« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の15件の記事

2010年3月31日 (水)

医療訴訟:向精神薬処方過失で妻死亡 夫ら提訴

3月28日10時34分配信 毎日新聞
 併用禁忌の向精神薬を処方する過失で妻を中毒死させたとして、中央区の会社社長、中川聡さん(49)らが26日、都内の医師に約7400万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、中川さんの妻一美さん(当時36歳)は04年1月から都内の精神科クリニック(08年閉院)で睡眠障害の治療を受け、中枢神経抑制剤、精神神経用剤などの向精神薬を処方されていた。04年9月には1日分として11種33個、その後も10回にわたり同量の薬を医師から処方され、05年1月に死亡した。
 行政解剖で胃や血中から、処方されていた精神神経用剤など複数の向精神薬の成分が検出された。死因は薬物中毒と推定された。
 この精神神経用剤の医師向け添付文書には、禁忌として「中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者には投与しないこと」と記載されている。中川さんらは、承認用量の2倍など医師の処方は明らかに大量投与と指摘し、一美さんは「中枢神経抑制剤の強い影響下」だったと主張している。
 また添付文書で併用注意とされる多数の向精神薬を、漫然と長期間投与したことも医師の過失と訴えている。
 医師の代理人弁護士事務所は「何も話すことはない」としている。

1日11種33個も飲まされたから亡くなり、訴訟となったのですが、7種20個くらいなら、皆様の回りにも飲まされている患者はおられると思います。麻薬の売人は、捕まりますが、合法的に薬を患者さんに”盛って”おられる医者は、罪の意識はありません。”生かさず、殺さず”長年病院に通わせる技術(ごまかしの話術)が医者にとっては必要となっています。本物の(治せる)医者が少なくなってきた証拠に、精神薬の売上高と患者数だけがここ数年激増しています。本当に治ってしまったら商売にならないのです。さらにこの事態が精神科だけのことではないところが病巣の深さなのです。

|

2010年3月27日 (土)

3歳の子供の肺炎で医者に脅されてしまった経験を書きます。(投稿)

先日の肺炎の話です。

上の3歳の子が、微熱がでて風邪のような症状がでました。次の朝、
まだ微熱が続き少しのせきと、胸がゼェゼェしていたので、病院に
つれていきました。
本当は先生に遠隔治療をしてもらえば、すぐに良くなるとは思って
いたのですが、主人があまり良く思ってないようだったので、とり
あえず病院に行ったという事実がほしく、受診しました。
受診した病院は近所でも評判が良く、無駄な薬を出さないという
小児科でした。受診してみると、なにやら、体の中の酸素がうすく
、呼吸ができていない。ようするに肺の中に空気が行き来していな
いと言うのです。ここの病院はレントゲンをとれる環境ではないの
で、大きな病院に紹介状を出すと言われたので、そんなに大げさに
しなければならないのですか?と聞いたら、大げさなことですよ。
ここ数日で何か小さいおもちゃとか飲み込まなかったか?
もしかしたら、その飲み込んだ物が肺に入ってるかもしれないし、
それを確かめるためにもレントゲンをとってください。

なかったら、なくて良かったですね。というような話です。
と言われたのと、病院にかかる前の2日間に自分がレーシックの手術
で家を留守にしていたので、何も飲み込んでいないという核心がもて
なかったので、もう1つの病院に行くことにしました。
大きな病院に行くと、まず、診察でしたが、そこで最初に、多分入
院になると思います。と言われました。
それは困ると思い、家も近い
ので何とか通院でお願いします。と言ったら、検査の結果次第ですが、
入院の方が安心だと思いますよ。とまた言われました。その後あれよ
あれよという間にレントゲン、血液検査、点滴までされてしまいまし
た。
(血液検査からはお母さんは外でまってて下さいと、子供と別々
にされてしまいました。)
確かにレントゲンはとりにきたし、血液検査も言われたような気がす
るけれど、点滴って言ってたかな?と疑問が残り、点滴されている我
が子を見て、涙がでてきました。病院なんか行かなきゃ良かった。
とすごく後悔しました。しかも病院にきてからの方が具合がどんどん
悪くなってきている感じでした。
検査の結果がでて、診察室に呼ばれると、肺炎ですね。入院にしま
しょう。
また、通院にしてください。と言うと、なんでそんなに入院
がイヤなんですか?ここの病院は付き添わなくていいし、困るような
事はないですよ。と言われたので、入院なんて、この子自身が心細い
だろうし、薬とか、あんまり良くないと耳にするので、あんまり飲ま
せたくないんです。と言うとう~ん困りましたね。誰かに相談とかし
たかったら電話してきていいですよ。と言われ先生に電話したのです。
あの時、先生に電話できなかったら、あれ以上どうやって断ったらい
いのか分かりませんでした。
先生とので電話の後診察室に戻ると、どうなさいますか?と聞かれ
主人と相談して、やっぱり入院はやめます。と言ったら私は自分の子
供だったら入院させます。夜に急変しても、この病院は夜の受け入れ
はしてないから、別の病院になるし、死んでしまうかもという事もあ
るんですよ!その事を承知しておいてください。それでも入院しませ
んか?と言われ入院しません。と言うとでは、経過観察ですから、
明日また来てください。でも、また明日、入院の話をするだけになっ
てしまうと思いますが。  薬は飲みますよね?
と次に薬の説明でし
た。中には、まだ肺炎になった原因がわかりませんが、もしウィルス
だった場合に効く薬を出す。と言うのです。
原因が分かってないのに飲むんですか?と聞くと、そのウィルスが
原因だったら早く良くなります。分かってから飲んだら治りが遅くな
ります。と言うのでそんな薬はいりません。と断りました。すると、
そうですか、じゃあやめておきましょう。と言われました。

その後一応次の日の予約をして帰れることになったのですが、点滴
がまだ半分位、残っていたのですがはずされたんです。私にしてみれ
ば良いことなんですが、これって本当はいらなかったんじゃない?
と思いました。点滴も薬も両方です。

その時、看護士さんに、もし、明日元気になったら受診しなくても
平気ですよね?とたずねたら、そうですね。元気になったらこなくて
大丈夫だと思いますよ。と言われ、ますます、そんなに入院が必要な
状態ではない。と感じました。
帰ってきてから先生に遠隔治療をしてもらい、すぐ、呼吸の荒々しさ
が、うすれてきました。子供も点滴の跡の事を、腕に穴があいちゃっ
たの。だからガーゼは取れないの。と可哀想なことを言ってるし、
やっぱり最初から先生にお願いするべきでした。
主人には入院をしなかったことで喧嘩になりましたが、医者とのやり
とりを説明すると、入院しなかったことを納得してくれたし、先生の
遠隔治療のあとの子供の様子をみて、良くなってきているので安心し
てくれました。
もちろん、処方された薬は一口も飲ませていません。先生の遠隔治療
を3回と水分補給でよくなってきました。

肺炎と言われてから一週間が過ぎましたが、たまに鼻水がでる位で、
元気に楽しそうに遊んでます。
本当に病院から帰ってこれて良かったです!帰ってこれただけでなく、
元気にしてもらえて本当にありがとうございました!
今日はいつもと変わらず元気に過ごしました。先生のお陰です。
これからは、風邪などに負けないよう、色々食べられる工夫を無理せ
ずやっていきたいと思います。
長くなってしまいましたが、よかったらお役に立てて下さい。(S.Y)

医者も必死だなーって感じですね。入院させれば点数稼げますからね。

それにしてもウイルスに利く薬がある、とは恐れ入りました。

それも検査結果も出ないうちに早めに飲ませようとするにいたっては

完全な犯罪者ですね。ところで点滴をすれば元気がなくなるという事実を

ご存知ですか。栄養点滴ってのは、ブドウ糖です。栄養なんて何もないの

です。では何が危険かというと、温度なのです。冷蔵庫に入ったやつを体

に入れられるわけですから、動けなくなって当たり前でしょ。

医者はまず自分でおやりなさいな。

薬もまず自分であるいは家族で試してから人に勧めなさい。

|

|

2010年3月25日 (木)

911とイラクにおける劣化ウランと白血病の関係

劣化ウランのある環境で人が被る被爆量は、実は、病院で行われているラドン療法や最近流行の岩盤浴における被 爆量をはるかに下回る。人間は、年間2ミリシーベルトくらいの被爆を、自然界から受けている。その一年間の量くらいを一回の治療で被爆させ るのが、ラドン療法なる健康法である。 「少しの放射線は、免疫機能の向上などをもたらし、身体のあらゆる活動を活性化し、病気を治したり、病気にかからない強い身体にしたり、老化を抑えて若々 しい身体を保つなど、あらゆる良いことをする」と、米国の著名な化学者、トーマス・D.ラッキー博士が述べている。弱い放射線は、危険どころか、健康の源 なのである。
一方で、イラクの戦場で劣化ウラン弾を積んだ戦車に1年間搭乗していた兵士の被爆量は、年間で、1ミリシーベルトにもならない。劣化ウランによる被爆で は、1年間かけてもラドン療法一回分の被爆量の半分にしかならない。健康法としてすら、放射線量が弱すぎる。このレベルでは、被爆者の健康に寄与すること はあったとしても、イラクからの帰還兵を癌にしたり、奇形児を生ませたり、イラクの子供を白血病にすることなどできるわけがない。 それが可能なら、ラドン・サウナや岩盤浴で、イラク以上に、白血病や脳腫瘍患者が続発しているはずだ。 劣化ウランで白血病や癌になるわけがない。
湾岸戦争からの帰還兵に白血病が多発している。一般に、放射線被爆で白血病が発生するには、1シーベルト (100レム)以上の被爆が必要とされるが、湾岸戦争当時、劣化ウランで受けた被爆量は、最大で0.05シーベルト(5レム)に過ぎないという。つまり、 帰還兵の白血病発病の原因は、 絶対に、劣化ウランではない。劣化ウランによるとされる癌や白血病の原因は、米軍やイスラエル軍が秘密に使ってきた小型核爆弾でしか、あ りえない。 だが、劣化ウランに罪を擦り付けたい人たちは、新たな詭弁を考え付いたようだ。劣化ウランは、燃焼すれば飛沫を発し、それを吸い込んだ人物は、体内に放射 能を取り込んでしまい、微量でも発癌するという理屈だ。これが彼らに残された最後の防衛拠点ということだ。 だが、1992年にアムステルダムで起きた貨物機の墜落炎上事故で劣化ウランが燃えた際にも、以後、誰一人、白血病にも脳腫瘍にもなってなどいない。
 「計算の結果、火災現場のすぐそばにいた人でも被爆量は1マイクロシーベルトから1ミリシーベルトの間で、急性障害を起こすような値には達していなかっ た。よって、劣化ウランの暴露により健康被害が生じたとは考えにくい。」
「事故に巻き込まれた人の間では自覚症状を訴える人が多かったが、血液・尿などの検査ではとくに異常がみられなかった。これらの調査は非常に注意深く行わ れたが、巻き込まれた人は自分の健康に対して非常に敏感になっているため、偏りが出た可能性も否定できなかった。」

御巣鷹山の日航機墜落現場で劣化ウランに露見した人たちの間にも、癌の集団発生など報告されていない。
 「(御巣鷹山の)事故直後の現場で救出作業にあたった自衛隊員・消防隊員、取材にあたったマスコミ関係者、現場近くの上野村の住民などに、劣化ウラン被害 としていわれているガンや先天異常などの健康被害が多発したということは聞かないので、航空機事故の長期ケアでは劣化ウラン被害よりPTSDなどの心のケ アを優先した方がいいでしょう。」

|

沿海汚染深刻化 貝類に有害物質多く残留

 【大紀元日本3月15日】中国国家海洋局が先日、「2009年中国海洋環境質量公報」を発 表した。それによると、09年、中国海域内での水質汚染面積はおよそ14万7千平方キロメートルに達しており、大・中都市の沿岸水域の汚染が深刻化、海洋 環境が楽観視できない状況だという。

 汚染が深刻な海域は主に遼寧湾、渤海湾、莱州湾、長江河口、杭州河口、珠江河口と一部大・中都市の沿岸水域。主な汚染物質は無機窒素、可動性リン酸塩や 石油類である。一部の海域には重金属や石油類が沈殿し汚染源となっており、貝類に残留する汚染物質の量も依然高い。

 これらの海域に生息している貝類に残留する汚染物質は、鉛、カドミウム、DDT殺虫剤などが含まれている。中でも鉛の残留量は基準値を50%も超えてお り、カドミウムとDDTの残留量も基準値を40%上回っていると、英字紙「中国日報」は伝えている。

 人体に過度の鉛を吸収すると、血液や神経系統にダメージを与える。DDTは、WHOが中度の危険性がある殺虫剤だと指定している。

 中国海洋環境質量公報によると、中国沿岸海域における生態系統の環境悪化は依然として深刻状態にあり、18の生態観測区内の21か所の沿岸海域の生態環 境の中で、76%が汚染基準を超えているという。

|

毛髪の水銀濃度平均の10倍 鯨肉消費多い太地町

                               

 沿岸に生息する小型鯨の一種、ゴンドウクジラの肉などを食べる機会の多い和歌 山県太地町の住民の毛髪中水銀濃度は、日本の平均値の約10倍と高く、肉に含まれる高濃度の水銀が原因とみられるとの調査結果を北海道医療大(北海道当別 町)と第一薬科大(福岡市)などのグループが21日までに突き止めた。海洋汚染に関する国際雑誌に近く発表する。

                               

 グループの遠藤哲也北海道医療大准教授は「海外の研究結果からすると、健康影 響が出てもおかしくないほど高濃度の水銀が検出された住民もいる。健康状態や汚染の実態の詳しい調査が必要だ。水銀の汚染度が高い鯨肉の消費を減らす努力 も必要だろう」と話している。

                               

 グループは2007年12月から08年7月にかけて同町の男性住民30人、女 性20人から毛髪を提供してもらい、水銀濃度を調査。毛髪の総水銀濃度は男性が21・6ppm、女性が11・9ppmで、日本人の平均値(それぞれ2・ 55ppmと1・43ppm)を大きく上回った。

残念ながら、水俣病にはなりません。工業廃水のように人間が原因を作ったものと、自然の連鎖によるものとは、被害は全く比較にならないのです。アメリカ産の牛肉の方が健康被害ははるかに大きいと断言します。研究者の皆様は、是非、牛肉との比較をお願いします。

                           

|

ロシア経済の冷え込み、異常な寒さが原因=経済省

 [モスクワ 23日 ロイター] ロシア経済省は23日、2月の同国経済が冷え込んだことについて、今冬の異常な寒さが原因との見方を示した。   

 ロシアの国内総生産(GDP)伸び率は過去数カ月にわたってプラスが続いていたが、2月は季節調整済みで前期比マ イナス0.9%となっている。   

 ロシア経済省は、月次報告で「経済活動の減速は、まず第一に例年以上の冬の寒さに関係がある」と指摘。厳冬によって「建設部門での生産急 減と投資の動きの悪化がもたらされた」としている。   

 気象当局によると、2月の気温は1985年以降で最も低く、冬季全体では1987年以来となる厳冬となった。

世界中が異常気象ですが、誰が見ても地球温暖化はウソっぽいですね。どうしても原子力発電を進めたいという意図が見え見えです。民主党も新たに原発14基設置を決めましたが、日本をつぶすために、さらに世界の人口削減のためにやろうとしているとしか思えない、狂気の沙汰です。自分たちもお仕舞いだ、ということが判らないのだから、やはり気が狂ってるのでしょうね。基地外が刃物を持っているのですから、見ている以外無いのでしょうね。

 

|

2010年3月23日 (火)

中国の黄砂、13日間で地球を一周

                  Photo                    

 

 [香港 21日 ロイター] 中国のタクラマカン砂漠で発生した大規模な砂嵐によって舞い上がった黄砂が、13日間で地球を1周していた ことが分かった。九州大応用力学研究所の鵜野伊津志教授(環境気象学)らの研究チームが、英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」で発表した。   

 黄砂は2度目に太平洋に到達すると一部は海に降り注いでおり、こうした自然現象が遠く離れた場所の環境にも影響を与える可能性が示され た。   

 鵜野教授は、ロイターの電話取材に対し「アジアで舞い上がった砂の粒子は通常は黄海や日本海に落ち、サハラ砂漠の砂は大西洋やアフリカ沿 岸に降る。しかし、今回の研究では中国の砂が太平洋にも届くことが示された」と説明。その上で「砂には5%の鉄分を含んでおり、それが海には重要だ」と述 べた。   

 研究チームは、米航空宇宙局(NASA)の人工衛星や数学モデリングを使い、2007年5月8─9日にタクラマカン砂漠から空中に舞い上 がった黄砂の動きを検証。上空8─10キロに上昇した黄砂の雲は垂直方向に約3キロ、水平方向に最大2000キロの大きさとなり、地球を1周した後もほぼ 同じ状態を保っていたという。

地下核実験の放射能を含んでいる、とは言えないようです。

 

|

2010年3月20日 (土)

大気エアロゾル(微粒子)週間予測

2010年3月20日 発表
今日・明日の詳細予報はこちら
各地域の上側は大気汚染粒子の指標,下側は黄砂の指標
3月20日 3月21日 3月22日 3月23日 3月24日 3月25日 3月26日
北海道 汚染 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
東北北部 汚染 多い やや多い 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
東北南部 汚染 やや多い やや多い 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
首都圏 汚染 やや多い やや多い 少ない 少ない やや多い 少ない 少ない
黄砂 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
北陸信越 汚染 やや多い やや多い 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
東海 汚染 やや多い やや多い 少ない 少ない やや多い 少ない 少ない
黄砂 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
近畿 汚染 やや多い やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
中国 汚染 多い やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
黄砂 少ない 多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
四国 汚染 多い やや多い 少ない やや多い やや多い 少ない 少ない
黄砂 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
九州北部 汚染 多い やや多い 少ない やや多い 多い やや多い 少ない
黄砂 やや多い 多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
九州南部 汚染 多い やや多い 少ない 多い 多い やや多い 少ない
黄砂 少ない やや多い 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
沖縄 汚染 やや多い 多い やや多い やや多い やや多い 少ない 少ない
黄砂 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない 少ない
3月20日 3月21日 3月22日 3月23日 3月24日 3月25日 3月26日

|

2010年3月18日 (木)

"抗ガン剤で殺される"より

抗ガン剤で殺される 第8章  医薬品添付文書とは
      ●添付文コピー拒否なら病院を脱出せよ

       まず、医者か「抗ガン剤治療」をすすめたら「その抗ガン剤の『医薬品添付文 書』コピーを下さい」と、必ず医者に要求しよう。「それは、チョット……」と出さなかったら、その場で席を蹴って、病院を脱出すること。あなたは、あるい はあなたの家族は、その病院に、殺される可能性が大だ。
       さらに、厚労省が全国医療機関に定期的に発信している「副作用情報」コピーも要求しよう。
       この二点を、患者に手渡す医師、病院は、それなりに信頼できる。
        抗ガン剤治療を、承諾するか、しないか………それは、「医薬品添付文書」「副作用情報」を穴の開くほど、熟読熟知してから決定すること。とりわけ「禁 忌」「重大副作用」などは、徹底的に読み込むことだ。
       その副作用に、あなたは慄然とし、背筋か震え、手はわななきとても抗ガン剤治療を受ける気は、失せるはずだ。

      

白亜の殺人工 場

●医者は『添付文書』すら読まない
       つぎに、ドクターに、その「有効率」を質問してみるとよい。
        はたして、スラスラ答えられる医師が、どれだけいることか………恐らく、ほとんど全ての医師が絶句し、青ざめ、困惑、動揺して立ち尽くすであろう。
        何しろ、抗ガン剤に限らず、大半の医者たちが、「添付文書」すら読んでいないのだ。「あんなものめんどくさくて読んでいられないよ」これがほとんどの医 者のホンネだ。あなたは信じられるか?肌に粟を吹く現実ではないか。言うまでもなく「添付文書」には、製薬メーカーが所有する情報、つまり「効能」から 「重大副作用」「回避方法」などが、克明に記載されている。
       よって、最高裁判例でも、医療過誤において、医者の過失有無を判定する基準として「添付文書」を用いるーと定めているのだ。
       つまり、「添付文書」こそが、医療事故を回避する、最重要の指針なのだ。それを、読まない医者かほとんど……というから暗然とする。    

●殺人ダンプが暴走するがごとし
        これは、プレーキやアクセルの位置すら知らないで、ダンプカーを運転するに等しい。人を跳ね殺して「アッ……これがアクセルか。なーんだ」と学習してい るのだ。
        無免許どころかブレーキもアクセルも知らない暴走ダンプか、全国の公道を信号無視で左側通行も何も無視で走り回っている。それが、現代の医療現場の実態 なのだ。
        死人(犠牲者)が統出して、当然なのだ。かくして、病人を救うべき病院は、アウシュビッツのガス室さながらの。殺人工場と化す。阿鼻叫喚、死屍累 々………屍体の山か築かれる。
        「添付文書」は、その医薬品の使用マニュアルである。「手引き」もなくて、よくもまあ患者に処方できるな……と、膝が震える。血の気か引く。      

●営業社員が手渡す『説明書』
        聞けば、製薬メーカーの営業社員は、「添付文書」に変わる「説明書」や「パンフ類」を医者に手渡すという。そこには「効能」「適応症例」「用法」など は、書かれていても、肝心の「重大副作用」「回避」方法、などはほとんど書かれていない。
        それをチラチラ見ながら、大半の医師は、猛毒抗ガン剤を患者に投与する。その「重大副作用」など、ほとんど知りもしないのだから、気楽なものだ。
        彼ら医師や看護婦たちに、罪の意識などカケラもない。抗ガン剤の慄然とする猛毒性など、初めからほとんど知らないのだから、罪の意識など持ちようかな い。
       自らの行為か、ほとんど殺人行為である、と認識している病院関係者が、果たしてどれだけいるだろうか。
        暴走ダンプさらに殺人工場……とまで言われたら医者は、怒りで青ざめるだろう。なら、あなたらに問いたい。これまで投与してきた抗ガン剤の「医薬品添付 文書」を、あなたは、すべて克明に読み、理解してきたか?
        その「注意」「警告」にしたがって投与してきたか?「イエス」と胸を張って、答えられるドクターは、どれだけいるか。恐らく、皆無ではないか? 抗ガン 剤で殺される 252~254ページ
       

添付文書を読 んでいない決定的証拠録音を公開!
      
      まったく説明書も読まない究極のズサンの極み
      
      狂育された医者は自分で確認することが全くできない
      
      これが現代医猟に暗躍する名医の実態だ!

      

●添付文書を読んだことのない呆れたプロの抗ガン剤治療医の実態
      抗ガン剤でガンが増えることなど訊いたことがないという証 言録音!発ガン性は添付文書やインタビューフォームはもちろん本など至る所に書かれているのに彼が添付文書をまったく読んだことがないという決定的証拠の MP3。
       とくに3分頃。彼は一度も添付文書やインタビューフォームを確認していない!又は知っていて発ガン剤を投与しているかのどちらか。ズサンな抗ガン剤治療が 明らかになった決定的な証拠の録音。

       大学医学部に通うような人間の精神状態ははだい たい共通している。権威の示した結果を鵜呑みにして、その確認を自分では一切行わない。
       つまり、究極の手抜きでなぜそういうことになるのかという過程を無視して、言われた答えの部分を答えるのが今の受験システムだからだ。
       だからそういう究極の手抜き、答えだけを盲信、盲従する人間だけが残っていくことになる。
        そういう人間は、それが正しいと信じ、確認がめんどくさいから、判断を任せてしまう。それは究極の手抜きであるが、そういう精神状態の人間だけが選ばれ ていく。添付文書が必読であることはビンにも書いてある。
        抗ガン剤の名医と言われる人が抗ガン剤の添付文書を読んだことがないとはブラックジョークのような話だが、それは録音で説明しているとおり事実だ。

      

●ズサンな人間だけを選ぶ悲劇のシステム
       劇薬の説明書を読まずに投与する、そんな恐ろしい医者に人は身を任せることが出来るだろうか。しかし、それが彼らの実態だ。
        そのホンネは「そんなものめんどくさくて、いちいち読んでられるか。製薬会社から説明を受けているからそれで十分だろう。どうせ打たれるのは患者だか ら」である。
      抗ガン剤添付文書の発癌性警告画像
       これを見れば素人が一瞬見ても一目瞭然だ。説明書にハッキリと発ガン性の事実が書かれている。
        私の調査では抗ガン剤の90%程度に発ガン性を認める記述があるし、インタビューフォーム、医学事典には、WHOの指定発ガン物質グループ1(最強レベ ル)であることも説明しているから、本当に知らないとしたら、今まで一度も添付文書や医学事典を読んでいないと言うことだ。世界一使用される抗ガン剤は化学兵器禁止条約指定の史上最強の猛烈発癌物質だった のページ

      

●善意なら重過失致死、悪意なら悪魔の保険金収奪殺人事件
        この医者は副作用のない抗ガン剤治療などの本を多数書いているが、そのプロが、一度も読んだことがないのである。おそらく、セールストークだけ信じて、 一度も自分では確認したことがなく、劇物であるという認識もほとんどないのだろう。
       医者がダンプ運転手に例えれば、アクセル、ブレーキも交通標識も知らないで暴走しているとは本当のことなのである。
        善意でやっているとすれば、てっきり製薬会社のセールスマンの言うとおり、患者を助ける薬だと思いこんでいるのだ。ガン治療の名医(騙される大衆もアホ だから名医だと思っている)がこの程度だから、日本中の医者の認識がこの程度なのである。それは能動性を徹底的に殲滅させ、受動的に狂育されたことだけ盲 信させる狂育が生み出した殺人マシーン、虐殺マリオネット達なのだ。
        医者の実態は、プロ野球選手が「ファーストって何ですか?」と訊いているようなレベルなのだ。それが現代医療の現場で働く医者の現実である。
        なぜこの医者はそんな話を聞いたことがないと言っているのか?その答えは、今まで一度も、まった説明書を読んだことがないか、もしくは、発ガン剤である ことをわかっていたが、とっさに訊かれてラジオではマズイからごまかしたかのどちらかだろう。
        本当にまったく知らないか、大衆を騙して殺すつもりでいるかである。状況から考えると本当に知らない可能性がたかい。どちらにしても、その驚くべきウル トラ級のズサンさ、日本中の医者も同じである。    

●知っていて投与しているなら悪魔である
        もし医者が発ガン剤であると知って、打っているとしたら、あのアウシュビッツ収容所と並ぶ虐殺の731部隊の悪魔の生体実験と同じく、その悪質さには呆 れるはずだ。
        医者が悪いと言うよりも、そういうズサンな人材だけを選んでいくシステムが根本的に百八十度間違った悲劇のシステムであり、間違っているのである。駄目 な人間を選ぶシステムなのだ。なぜなら、製薬利権にとっては、医者になってくれるのは、自分たちの言うことだけを信じて指示したとおりに毒物を投与し、獲 物を悪化させ、病気を増やしてくれる殺人収奪のロボットでなければ経済至上主義の都合上、困るからだ。
       医者が悪いのではなく、その根底のシステムに虐殺マリオネットを大量生産する悲劇の欠陥、悪意のシステムがあったのである。
      
       抗ガンの副作用が発ガン性であることは添付文書、説明書であるインタビューフォーム、薬の辞典など、至る所に書かれているあたりまえのことだ。
      抗ガン剤の副作用が発ガン性であることは、車の免許で言えば、赤信号と青信号の意味を知っていなければならないくらいの常識である。    

●セールスマンのセールストークだけを鵜呑み信じて乱用投与
        彼は抗ガン剤の本を多数出してどんどん使おうと言いながら、その抗ガン剤の副作用の実態をまるで知らないし、そのまま製薬会社や厚労省の発表や効能と いったセールストークだけを鵜呑みにしているのである。
        当たり前だが、使ってもらいたいのに「これは十分注意しないと恐ろしい副作用があります」などと悪いことなど言うはずがない。良いことだけを鵜呑みに信 じているのが、この実態だ。
       抗ガン剤のプロが、彼らに都合の良いセールストークしか知らない。
        彼らは使ってもらってナンボの商売。売り込みにマイナスのことなど言うはずがない。そんな基本的な経済至上主義社会の当たり前のことことさえもわかって ないのである。
       では、なぜ添付文書には不都合なことが書いてあるか?それは裁判対策に添付文書には書かざるを得ない。
        添付文書説明書に書いてあることすらも知らないのだ。その道の名医と言われる専門家が説明書一枚すらも読んだことがない。こんな事実がバレないのは、死 んだ患者や苦しみはすべてガンに罪をおしつけて逃げることが出来るため。
        5000万円の税金をかけても説明書一枚すらも自分では読めないようなバカばっかりである。上から教えられたとおりに動かないと困るからだ。自分で考え る能力があったら、ラジコンとしては使い物にならない。
        こんな人間だけを選ぶためにちゃんと教えたことを盲信、盲従できるかという意味で数多くの試験をクリアしなければならないのである。そのホンネは、どれ だけ心から言われたことを鵜呑みに微塵も疑うことなく、信じられるかである。オウム真理教の幹部を選ぶのと同じだ。
       彼らは言われたことをひたすら信じているだけで、自分では何もその確認はしていないのである。
        だから、疑っ添付文書を確認するような人間は受からない。これがアクセルもブレーキもわからずにダンプカーで何千人と殺している医者の実態だ。
        猛毒をカクテルして打ちまくって、さらには虐殺猟法を勧めまくっているのだ。その実態を何も知らないとは空恐ろしいことだ。戦慄の虐殺収奪マシーンであ る。いずれ重過失罪に問われるときが来るはずだ。

      

|

2010年3月10日 (水)

現代の奴隷制度

「国家が消滅する日?」、参照。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/142340366.html

 サラリーマンが一生懸命働き、100万円の貯金を持っていた場合、

中央銀行が印刷機を回転させ、紙幣の発行量を2倍にすれば、紙幣の価値は半分になり、

サラリーマンの貯蓄100万円では、50万円の商品しか買えなくなる。

サラリーマンは、50万円略奪された事になる。

中央銀行は、新しく印刷した紙幣で、「自由に好きな物を買う事が出来る」。

この中央銀行の「自由に好きな物を買う事が出来る」資金の内の50万円分が、サラリーマンが略奪され、失った50万円である。

中央銀行・政府が「汗を流し働きもせず、印刷する事で紙幣を自由に手に入れ、自由に好きな物を買うことが出来る、そのカラクリ」は、ここにある。

株式会社」である、中央銀行の「利益」は、こうして「ドロボウ行為によって、生み出される」。

その「盗んだ利益は、株式会社の株主である、ゴールドマン・サックス、J・P・モルガン・チェースと言った、大手銀行に、配当金として支払われる」。

「国家・政府に、紙幣の発行権を与えておく制度は、サラリーマンの銀行口座や財布の中から、ゴールドマン・サックス、J・P・モルガン・チェースと言った、大手銀行が自由に金を盗み取る事が出来る制度」である。

現在の通貨制度は、「国家による、サラリーマンの財産の自由略奪制度」である。

現在の通貨制度は、「ゴールドマン・サックス、J・P・モルガン・チェースによる、サラリーマンの財産の自由略奪制度」である。

サラリーマンが一生懸命働いて受け取った給与の内、略奪された50万円分は、「実際には、給与が支払われなかった事と同一になる」金融システムが、現在の金融制度である。

働いても報酬・給与が、「支払われない制度」を、奴隷制度と呼ぶ。

複雑で巧みな、金融システムの形を取った「奴隷制度」の本質を見抜かなければならない。

誰が誰を奴隷にし、「タダ働きさせているのか」、奴隷の支配者の正体を、正確に見抜かなければならない。

          オルタナティブ通信より

|

2010年3月 5日 (金)

劣化ウラン弾が原因ではありません。

●米軍との激戦地で出生異常多発=最新式兵器が原因? -イラク 3月4日18時22分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000126-jij-int

【バグダッド時事】2004年にイラク反米武装勢力と米軍が激戦を展開した首都バグダッド西郊のファルージャで、米軍が大量使用した兵器が原因とみられる 出生異常が相次いでいることが分かった。英BBCテレビが4日報じた。現地取材したBBC記者によると、現地の小児科医は1日2~3例の出生異常があると 証言した。年々増えているといい、手や足の指が6本もあったり、脳障害を抱えていたりする幼児がいるという。地元医師や市民は「米軍が使用した最新式の兵 器が原因」とみている。戦闘で倒壊した家屋などのがれきが付近の川に投棄され、飲み水を通じて人体に有害物質が入ったとの見方もある。ただ米側は、軍の兵 器が原因との説を否定している。 

▼WTC小型水爆倒壊説の検証
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hydrobomb.htm#beigunhasudeniafu

13)米軍は、既にアフガン、イラクなどで低威力核兵器を使ったのではないのか?

そのアフガンでもイラクでも、小児白血病など放射線被爆に起因すると思われる疾病が集団発生している。米軍が用いた劣化ウラン弾が原因だと、多くの人たち が思い込んでいる。思い込まされているのかもしれない。実際に劣化ウラン弾は使われている。そして、兵士や市民の体内から微量だが検出されるケースが半分 ほどある。
(劣化ウラン被害を指弾する人たちの中に、左翼団体的な集団があるようだ。左翼の人たちの背後には、時として、特殊な資本家集団が見え隠れする。そして、 その資本家たちは、ブッシュ政権の黒幕でもある。黒幕たちには、世界が劣化ウランを目の敵にしてくれたほうが都合が良いのかもしれない。ちなみに、この人 たちのことをもっと知りたい方は、レーニンとトロツキーのスポンサーが誰であったかを調べることをお勧めする。)
劣化ウランによるとされる白血病や癌の発生は、イラクでも報告されている。イラクからの帰還兵が作った子供に障害が多発している。DNAの損傷を想起させ る。イラクにおいても、核が使用されたのではないかと疑惑がもたれている事実がある。劣化ウラン被害の報告されるところでは、どこでも、核の使用が疑われ ている現実がある。また、アフガニスタンでは、兵士の持つライフルが熱で溶けていた、生存者は程なく死亡したなど、戦術核バンカーバスター弾の使用が疑わ れる事態が、戦場で起きていた。
白血病は、「劣化ウランが放射するかもしれない」アルファ線で発病する病気ではない。最初に疑うべきは、中性子線であり、中性子線は純粋水爆で照射される 主たる放射線である。白血病の病態をみると、まさしく、被爆後5-10年で発病した広島長崎のケースと酷似している。そして、同じ白血病系統の血液細胞の 癌が、911以降、WTC現場に最初に入った人たちの間で集団発生している。
阿修羅における水爆説否定派の人物も、WTCの地震波の波形に「極めて短時間の顕著な変化(スパイク)」があることを認めており、ビル倒壊のによるパン ケーキ 崩壊では「説明できない」ものであることを認めている。だが、あえて、核爆発との関係には言及を避けている様子だが。 同氏によると、公式見解もこの地震波のデータを無視しているという。無視せざるを得ないことを、彼らがしでかしたということである。ブッシュの背後の黒幕 が。

●ロシア軍部が「米の対イラク核兵器使用可能性」を懸念 [読売新聞]
投稿者 あっしら 日時 2003 年 2 月 03 日 19:59:10:
http://www.asyura.com/2003/war23/msg/184.html
【モスクワ=古本朗】ロシア軍の核部門担当者らは、米軍がイラク攻撃を決行した場合、敵の大量破壊兵器を撃滅して完勝を期すため、低威力の核兵器を使用す るのではないかとの懸念を強めている。露紙「独立新聞」(30日付)によると、露軍参謀本部戦略研究センターのワルフォロメイ・コロブシン大将は最近、米 軍がイラクの地下の化学・生物兵器貯蔵庫を破壊する目的で、地層突入型核爆弾B61―11といった兵器を使用する可能性があることに言及した。 B61―11は航空機から投下され、地下7―40メートルまで突入して爆発し、地震波で地下目標を破壊する。 爆発エネルギーの大きさを、0・3―80キロ・トンの範囲で選択でき、核兵器としては低威力だが、同紙は、地層が爆発で覆されて放射能が地表に噴き出し、 深刻な汚染をもたらすのは必至だとしている。
また、米英が現在、現地に結集させつつある兵力は15万人未満で、湾岸戦争当時の多国籍軍(約70万人)に比べて格段に少ないにもかかわらず、今回は「国 家としてのイラクを完敗させ、完全に支配する」という多国籍軍よりも困難な任務を遂行しなければならない点にも着目。同紙は、露軍専門家らの見方を踏ま え、この状況下で米軍がイラクの抗戦意思をくじき、早急に降伏させるための「唯一の解決策」として「少数の核兵器による攻撃」を選択する可能性があると報 じた。 同紙はまた、イラクでの核使用には、他の「米国への潜在敵対勢力」を震え上がらせ、大量破壊兵器製造の意思を放棄させる効用があるとも伝えている。 (2月3日19:26)
イラク日記(7)劣化ウラン弾の町
2003年2月4日  田中 宇
今日は、南部の町バスラに行く日だ。バスラはクウェート国境近くのイラク第2の都市で、湾岸戦争の激戦地にも近い。湾岸戦争時、米軍はこの地域の戦闘で劣 化ウラン弾を使用した。劣化ウランは原子力発電所などから出る核廃棄物だが、これを混ぜることで安い価格で密度の高い弾を作ることができ、ミサイルや対戦 車砲の表面に使うと砲弾の貫通力が強まる。ウランは重い金属で、鉛の弾と同じ大きさで、鉛よりずっと同じ重さの弾を作れる。この重さが、貫通力を高める。
イラクの地図(ナゴヤ建機センターのホームページ内)バスラは右下。
劣化ウランは放射能を出して人体に被害を与えるが、戦場で使う分には「敵」に対してのみ放射能をばらまくのでかまわないということで、米軍は湾岸戦争やコソボ戦争などで劣化ウラン弾を使った。
と ころが実際には「敵」の中には無数の市民がいた。クウェート国境近くのイラク領内で米軍が発射した大量の劣化ウラン弾からばらまかれた放射性物質は、砂漠 の砂塵に混じって周辺の村々やバスラ市内に到達し、湾岸戦争が終わった数カ月後の1991年夏ごろから、バスラ一帯では放射能の影響と思われる白血病やガ ン、奇形児の出産が増加した。
これらの患者数は湾岸戦争から12年が経過した今になっても減らず、バスラだけでなく、バスラから500キロ離れた首都バクダッドなどでも、1995年ご ろから劣化ウラン弾が原因と思われる白血病やガンなどの患者が増えだした。子供や胎児に被害が大きいため、バスラとバクダッドに、白血病やガンを専門とす る小児科・産婦人科病院が作られている。
(湾岸戦争に参戦した米軍など多国籍軍の兵士にも、劣化ウラン弾が原因と思われる症状が出ている。最近ではアフガニスタンで同様の被害が注目され、 2001年秋のアフガン戦争で米軍が劣化ウラン弾を使った可能性が指摘されている。アフガン戦争前の2000年5月に私がアフガニスタンに行ったときは、 ジャララバードでアフガン人の医者が「ソ連軍が劣化ウラン弾をつかったため、奇形児が出産される率が高くなっている」と言っていたが)

●イラク侵略で使われた低威力核兵器
Detonations And Deceit
http://www.informationclearinghouse.info/article2072.htm
The USA has already used Nuclear Weapons in GWI and Afghanistan, and is duping us as it prepares to use them again in GWII
アフガニスタンで小型戦術核が使われた形跡。戦死した兵士の持つライフルが溶解していた。生存者は、しばらくして死亡した。米軍は、アフガニスタンで、新 開発のサーモバリック爆弾(thermbaric bombs)の使用を示唆しているが、戦術核バンカーバスターの使用を隠蔽するための言い訳と思われる。サーモバリックでは、ライフルは溶けない。
●OKCビル爆破では、マイクロニュークが用いられた。爆発物は、FBIとATFが設置した。
ビル・ディーグル医学博士、2004年9月8日
博士は、OKCビルの現場から帰還した軍の科学捜査チームの5人の健康診断を担当した。ひとりが、精子の検査を求めた。 今後子供が作れるかどうか、確かめておきたい由。手足と胸の発疹を博士に見せて、放射線によるものだと説明した。OKCビルの壁の支柱にFBIとATFの 特殊ユニットによってマイクロニュークが仕掛けられ爆発した。5人は、ビルの破壊されなかった支柱に装着されていた、爆発しなかったソフトボールのサイズ のマイクロニュークとC4パイナップルボンブを回収しに中に入った。

(リチャードコシミズブログより)

|

2010年3月 4日 (木)

日航ジャンボ機隠蔽 渾身(こんしん)の追求 (新)日本の黒い霧より

■黒い戦闘機の正体

そしてミサイルは発射された(9)」 でファルコンミサイルを搭載するのが米軍の限られた戦闘機に限られること、そして、事故現場に落ちていた黒い戦闘機の破片が関連する可能性について触れま した。ここで、ファルコンミサイルおよびその管制システムの搭載機として真っ先に候補として挙げられる戦闘機について、国際軍事評論家のB氏は次のように 語っています。

「ファルコンミサイルの運用機としては、米軍のF-106(デルタダート)がその筆頭に考えられるでしょう。軍機マニアにしてみたら、何でこんな旧型機が と思われるかもしれませんが、実はF-15(イーグル)が登場するまで、米軍保有機の中でF-106の空戦能力に匹敵する戦闘機は存在しなかったのです。 一般の軍事評論では、後発のF-4(ファントム)の方が能力的に上回ると評価されますが、ドッグファイト(模擬空戦)の結果ではF-106が圧勝していま す。事故当時(1985年)はやっとF-15の配備が始まった頃で、F-106の有用性はまだまだ高かった。むしろ運用実績が定まらないF-15よりは、 重要任務にはF-106を用いると考えるのが軍事の常識です。

当時は、北米航空宇宙軍(NORAD)に配備されており、米国の安全保障上最重要とされている対ソ戦略任務に就いていたはずです。米国軍事関係者から聞いた話では、未確認飛行物体(UFO)の追尾などは、NORADのF-106が当たっていたとも言われています。

F-106はその開発自体がファルコンミサイルシステムと一体で、過去に日本の航空自衛隊に売込みもかけたのですが、その値段があまりに高額であったため、結局F-104(スターファイター)に落ち着いたという経緯もあります。

軍事物資を輸送する日本の民間機(123便)をターゲットとした特殊任務とあれば、NORADのF-106が出張って来た可能性は非常に高い。その場合、 人目に着く国内の基地に飛来してきたとは考えにくいので、韓国の鳥山(ウザン)米空軍基地を経由してきたと見るのが妥当です。また、任務が特殊なものであ れば、機体に表示している所属や識別番号などは塗り潰し、時に真っ黒に塗装するなどはよくあることです。

F-106は機体内にミサイルを格納するウェポンベイ(Weapon Bay)方式の弾装で、機銃は装備していません。通常、4発の空対空ミサイルを搭載しており、その内の1発は核ミサイルであることが標準です。これは主と して爆撃機編隊をミサイルにより撃破する要撃(ようげき)任務を想定しており、核ミサイルについては、直接敵機に命中させるというよりは、編隊内部で起爆 させ、近接爆発の威力によって編隊そのものを壊滅させるという攻撃思想によっています。」


写真1:F-106 デルタダート(Wikipedia より)


写真2:F-15 イーグル(左) と F-104 スターファイター(右) (Wikipedia より)

以上、B氏によると、ファルコンミサイルの搭載機として北米航空宇宙軍(NORAD)のF-106が事故当日に飛来していた可能性が高いということになり ます。必ずしも断定はできませんが、B氏の示す情報に照らし合わすと、私が「謎の黒い戦闘機」と表現している機体の破片は、NORAD所属のF-106で ある可能性が高いと言えると思います。


写真3:黒い機体破片

■待機していたRC-135とF-106

小さな目は見た」 で紹介した、群馬県上野村の小学生が目撃したという、上野村上空で旋回していたという「大きな飛行機(1機)と小さな飛行機(2機)」。これについてB氏 は、文字通り受けとめれば、明らかに作戦実行機(戦闘機)とその空中管制任務に当たる管制機であると断言しています。管制機については、RC-130、 RC-135、その他の大型軍用機である可能性もありますが、「オバマ大統領訪日に寄せて」や「そしてミサイルは発射された(10)」で示したように、RC-135の墜落を示唆する証拠材料が揃っている関係から、ここではRC-135であったと見てよいかと思われます。


写真4:RC-135

すると、墜落時刻の18:56より約10分前の18:45頃、1機のRC-135 と2機のF-106が、上野村の上空で、今や遅しと123便が近空に飛来するのを待機していたことになります。同機が、なぜ123便の飛行コースを見越し たように、上野村上空で待機していたのか、この点を深く考察することにより新たな状況が見えてきます。

 ・123便は予め御巣鷹山の上空を飛ぶように指示されたのではないか
 ・米軍機はこの動きを傍受し、先回りしたのではないか

だとすれば、迷走飛行という、事故調査委員会の見解は見事に崩れることになります。これについては「折れなかった垂直尾翼」シリーズで追求していきます。

■F-106は本当に123便を狙ったのか?

エンジンに突き刺さったミサイルの写真、そしてここまでの推察を総合すると、米軍が123便を撃墜したのではないかという推論に至ります。しかし、ここで考えなければいけない点がいくつかあります。

 (1)RC-135、F-106、RC-130、CH-46、F-117、その他の米軍機も撃墜されている
 (2)F-4(自衛隊)、MIG-25(旧ソ連)など米国籍以外の戦闘機も撃墜されている
 (3)第3エンジンのミサイルは不発弾であり、墜落の決定的一撃とは断定できない
 (4)多種・多量のミサイル断片が見つかっている

以上は証拠物から得た事実ですが、これらの点まで含めて考え合わせれば、上記のうち何機かが同時刻に現地に出現し、ミサイルが飛びかうたいへんな乱戦状況 が発生したとも考えられます。複数の航空機が接近した状態で、果たして正確に敵機を射抜くようなミサイル攻撃が可能だったのかどうか。B氏によれば「そん な状況では誤爆は当たり前」とのこと。また、政治的な背景について考察すれば、以下のようにも考えられます。

 (5)軍事物資を押さえるだけなら123便を撃墜する理由はない(むしろ確保するべき)
 (6)他国の民間機を撃墜すれば、米国に対する国際的非難は免れない

米軍を擁護する意図は全くありませんが、状況を論理的に判断すれば、F-106が123便を撃墜しようとしたと考えるのは少し早計のようです。特に(3) については注意が必要で、エンジンへの命中は飛行に関して大きなダメージになったことは言い逃れできませんが、123便の機首部が激しく破壊・損傷してい ること(*1)を考えれば、致命的なダメージを与えたのは機首部を破壊したミサイルということになります。

このような乱戦下で誰がそのミサイルを撃ったかを特定するのは簡単ではありません、というより撃った本人が名乗り出ない限りほとんど不可能な話です。しか し、現場に残されていた物理的状況を分析することにより、123便に最終的な破壊をもたらしたミサイルが少なくともどういうものであったか、私たちはある 結論に達しました。非常に慎重な発言を要求される内容ですので、それについては折を見て公表したいと思います。

[*1]機首部の激しい損傷:機体の散乱状況を分析する限り、地表への「激突」が機種部の損壊理由でないことは明らか。これについては後日論証します。

* * *

今回は、結論がもったいぶった内容になってしまったことをお詫びします。実はこれを公表してよいかどうかは今でも少し悩んでいるのです。読者の皆さんが気にされているのは「核」のことかもしれませんが、それとも少し違います。「核」については、現地では当たり前のようにプルトニウムの爆薬片ウランの弾殻片が 飛び散っています(さすがに持ち帰れません、死んじゃいます!)。明らかに不発核弾頭からの断片です。これらについてはもう隠しようがないレベルで飛散し ており、公表に当たって戸惑いはありません。むしろ早く公表しないと、これを回収に行かされている若く何も知らない自衛官(あるいは予備自衛官)の命が実 験用モルモットよろしく次々と奪われてしまいます。私たちの敵方ではありますが、これは見ていてたいへん忍びないことです。追って報告することをお約束し ましょう。

QUI HABUERIT SUBSTANTIAM MUNDI ET VIDERIT FRATREM SUUM NECESSE HABERE ET CLAUSERIT VISCERA SUA AB EO QUOMODO CARITAS DEI MANET IN EO
世の富を持っていながら、兄弟が困っているのを見て、あわれみの心を閉じる者には、どうして神の愛が、彼のうちにあろうか。

|

2010年3月 2日 (火)

新しいワクチンをホントにうまく使えば、世界人口を減らせる

  http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/333.html 投稿者 千早@オーストラリア 日時 2010 年 3 月 02 日 17:02:24: PzFaFdozock6I

マイクロソフトの総帥。ウォーレン・バフェットから巨額の資金ももらって
ビル&メリンダ財団を通して世界中にもっとワクチンを送り込むというビル・ゲイツの
今年(2010年)2月の講演から。

ロスチャイルドの手下、モーリス・ストロングや核産業としっかり結びついているゴア

の大嘘、温暖化人為説をここでも大きく取り上げて、今後我々が如何に二酸化炭素を
減らさなければいけないか、と聴衆に語りかけています。

そのなかで、ゲイツは

"The world today has 6.8 billion people. That's heading up to about nine billion. Now if we do a really great job on new vaccines, health care, reproductive health services, we could lower that by perhaps 10 or 15 percent."

「今、世界人口は68億で、90億に向かっているところです。さて、もし私たちがここで
新たなワクチンや医療、生殖健康サービス(要するに中絶推進)を本当にうまく使えば、
多分これを10%から15%程度は減らせる
でしょう」

と言っている。
このビデオをアップしてくれたgrinreaperdutchphilがいみじくも書いていますが、

Basically all the properties that impede people to either have children, or rear them. In other words, Gates implicitly advocates a definition of his favorite kind of vaccine to be able to induce infertility, sterility and (early onset) senility (autism) alike. Note that Gates does not mention a word on the much touted purported intention of vaccines: to offer protection against relevant diseases and therefore as such, precisely prolong life.

人々が子供を生み、育てることを妨げるような性質。つまりゲイツは彼の好きな
ワクチンとは、早い段階から不妊や老化(自閉症)などを引き起こすものだと暗に示唆
している。彼は、「病気を予防し、それによって人命を永らえさせる」というワクチンの
目的として喧伝されている性質にはまったく言及していないことにご注目!

そうです、本来私たちが常日頃言われていることが本当ならば、ワクチンや医療などは
人々の命を守り、健康にしてくれるものであり、決して人口削減に役立つものではないはず
です。

今、日本で発売が開始され話題になっている子宮頸癌ワクチンも、米・豪で主に打たれている
ガーダシルは最低48人は殺しているし、日本で売られているサーバリックスにしても
英国などで最低14人は殺している
模様。他に重度の障害を負ったり、様々なダメージを
受け、その内不妊症であることを思い知らされることになる女性がどれほどいることか!

当ブログ「子宮頸癌ワクチンは打たないで!」シリーズ参照

その後、"S"=サービスの部門中、食べ物、服、暖房と並べてテレビは「大変いいことです」と言い、
続けて「貧困をなくすことは、こうしたサービスを世界中の人々ほぼ全員に供給すること」また、
そうしたサービスを受けられる人間の「数が増えることは素晴らしいが、金持ちの国々では減らすべきだ」と語っています。

彼等イルミナティの市民を洗脳する道具であるテレビが「とてもいいこと」なのは当然
だし、洗脳できる対象の総数が増えるのはきっと大歓迎
でしょう。

その後、これから50年後に実現していてほしいことというテーマの話の中でも彼は再び

「ワクチン、僕はワクチンが大好きですが...」と語っています。
それって、ゲイツは人殺しが大好きだということでしょう。

奇しくも、先週売られていた週刊朝日には

新型インフル・ワクチン接種後死亡120人超え!
それでも「関連なし」という厚労省の厚顔

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=11271

という記事が載っていたし、サーバリックスの添付文書には

「医師は、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性に
ついて十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること」

と明記されているそうですが、「死ぬかもしれない」副作用(いや「副反応」?実は
「体に害を与えるというワクチンの役割」)をきちんと患者に告知して接種する医者

はどれほどいることか?

子宮頸癌ワクチンに限らず、各種ワクチン接種を考えている人は是非

「ワクチン接種の危険性とインフルエンザの誇大宣伝の実態」

元国立公衆衛生院疫学部感染症室長
母里啓子(もりひろこ)医師

大阪赤十字病院
山本英彦(やまもとひでひこ)医師 小児科
http://picasaweb.google.co.jp/worldb3a/3?authkey=Gv1sRgCKWKsKHm1Li6GA#5400181156108935954

も、ご覧戴きたいと思います。
まずは、短縮版↓をご覧あれ。必見です!

もっと多くに知ってもらうため、阿修羅内での拍手ともども
ブログ記事に飛んで、クリック応援も、よろしく!  

|

2010年3月 1日 (月)

資格別平均年収&時給ランキング

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」による平成20年の資格別平均年収&時給ランキングを掲載。
  矢印は年収、時給ごとに前年比の増加、減少を表しています。

資格平均年収ランキング  
  • 医師
  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 歯科医師
  • 不動産鑑定士
  • 一級建築士
  • 社会保険労務士
  • 獣医師
  • 技術士
  • 診療放射線技師
  • 薬剤師
  • 臨床検査技師
  • 看護師
  • クレーン運転士
  • ボイラー技士
  • 測量士
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • ケアマネージャー
  • 栄養士
  • 歯科技工士
  • 調理師
  • 歯科衛生士
  • 保育士
  • 美容師
  • 理容師
  • ホームヘルパー
  • 調理師見習
資格平均時給ランキング
  • 医師
  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 不動産鑑定士
  • 歯科医師
  • 一級建築士
  • 社会保険労務士
  • 獣医師
  • 診療放射線技師
  • 薬剤師
  • 技術士
  • 看護師
  • 臨床検査技師
  • 測量士
  • 准看護師
  • ボイラー技士
  • クレーン運転士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • ケアマネージャー
  • 歯科衛生士
  • 歯科技工士
  • 栄養士
  • 調理師
  • 美容師
  • 理容師
  • 保育士
  • ホームヘルパー
  • 調理師見習
  • 平成20年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »