« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の4件の記事

2011年9月20日 (火)

原発は全く必要ない。

光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も

2011.9.19 16:38
酸化鉄化合物「グリーンフェライト」を金属板に吹き付けた太陽電池の試作品

クリックして拡大する

酸化鉄化合物「グリーンフェライト」を金属板に吹き付けた太陽電池の試作品

 光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を、岡山大大学院自然科学研究科の池田直教授のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使って開発している。

 この太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性がある。池田教授は「赤外線は熱を持つものから出ている。太陽光以外に、火を扱う台所の天井など家中、街中の排熱でも発電できるかも」としており、2013年の実用化を目指す。

 GFは粉末状で、土台となる金属に薄く塗る。1キロワット発電する電池を作るコストは約千円が目標で、約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安い。パネル状になっている従来型では難しい曲げ伸ばしができ、煙突や電柱に巻き付けるなど設置場所は幅広い。

|

ニッポンのマスごみでは何も報道しませんね。

        A Tokyo, 1ère grande manifestation antinucléaire depuis la catastrophe de Fukushima      

                      
         
La manifestation de Tokyo a rassemblé des milliers de personnes dans le centre de la ville.
La manifestation de Tokyo a rassemblé des milliers de personnes dans le centre de la ville.
Reuters/Kyodo
       
             

                  
            Par RFI          
               

Des dizaines de milliers de personnes sont descendues dans les rues de Tokyo, ce 19 septembre 2011, pour dire non au nucléaire. C’est l’un des rassemblements les plus importants organisés au Japon depuis le 11 mars dernier, jour du séisme et du tsunami qui ont entraîné la catastrophe de Fukushima.

      

               
           
      

Avec notre correspondant à Tokyo, Frédéric Charles

Pour la première fois depuis l’accident de la centrale de Fukushima, les opposants au nucléaire parviennent à mobiliser environ 60 000 personnes dans les rues de Tokyo.

C’est remarquable, lorsque l’on sait qu’ici, il n’y a pas de mouvement antinucléaire organisé à l’échelle nationale, que les salariés d’entreprises hésitent à se joindre aux manifestants, car ils risquent d’être considérés comme des gauchistes et de perdre leur emploi.

Près du sanctuaire de Meiji à Tokyo, le prix Nobel de littérature, Kenzaburo, a déclaré à la foule : « Certains disent qu’il est impossible de se passer d’énergie nucléaire. Mais c’est un mensonge. L’énergie nucléaire est toujours accompagnée de destruction et de sacrifices ».

Des riverains de la centrale de Fukushima, forcés d’évacuer leur village dans un rayon de vingt kilomètres, ont participé à cette manifestation. Ils se sentent trahis par Tepco, l’opérateur de la centrale et savent qu’ils ne pourront pas retrouver leur village pendant de très longues années.

Le nouveau Premier ministre, Yoshihiko Noda, a décidé lui, de réactiver les centrales nucléaires à l’arrêt. Il promet une nouvelle politique énergétique d’ici l’été 2012. Mais pour Yoshihiko Noda, l’après Fukushima restera nucléaire.

   
                 
        tags: séisme tsunami et catastrophe nucléaire au Japon

明治公園を埋めた6万人の反原発集会は、国内報道ゼロという気が狂ったマスゴミどもが隠そうとしても、海外メディアが伝えてしまう。警察発表が3万人ということは、6万人が正しいでしょう。

それにしても、いつまで時代遅れの愚民政策を続けるつもりなのかね。
マスごみは原発推進なんだ、ということをはっきりして示している映像です。


訂正です。

毎日新聞と、東京新聞には一面で、自社ヘリから俯瞰した、明治公園を埋め尽くした空前の大集会写真掲載されました。

朝日は、何が働いたのか、デモ行進写真のみというお粗末さでした。

読売、産経は載せるはずはないので当然無視でした。

テレビは完全無視。視聴料を国民から収奪しているNHKは存在意義を問われるべき、犯罪的なありさまをさらしました。



まだわずかに新聞人としての本来の役目を果たしている人たちがいることで少しホッとしました。

      
      

|

2011年9月 2日 (金)

独裁者カダフィーが国民に為した”悪行”

http://www.ufo-blogger.com/2011/05/libya-war-exposed-gaddafi-targeted.htmlより

GDP per Capita: $14192
無職の補償費: $730
州からの家族ひとりあたりの保障費: $1000
看護婦の給料: $1000
新生児特別手当: $7000
新婚への住宅購入手当: $64000
税金の禁止
新規事業補助費: $20000
教育と医療は無料
海外での教育のインターンシップ費用の全額免除
薬の一部無料
車とアパート購入ローンは無利子
不動産業の禁止
車購入の際に最大で半額を補助: 50%
電気料金は全市民が完全無料化
アルコールの販売、使用の禁止
水より安いガソリン1リットルの値段: $0.14

こんな独裁者なら、誰も反対しないだろうね。

反対してるのは、戦争を仕掛けて侵略している連中だけでしょう。

なぜでしょうか。

独裁者が、石油取引をドルからユーロに替えたからです。

イラクも同じ理由で侵略され、すぐにドルに戻されたのです。

すべての戦争は、地球の支配者達が決めているのです。

|

9・11に核が使われた可能性がますます濃厚に。

9・11で救助活動の消防士、がん罹患率が19%高く=米調査

2011年 09月 2日 15:48 JST
   
 

       

 [シカゴ 1日 ロイター] 2001年9月11日の同時多発攻撃で倒壊した米ニューヨーク市の世界貿易センター(WTC)ビルで救助に あたった男性消防士は、がんにかかるリスクが他の消防士よりも19%高いことが、医学誌ランセットに発表された研究で1日、明らかになった。

   

 これは、約10年前に起きた同時多発攻撃で救助活動を行った消防士全員のがん罹患(りかん)率を調べた初めての研究で、この中には約1万人の男性消防士が含まれている。調査では、9・11後の最初の7年間にがんを発症した例を調べた。

   

 消防士らは当時、崩壊したWTCのがれきに囲まれ粉じんが舞う中、救助作業を行い、多環式芳香族炭化水素(PAH)やポリ塩化ビフェニル(PCB)、ダイオキシンなどの発がん性物質にさらされた。

   

 これまでの調査では、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やぜんそくなどの呼吸器系疾患の罹患率が上昇することは分かっていたが、がんは発症するまでに5―20年かかることもあり、これまでは小規模な調査しか行われていなかった。

   

 今回調査を行ったニューヨーク市消防局のデービッド・プレザント博士は「世界貿易センターでの作業が、がんの罹患率を上げていることは今回の調査で明らかとなった」と語った。

   

 一方、米国立労働安全衛生研究所のジョン・ハワード所長は7月、9・11とがんの関連性を示す証拠は十分ではないとする報告書を提出。ぜんそくなど呼吸器系疾患は「ジェームズ・ザドロガ9・11健康補償法」の対象となっているが、がんは補償されていない。

   

 プレザント博士は、今回の調査結果により、がんが同法の補償対象となるのに役立つかは分からないが、ハワード所長はこの結果を知っていると語った。

   

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »