンのピストンを動かすのに用いられるのは、圧縮空気のみというクリーンな設計でしかも低価格のこの自動車は、わたしたちに車に対する意識改革をも呼び起こそうとしている。

売りは「究極のエコカー」

 ジュネーブでの「モーターショー ( Salon de l’Auto ) 」がすでに終わってしまった11月末、圧縮空気タンクの給気システム効率化の共同研究のため、「エアポッド( AIRPod )」がスイス連邦工科大学ローザンヌ校 ( ETHL ) の広場に登場した。丸い窓がある、彩色された卵のような近未来的なデザインはまるで、「コロンブスの卵」のようだ。

 この車が革新的なのは、スマート ( smart ) 車にも似た3人乗りの丸いフォームではない 。エンジンを動かす動力源は圧縮空気のみという、排ガスゼロの低公害車を実現したことだ。その発想は突然空から降ってきたのではなく、200年間の技術に基づいている。

  「MDI (Motor Development International)社」の創始者であるギィ・ネーグル氏は、50年間におよぶ歳月をかけ、エンジンの開発に取り組んできた。その分野はフォー ミュラ1 ( Formule 1 : F1 ) から航空機産業に至り、なかでもとりわけ神話となったルノー8ゴルディーニ ( Renault 8 Gordini ) のエンジン開発に従事した経験を持つ。

世界に向けて

 ネーグル氏は1990年末、空気エンジンに興味を持ち、2003年から2004年にかけて、フラン スの巨大自動車産業に話を持ち掛けたが、ことごとく断られてしまう。そんな中で、インドの「タタ ( Tata ) 社」が興味を示し、タタグループの技術者とフランスのニースを活動の拠点とするネーグル氏は2年間以上もの時間をかけ、評価、テスト、技術研究、改革を繰 り返した。

 2007年、インドのトップ企業であり、トラックとバス車両生産において世界市場でも最も巨大なメーカーの一つである、ムンバイに拠点を置くこの企業は、1000万ユーロ ( 約13億円 ) でMDI社のエンジンライセンスを取得、インドで開発を進める。

 タタ社だけではない。現在世界市場において、50におよぶライセンスが取得されるに至っている。その一人、「ケイトカー ( Catecar ) 社」の創始者である ジュネーブの弁護士、アンリ・フィリップ・ソンブック氏は、スイスで空気自動車の生産を開始する。 

手工業

「この車が革新的なのは、技術面だけではありません。そのビジネスプランも革新的なのです。消費者の近くで生産され、在庫は抱えません。特約店もなければ、ロジスティクスもありません。注文を受け生産する、手工業のような形態なのです」
 とソンブック氏は語る。

 MDIには巨大な工場はなく、車体の80%までを生産する小さな工場が世界各地に多数分散されており( 残り20%の部品は、外注となる) 、需要に応じて生産する。その場で販売することで、輸送の際に生じる公害までをも防ぐことができる。

 MDIは自社サイトにて、誰もがMDIの特約店・製造業者・業務提携者となり、工場主になれると呼びかけている。工場は、普通車生産工場の4分の1の広さで済み、5分の1の投資額で済む。しかし、一般の工場より3割増の従業員が必要だ。

息を吹き返す旧ボワラ工場

 これは、2006年に、近年のスイスでは最も長いストライキの舞台となった、ジュラ・ベルノワ地方のルコンヴィリエ ( Reconvilier ) にあるスイスメタルグループの旧工場にとって朗報だ。

  ケイトカーは2010年春に、一貫した組立工場を稼動させる。あと1500万フラン ( 約13億円 ) が必要で、資金のある人たちに話を持ちかけている、とソンブック氏は自信たっぷりに話す。稼動が始まると、120人の従業員とロボットが、1時間に3台か ら4台の自動車を生産していく ( 普通車の生産は1分に1台 ) 。

 ケイトカーは楽観的だ。この小型車は、買い物や都市間の電車移動 のために駅まで出向くために最適なため、需要は膨大であり、さらに価格が手頃 ( 9000フランから / 約77万円から ) で、誰もが買えるだろうと見込んでいる。さらに、公共社会との共存を忘れてはならないとソンブック氏は強調する。

 「これは、特別な市場 ではありません。ヨーロッパで最大の規模を誇るスイスのカーシェアリング協同組合モビリティ ( Mobility ) に加入した企業はすでに2500社に上ります。MDIフランス社の1号工場は、稼動前に4万台の受注を受けました。生産が追いつかないので、わたしたちも 手助けすることになるでしょう」
と氏は語る。

給気システム

 当然考えるべき問題は、どうやって圧縮空気を給気するかだ。MDIは自動車とセットで、一晩で給気 が可能となる小さな空気圧縮機を販売するが、これでは不十分で、給気スタンドが必要だ。ケイトカー社は手始めに、スイスの200件の自動車修理工場を当た り、約3万フラン ( 約250万円 ) の投資額での空気圧縮機の設置契約を持ちかけている。利用者は、1回3分間の給気で6フラン ( 約500円 ) から8フラン ( 約680円 ) の給気料金を支払うことになるだろう。

 ソンブック氏にとって、まず個人経営の自動車修理工場に絞った200件の契約は非常に「簡単」。つまり、ガソリンスタンドに行かなくても、給気できるという。

走行距離150キロメートルから200キロメートル毎に給気しなくともよいように、MDIはエンジン用燃料 ( 約2リットルで100キロメートルの走行が可能 ) が走行中に空気の圧縮を可能にする大型車をすでに開発した。

 ピストン式エンジンではなく、ガソリンの燃料室が空気を暖める。この際の可燃
効率は、普通車のエンジンでは5分の1なのに対し、MDIエンジンでは100%の効率で燃やすことができる。

 酸化窒素も排出しなければ、ほんの少しの塵さえも排出しない。わずかな二酸化炭素  ( CO2 ) の排出だけで、800キロメートルもの走行距離を可能にした。

マルク・アンドレ・ミゼレ 、swissinfo.ch
( 仏語からの翻訳、魵澤利美 )

|

2009年12月16日 (水)

駿河湾一望。三島の貸し農園(市民農園)

”海の見える丘”農園からの日の入りです。クリックしてご覧下さい。

Dsc_0006_3

|

夕方でも柿田川は青いです。

 Dsc_0020

水の青さは、空の反映ですが、青の美しさと透明さは水自体の綺麗さによるのです。画像をクリックしてご覧下さい。

|

2009年12月13日 (日)

収奪されつくすアメリカ


アメリカの負債とGDPとの関係   (ROCKWAY EXPRESSより)

◆12月12日

 アメリカは巨大な戦費やヘルスケアーの予算を通して、ますます負債を増大させているが、このままではついにその負債額がアメリカの年間のGDPにまで到達するだろうと見られている。
 返却不能の負債額を抱えて、最終的には、アメリカは国家デフォルトを宣言することになるのであろうか? 

  その時、世界の経済活動は一瞬停止することになるだろう。まさにハリウッド映画の「地球が停止する日」であるし、「2012」の光景だ。ただし物理的にで はなく、金融・経済的にである。その意味において、これらハリウッド映画は予言的な内容を持っている。もっともハリウッドを支配している者たちと、このア メリカの金融・経済を支配している者たちはいとこ同士のような者たちだから、互いに理解しあっているから、当然だがアメリカ国防総省は130の国の軍事占領を続けながら、イラクとアフガンの二つの戦争を進めようとしている。財務省はウォール街をてこ入れしようとしてい る。議会はアメリカ人が住宅や車を買うように更に金を借り入れようとしている。民主党はフリーのヘルスケアーを不法移民を含めた皆に与えたがっている。ワ シントンの問題は、連邦政府の負債がここ20年間積み重なって、こういった計画をぶち壊すところに追い込んでいることがはっきりしてきたことだ。

  連邦予算赤字は、記録的な規模に膨れ上がり、1兆ドルを政府債務に積み増している。アメリカの負債合計は、将来の負債は含まずに今や12兆ドルを超えてい る。そして、議会はまもなく更にその額を高めることに投票する。そうしないと財務省は利子を支払うことができなくなるだろう。あるいは新しい国債を発行し 更なる負債を追い込むだろう。

 対照的にアメリカの労働者階級は、負債の清算のための過酷な労働をしてきている。毎月、アメリカ人は重荷 を減らすために経費を削減しつつ責任あることをしている。過去、失業の記録と経済の崩壊にもかかわらず、消費者は2000億ドルの負債をへらした。 2008年の第3四半期の2兆6000億ドルの負債総計を2009年9月では2兆4000億ドルまでにした。

 その間、連邦政府は、更に支出を続けた。民主党はヘルスケアー改革のために1兆ドルを積み増そうとしている。ホワイトハウスは既に第2次世界大戦とベトナム戦争以上の時間がかかっていて、ほぼ1兆ドルが支出されているアフガンに3万人を送ろうとしてしている。

 議会は既に怠慢で、2010年の12の歳出予算案の7つまでを通すことに失敗している。
 連邦政府の2010年会計年度は、2009年10月に始まっている。関係省庁の官僚たちは毎月を議員たちが通す法案によって日々を過ごしている。
 無一文の州政府は、連邦政府に交通機関プログラムや仕事がなく困っているアメリカ人に仕事を作るための資金繰りのためのばら撒きを当てにしている。どこにも、金融的な責任を持つ者もなく、仕事を約束する者もいない。

 連邦政府の負債はアメリカのGDP全体をまもなく追い越すであろう。これは14兆5000億ドルとなる。かつてそのような無責任な事態をこの国家が生来させたことはなかった。

|

2009年12月11日 (金)

砂糖が急騰しています。

1210h.jpg乳酸菌を増やすために利用している白砂糖が一袋50円も値上がりしています。他のスーパーでは20円値上げです。

昨日の日経ネットにありましたが、それにしてもスーパーの対応は早いです。以下引用です。

 

ココアや砂糖、オレンジ果汁といった農産物の国際価格が高騰している。ココアは約24年ぶり、砂糖は28年ぶりの高値水準に達し、オレンジ果汁は年初から8割上昇し、1年ぶりの高値を付けた。天候不順による産地の不作で需給が締まっているのを見越して海外の商品先物市場に投機マネーの流入が加速している。国際価格の高騰は砂糖など国内の商品価格にも波及し始めた。ココアは指標となるロンドン市場の先物価格(12月物)が9日に1トン2204ポンド(1英ポンド=約147円)と1985年3月以来の高値水準を付けた。リーマン・ショック後の底値だった昨年11月から7割強上昇した。【日経ネット16:00】
天候不順と投機によるしわ寄せが、アメリカから食べ物を輸入させられた、といっても、アメリカの言いなりで私腹を肥やしてきた自民党と、それをブレーンとして支えてきた売国奴=高級官僚の国民ないがしろ政策が、日本国民の生活をこれから本当に直撃します。さらにひどいことは、食料輸入大国日本の食卓の外見上の豊かさは、お金にものを言わせた結果だったのであり、お金が政府も国民もなくなってきた以上、買うことができないようになるのです。お金持ちも安心できません。お金や、食料をコントロールしてきた連中は、新インフルエンザの人口削減効果が全くないことに恐怖を覚え、何をしでかすか解らない状態になっていますので、ケムトレイルで、農場に毒を撒いたり、F1種の種のみを世界中に売りつけたり、化学肥料で農地を瀕死の状態にして来ましたので、作物ができにくくなっているのです。日本の農協よ恥を知れ。つまり、お金で、食べ物が買えない世の中になりつつあるのです。我々にできることで、誰も助けてくれないことは、ただ一つ、自分で、食料を作ること。それも、お金を出した肥料は徐々に減らしていくこと以外無いのです。そのために身近な所で貸し農園を利用するしか方法はありません。田舎に引っ込める人はすぐにでも準備に入った方がよいでしょう。私の所の貸し農園も、景色がいい、等と言っていられる場合じゃなくなってきました。ともかく畑を確保しましょう。種の交換や分け合いをしたり、助け合っていく条件はたくさんできてきますので、この場を利用してまだ気付いていないお友達に、”生きるためには野菜と穀物を自分で作るしかない”という声を広げていきましょう。来年は、貸し水田も考えています。早い者勝ちになりかねない時代となりそうです。付け加えですが、金の価格も上がっていますが、金(きん)は誰がお金との交換してくれるの、という素朴な疑問を感じて下さい。その金もほとんどが、タングステンに、メッキですからね。区別は付きません。持っている人はすぐに売り払って、田舎の土地を買った方がいいですよ。ともかく、お金で食料が買えなくなるかもしれないのですから。

|

2009年12月 9日 (水)

はこべの中でカラシナが

Dsc06211 Dsc06210

肥料は使っていませんが、えひめAIの希釈液をかけました。はこべの中で、カラシナやエンドウが元気です。イチゴや、オカのりまで元気にがんばっています。他にもいろんな種をまきましたが今は区別が付きません。大きくなってからハッキリしてきます。その土地に合ったものが驚異的に育ちます。人間も嫌な場所では育たないのではないでしょうか。子供は自由に好きなことをさせた方が後々うまく育つようです。親の期待を押しつけるとつまらない人生になってしまうでしょう。貴方は親から押しつけられましたか。

|

2009年12月 8日 (火)

三島の海と富士山が見える貸し農園(市民農園)です。

Dsc_0180_2 Dsc_0164 Dsc_0162 Dsc_0154

草を刈って、エンドウやカラシナや髙菜やほうれん草を播いておいたら大きくなっていました。

あとは根元に刈った草をかけておけば、寒さや乾燥にも耐えられますので土の力だけで立派に成長するでしょう。小麦もまいておきましたのでどうなるでしょうか。

|

2009年12月 3日 (木)

インフルエンザ脳症のを引き起こすポルタレン(非ステロイド系解熱剤)

「インフルエンザ脳症ガイドライン」(森島恒雄氏等、表3)に掲載された、インフルエンザ脳症患者家族の会「小さないのち」のアンケートによると、インフルエンザ脳症の前駆症状としての異常行動・言動の例として、以下のような事例が、紹介されています。
 1.両親がわからない、いない人がいると言う(人を正しく認識できない)。
 2.自分の手を噛むなど、食べ物と食べ物でないものとを区別できない。
 3.アニメのキャラクター・象・ライオンなどが見える、など幻視・幻覚的訴えをする。
 4.意味不明な言葉を発する、ろれつがまわらない。
 5.おびえ、恐怖、恐怖感の訴え・表情
 6.急に起こりだす、泣き出す、大声で歌いだす。
 これらの異常言動・行動の症状は、大脳辺縁系の障害と関連があるそうです。

 インフルエンザ脳症に伴う異常言動・行動は、熱譫妄と区別しにくいですが、2005年11月に配布された「インフルエンザ脳症ガイドライン」(森島恒雄氏等)によれば、以下のような場合は、二次、または、三次医療機関へ紹介することを勧めています。
 1.異常行動・言動が、連続的ないし断続的に、概ね1時間以上続く場合、
 2.異常行動・言動が見られ、意識状態が明らかに悪いか悪化する場合、

 一般に、インフルエンザでは、他の感染症に比して、発熱に伴い、譫妄状態(熱性譫妄)が見られることが多いです(熱性譫妄は、必ずしも、インフルエンザ脳症の合併を意味しないです)。
 インフルエンザなど感染症で現れる譫妄状態(熱性譫妄)は、睡眠中(夜間、昼間)に現れる(睡眠後に覚醒した時に異常行動をとる)ことが多いです。インフルエンザ脳症などで現れる痙攣発作は、覚醒時に現れることが多いです。

すでに9年前、2000年11月、「平成12年度厚生科学研究インフルエンザの臨床経過中に発生する脳炎・脳症の疫学および病態に関する研究班(厚生省インフルエンザ脳 炎・脳症研究班)1999/2000年シーズンにおけるインフルエンザ脳炎・脳症二次調査」に基づき、ボルタレン錠/サポ(解熱を有するジクロフェナクナ トリウム製剤)の「禁忌」の項に「インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の患者」を追記し、「その他の注意」の項に関連する記載を行いました。なぜ未だに厚労省の通達を真面目に聞かない病院、医師が多いのか全く理解できません。新型インフルエンザはさらに脳症になりやすいにもかかわらず、です。ではアセトアミノフェンなら大丈夫なのか、ということになりますが、脳症にはなりにくいでしょうが、解熱剤は、病気を長引かせるだけですので、どちらも有害です。私のブログを読んでいる方の中には、なぜこんなことを何度も書き連ねるのかと思うかもしれませんが、洗脳された方々の中でさらに欺され方がひどい場合、お子さんがさらに苦しむ事態が増えますので書かざるを得ないのです。

|

北朝鮮、17年ぶりデノミ “タンス預金”狙い撃ち…混乱

産経新聞  2009年12月2日(水)8時0分配信 

聯合ニュースによると、旧通貨と新通貨の交換比率は100対1。11月30日午後から交換が行われ、平壌市民は突然のデノミに驚き、自宅の現金を両替しようと闇市に殺到。ドルや人民元が暴騰するなど混乱したという。

 北朝鮮のデノミについて、韓国統一省は「現在確認中」としているが、確認されれば今回で5回目の実施となる。統一省によると、北朝鮮の新通貨発行は 1992年以来。ただ当時は交換比率が1対1で、新しい貨幣に換えられる上限が決まっていたため超過した分は事実上、国に没収された。

 90年代後半に数百万人が餓死したとの情報がある北朝鮮は2002年7月、「経済管理改善措置」を発令。滞りがちになっていた配給制を取りやめ、公定価 格や給料を引き上げるなど、経済の活性化を図った。そのため急激なインフレも起きた。現在、北朝鮮の一般の労働者の給料は月額3000ウォン前後とされる がこれはトウモロコシ2キロの値段にすぎず、それほどインフレが深刻ということだ。

 02年の措置以降、住民の間で個人商売が急増し、個人が所有する現金も一部で増えたが、北朝鮮内で実際に流通する通貨量は不足したという。また拝金主義やわいろも蔓延(まんえん)し、一部の特権階級が私財をため込んできたとされる。

 一方、海外で働く貿易商や駐在員らの外貨持ち込みについては、北朝鮮当局が定めた「忠誠資金」さえ納めれば私有財産を認めるとして、外貨の持ち込みを上限なしに黙認してきた。その結果、当局の統制範囲を超える資金が流通するようになったという。

 こうした資金が不動産市場に集まり、平壌市内の最高級アパートの価格が1、2年の間に2倍以上に暴騰するなどの現象を招いた-と聯合ニュースは伝えている。

 脱北者によると、富裕層らの住民は利率も低く預金保証もない国内の金融機関には預けず、自宅に現金を保管するという。こうした“タンス預金”が国家経済の運営に深刻な影響を及ぼすまで膨らんだとみられる。

 韓国の民間運営の対北朝鮮ラジオ「開かれた北朝鮮放送」の電子版が1日、消息筋の話として伝えたところによれば、北朝鮮当局は1世帯当たり保有している10万ウォンまで新しい貨幣に換えると指示したという。多くの私財を蓄えている住民らは膨大な損害を被るとしている。

|

2009年12月 2日 (水)

箱根の紅葉も少し寂しくなってきました。

Dsc_0107

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »