« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の8件の記事

2011年10月24日 (月)

10.30 原発とマスコミと司法の葬式

花を一輪・・・ 手向けてやって下さい。

原発に・・・ マスコミに・・・ 裁判所に・・・

    【10.30 原発とマスコミと司法の葬式 15:00~ 経済産業省前】

Photo_4

     葬儀準備委員長 街カフェTV ・藤島利久 090-1003-1503

この葬儀には沢山の方に参列して戴きたいので、政治理念の枠を越えて「街カフェTV=市民のためのネットメディア推進者」の立場で呼びかけます。

****  呼びかけ文 *****

原発事故責任者らは真実を隠して国民を被爆させ続ける。マスコミは嘘ばかりタレ流して利益確保に専念する。警察は原発やめろデモ参加者を逮捕弾圧して東電天下り就活に余念が無い。。。もちろん裁判所に正義の判決を期待しても無駄だ。

『もう世直ししかない!』

原発・マスコミ・司法・・・こいつらは皆国民に対する裏切りを繰返す。全くの馬鹿者達だ。やがては国民から見放される。。。自殺行為だ。ならば葬式を出してやろう。野郎めらに・・・

二度と蘇るな!成仏しろ!!天に消えろ!!!

【 10・30 原発とマスコミと司法の葬式 式次第/予定内容 】

10月30日(日曜)15:00~ 経済産業省前に献花台を準備して葬儀を行い ます。デモ行進はありません。静かに祈るだけです。花を一輪・・・ 手向けてやって下さい。手を合わせるだけでもかまいません。国民を苦しめ裏切る原発とマスコミと司法の冥福を祈るのです。粛々と行います。

(これなら弾圧出来ないだろう・・・ 警視庁機動隊! 邪魔したら罰が当たるぜ!!)

私は喪服で現場に立ちますが、葬儀ご参列の方は普段着で構いません。もちろん黒っぽい服装や喪服なら雰囲気が出ます。大歓迎です。

現地には弔辞を述べるマイクを準備しておきますので、葬儀ご参列の方々は自由にお言葉を発して下さって結構です。当日は、インターネット生中継(街カフェTV)で葬儀の全景を放送します。

私は葬儀(準備)委員長として15:30頃~挨拶致します。なお、当日までに、 都内・全国各地の仲間に同時開催の呼びかけをする予定です。。。この記事を拡散してください。誰でもいい。何処でもいい。献花する場所(出来ればマイク) を準備して「野郎めら」をあの世に送ってやって下さい。

【 本葬の予告; 原発さよなら全国葬儀 】

日本から原発の灯が消える来春のXデーに、全国各地で「原発の葬式」を挙行する予定です。

「10.30 原発とマスコミと司法の葬式」略して「原発の葬式」 in 霞が関は、来春予定される「日本から原発の灯が消えるXデー」(本葬)に向けてのデモンストレーションです。。。だから私は葬儀(準備)委員長なのです。

下記関連記事で述べたように、経済産業省原子力安全・保安院に確認しました。現 在運転中の原発で、年を越して来年まで稼働するのは、北海道泊原発3号機、新潟県柏崎刈羽原発5.6号機、福井県高浜原発3号機だけです。此れらも来春に は次々に検査停止に入り、この間に他の原発の再稼働が許されなければ、日本で稼働する原発は無くなります。

本葬の日・Xデーには、日本全国民に対し「原発の葬式」を挙げるよう呼びかけ、 俳優の山本太郎さんなど著名人に葬儀委員長を頼みたいと思いますが、現段階では彼に面識も無く、単なる私の個人的希望に過ぎません。しかし、頑張って今回 の10・30原発の葬式を盛り上げる活動の中で、彼とも連絡が取れるように頑張りたいと考えています。

皆さん、この計画を可能にするよう、一緒にロングランで盛り上げて参りましょう。

やりたいですね。。。来春、全国各地で盛大かつ粛々と原発の野辺の送りを・・・

【街頭演説・街カフェTV生中継(録画あり)/都内各所で告知しています】

|

2011年10月22日 (土)

バチカンの悪魔体質がスペインでも露呈。

 
               
               
                                                                            

Hundreds of Spanish babies 'stolen from clinics and sold for adoption'

The families of 261 babies who disappeared in Spanish hospitals over five decades call for an investigation

 
                                    
                                                               
  • guardian.co.uk,             
  • larger | smaller
  •    
                   
    News conference on missing Spanish babies
    A man wearing a t-shirt of ANADIR, an association of people looking for lost children or parents, reacts while listening to a news conference. Photograph: Paul White/AP
       
       

    Hundreds of Spanish babies were stolen from their parents by a secret network of doctors and nurses and sold for adoption, according to a petition filed in Madrid.

    The families of 261 babies who disappeared in Spanish hospitals over five decades called on the attorney general to open an investigation into the scandal, after presenting evidence from former employees at maternity clinics and parents who admitted illegally adopting babies.

    What started as a system for taking children away from families deemed to be politically dangerous to the regime of General Francisco Franco became an illicit business that continued at least until the 1980s, a campaign group has claimed.

    Doctors, nurses, nuns and priests are all suspected of lying to mothers who were told their children had died during, or straight after, birth. Journalists investigating a clinic in Madrid at the centre of the allegations found a baby's corpse in a fridge, leading to suggestions that bodies were kept to show parents to prove their own child had died. Campaigners believe thousands of cases of stolen babies will eventually come to light.

    "The father of a friend of mine admitted to him that both he and I had been bought from a priest and a nun from Zaragoza after being born in the Miguel Servet hospital," said Antonio Barroso, who discovered four years ago that he was adopted. DNA tests have proved that the people who raised him were not his real parents.

    "There are cases that are accompanied by proof in the form of DNA tests and others that are simply mothers who suspect that their babies were stolen," said lawyer Enrique Vila, who represents the National Association of Irregular Adoptions. "We think it was an organised mafia."

    Inés Pérez, 89, has confirmed that a priest encouraged her to fake a pregnancy so she could be given a child due to be born at Madrid's San Ramón clinic in 1969. Her adopted daughter, also called Inés, was among those demanding an investigation.

    In a separate case, workers from an undertaker's in Malaga said they sometimes buried empty children's coffins that arrived from a local clinic.

    The street outside the attorney general's office was blocked by weeping people today hoping to discover what had become of their lost children.

    Many said they had been told that apparently healthy babies had died within hours of birth. They had never seen the bodies and the hospitals had taken care of the burials.

       
                                    
                                                                                   
                                       赤ん坊の売買をカトリックの司祭や医者が常習的に行っていたという悪魔教の体質を露呈。
                                             
                                               

|

2011年10月20日 (木)

宇宙的な支援があるから恐いもの無し。地球維新は成功する。

It's Happening!

Two major happenings are going on at the moment. While the #Occupy movement is emerging all over the planet, the Galactic Federation is shutting down underground bases of the Dark Cabal. In other words: the people on Earth are rising up, and our galactic friends are coming down. It's just a matter of time before they come together!

Occupy Wall Street, USA

Occupy Wall Street, USA

David Wilcock: "MANY underground bases have now been completely cleared out... materials, equipment, and personnel... by yet-unknown forces.
An international coalition, intending to overthrow the Old World Order and free humanity from enslavement, is claiming responsibility. They also appear to have extraterrestrial assistance in this mission."

David Wilcock: "I don't know how long it will take for the results of all this to be public for everyone, but it most definitely appears that the Old World Order are being forced to surrender by the same ETs that have systematically protected us from nuclear holocaust."

Matthew Ward, through Suzy Ward: "You may have heard that two vast underground areas that housed Illuminati-controlled laboratories, vehicles, weaponry, storehouses and living quarters were destroyed, but it was by safe technologies, not nuclear devices; and some within the Illuminati camp have been removed from power, but not by killing them. As both defensive and offensive measures, the light forces use only the power of light and technologies that have no harmful aftereffects."

Montague Keen, through Veronica Keen: "Few of you fully understand the extent of the corruption in banking alone. They have destroyed whole countries. They created poverty and suffering whenever and wherever they chose to do so. But their hideaways have been demolished. They will face the consequences of their actions."

The Galactic Federation, through Sheldan Nidle: "Therefore, over the past few months we started to increase our assistance both to our Earth allies and to those willing to actively pursue the use of coercion to drive the dark cabal from its underground bases, and this was successful. Further, our defense forces have discombobulated the 'advanced' technologies which are sequestered at these bases with the intention of denying the dark ones any possibility of last-minute mischief, which they still persist in plotting.
(...)
Heaven is now advising us that we are to intervene in ways that we were formerly disinclined to, and have assisted those who 'cleaned out' a number of major dark underground bases. We have also disrupted or destroyed several devices used by the dark as part of its complex operations to prevent your rise to full consciousness. The time for our arrival on your shores is close at hand!"

The Galactic Federation, through Wanderer of the Skies: "The underground bases, of which we have spoken in the past which harbor those factions of the Illuminati who have created the most resistance to these changes, have indeed been destroyed with no loss of life we have been able to detect. A clear message has been sent to some of the last hold outs to the agreements already in place for the surrender of the Illuminati and their capitulation in your affairs. Other sources have begun to report on these events and the Illuminati needs no confirmation of what has occurred. That message, as we have been able to monitor through the emotions and thoughts of those it affected, has been received quite forcefully. They are now aware there is no alternative and this is their end."

Occupy Madrid, Spain

Occupy Madrid, Spain

Occupy Berlin, Germany

Occupy Berlin, Germany

Occupy Amsterdam, The Netherlands

Occupy Amsterdam, The Netherlands

Occupy Bucharest, Romania

Occupy Bucharest, Romania

Occupy Lisbon, Portugal

Occupy Lisbon, Portugal

Occupy London, UK

Occupy London, UK (in the middle: Wikileaks' Julian Assange)

Occupy Manilla, The Philippines

Occupy Manilla, The Philippines

David Wilcock: "The best the Powers that Were can do now is to appear to support the Occupy Wall Street movement, because they know their entire "black economy" is about to be closed down anyway.
It is too late, and they know it. The battle has been lost. They didn't think it was possible they could ever be defeated, but now they are well aware of their own impending collapse... thanks to this vast, international coalition.
(...)
As I said in Part One, top-level insiders are now telling us that charges have been planted in key bridges and airstrips around the US.
The Eisenhower Interstate System, from its inception, built cubbyholes into bridges where incendiary devices could be planted at all the key locations that were necessary to bring them down."

Matthew Ward, through Suzy Ward: "They [the GF] are aware of Illuminati plans, and if those include rigging major bridges with explosives that can be detonated remotely, they are authorized to prevent that. While that might seem to be a violation of Creator’s law of free will, it is not—it is the honoring of Earth’s free will. After 9/11, she chose that any further attempt at terrorism on that scale would be prevented, and by God’s authorization, our universal family has successfully thwarted many attempts."

Occupy San Juan, Puerto Rico

Occupy San Juan, Puerto Rico

Occupy Santiago, Chile

Occupy Santiago, Chile

Occupy Sarajevo, Bosnia

Occupy Sarajevo, Bosnia

Occupy Seoul, South Korea

Occupy Seoul, South Korea

Occupy Stockholm, Sweden

Occupy Stockholm, Sweden

Occupy Taipei, Taiwan

Occupy Taipei, Taiwan

Occupy Tokyo, Japan

Occupy Tokyo, Japan

Occupy Toronto, Canada

Occupy Toronto, Canada

David Wilcock: "One of the most exciting things I've been hearing about lately is that a ten-mile-wide spherical UFO is now parked in upper Earth orbit.
Over 200 smaller craft have been seen coming and going from the mothership, thanks to round doors opening and closing.
This was all witnessed by personnel within the International Space Station, among others. (There are plenty of optics onboard that can see craft that would otherwise be "cloaked" from the conventional visible-light spectrum.)"

SaLuSa, through Mike Quinsey: "I am SaLuSa from Sirius and would mention that some of our smaller Mothercraft are being positioned a bit closer to Earth, allowing us to reach you with our scout craft more speedily. The need to track your dark Ones and their activities is vital in these closing stages leading to their removal. This way we can prevent them from attempting a major incident to delay the end of their time."

Occupy Everything!

Occupy Everything!

Comment from one of our readers:

"This is amazingly amazing and fabulous!  I feel so privileged to be witnessing this happening – please post more!
B." (October 16, 2011)

Comment from one of our readers:

"Thank you for this great post! It's so uplifting, amazing and wonderful...
to see it finally happening all over the world!
With Love and Light
Marjut." (October 17, 2011)

Comment from one of our readers:

"I Love You Guys.. This is amazing.. I have chills from head to toe..  This is so wonderful you put these posts from everyone and all of the pictures..When you see the pictures you feel like you are there with these wonderous spirits.. This is so exciting..  This absolutely made my day.. It is coming and the flood gates will open..  Blessings to your site for the beautiful work and messages you give us..

Love and Light
Leona
Albuquerque NM" (October 18, 2011)

|

2011年10月18日 (火)

大麻合法化賛成が過半数、初の反対超え


大麻合法化 賛成(黄緑)反対(緑)推移

Source:Gallup

米世論調査機関ギャラップによると、大麻合法化賛成が50%に達し、反対(46%)を初めて超えた。年々、大麻合法化賛成が増加し、反対が減少、ついに賛成が反対を上回った。

これまでカリフォルニア州ではマリファナ合法化、大麻税の住民投票が、また2011年には大麻所持違反の減刑化が行われたりしてきた。しかし、一般使用の大麻合法化にはいたっていない。

医療、薬、衣料原料、たばこ、麻薬、燃料、その他で大もうけを企んできた地球の支配層の方々は、大麻という人類にとって計り知れない恩恵を、隠すことと、使用者に対する厳罰で封じ込めてきたのです。
すべての流れと同様に本当のことが判るようになる日も近いでしょう。

|

TPP加入の影響「農林水産省の試算」

http://www.maff.go.jp/j/kokusai/renkei/fta_kanren/pdf/shisan.pdf

「農業」
試算の前提
○ 19品目を対象として試算
米、小麦、甘味資源作物、牛乳乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵等
【基準】関税率が10%以上かつ生産額が10億円以上(林産物・水産物は含まない)

○ 農産物の生産減少額(※) 4兆1千億円程度
○ 食料自給率(供給熱量ベス) 40%→14%程度
○ 農業の多面的機能の喪失額3兆7千億円程度
○ 農業及び関連産業への影響
・国内総生産(GDP)減少額7兆9千億円程度
・就業機会の減少数340万人程度

「林業」

○ 林産物の生産減少額5百億円程度
水産物の生産減少額(※) 4千2百億円程度
※ 国産水産物を原料とする1次加工品(缶詰等)の生産減少額を含めた。
○ 林業・漁業及び関連産業への影響
・国内総生産(GDP)減少額5千4百億円程度
・就業機会の減少数10万9千人程度

TPPへ加入した場合の商品別減少率
品目名 生産量減少率(%)
http://www.maff.go.jp/j/kokusai/renkei/fta_kanren/pdf/19_hinmoku.pdf

米  90%減 
新潟産コシヒカリ、有機米等のこだわり米等を除
いて置き換わる。

小麦 99%減
国内産小麦100%をセールスポイントとした小麦
粉用小麦を除いて置き換わる。

大麦  79%減
主食用(押麦)及び味噌用(裸麦)は残り、ビー
ル用、焼酎用、麦茶用等は置き換わる。

いんげん  23%減
高級和菓子用、煮豆用等を除いて置き換わる。

小豆  71%減  
高級和菓子用を除いて置き換わる。

落花生  40減
殻付き(莢入り)は残り、むきみは置き換わる。
甘味資源作物100 15 品質格差がなく、すべて置き換わる。
でん粉原料作物100 2 品質格差がなく、すべて置き換わる。

こんにゃくいも  90%減
生ずりこんにゃくは残り、こんにゃく精粉から製
造されるこんにゃくは置き換わる。

茶  25%減
1番茶及び2番茶は残り、3番茶、4番茶及び秋
冬番茶は置き換わる。

加工用トマト 100%減
ケチャップ等のトマト加工品は品質格差がなく、
すべて置き換わる。

かんきつ類  9%減
ストレート果汁は残り、濃縮果汁及び缶詰は置
き換わる。

りんご 9%減
ストレート果汁は残り、濃縮果汁は置き換わる。

パインアップル 80%減
缶詰は置き換わる。これに伴って缶詰用と同じ
株から生産される生果用が減少する。

牛乳乳製品 56%減
乳製品では、鮮度が重視される生クリーム等を
除いて置き換わる。飲用乳では、業務用牛乳等
を中心に2割が置き換わる。

牛肉 75%減
4等級及び5等級は残り、3等級以下は置き換
わる。

豚肉 70%減
銘柄豚は残り、その他は置き換わる。

鶏肉  20%減 
業務・加工用の1/2が置き換わる。

鶏卵  17%減
業務・加工用のうち弁当等用と加工用の1/2が置き換わる。

|

2011年10月11日 (火)

地球維新 日本でも10,15 オキュパイTOKYOへ。

アメリカ市民の皆さん、こんにちは。

これはアノニマス(匿名)からのメッセージです。これは99パーセントの市民へのメッセージです。これは変化を遂げていくアメリカ軍部へのメッセージです。

これはアメリカの主要都市に広がっていく革命の運動とすべての若者へのメッセージです。

私たちの運動がメディアによって正確に伝えられていないという技術的な問題が生じています。

しかし、インターネットの普及によって、私たちのお伝えする情報はストリーミングでリアルタイムに視聴したり、動画をダウンロードして広めることが可能になっています。

情報は燎原の火のように世界に広がり、アメリカに生じた割れ目を押し広げていくでしょう。

私たちの世代でこのような運動は全く新しい体験と言えます。私たちはインターネットで情報を集め、互いに共有しながら、ひとつの臨界点に到達しました。

これは、もはや引き返すことのできない地点です。

この運動をこの冬を通して継続しましょう。そして新しい春を迎えましょう。

私たちは、爆弾を持たず、武器を持たない、市民の集合体です。

私たちのすべては99パーセントのアノニマス(匿名)です。

そして、私たちはあきらめることなく進み続ける行進隊です。

これからもぜひ、ご期待ください。

|

2011年10月 4日 (火)

今、この声を理解できる国の指導者はいるだろうか。

2008年 セヴァンからのメッセージ♪

こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。
エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロン メンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。
あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来まし た。

今日の私の話には、ウラもオモテもありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。

私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。

太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバン クーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。
そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳に します。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそん な夢をもつこともできなくなるのではないか?あなたがたは、私ぐらいのとしの時に、そんなことを心配したことがありますか。

こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。
まだ子どもの 私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。
でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。あなたがたもよい解決法なんてもって いないっていうことを。

オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知ら ないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえ らせるのかあなたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親 であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。

私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は 3千万種類の生物からなる大家族です。
国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、 みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。
私は怒っています。でも、自分を見 失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

私の国でのむだ使いはたいへんなものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおう とはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。 カナダの私たちは十分な食物と水と住まい を持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。

「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。
どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってし まう。私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきを してたかもしれないんです。

もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。
私はまだ子どもだけどこのことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、
 

争いをしないこと

話しあいで解決すること

他人を尊重すること

ちらかしたら自分でかたずけること

ほかの生き物をむやみに傷つけないこと

分かちあうこと

そして欲ばらないこと

ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。
そしていったい誰のためにやっているのか。
それはあなたがたの子ども、つま り私たちのためです。
あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。
親たちはよく「だいじょうぶ。すべてう まくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。
しかし大 人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。

おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。
しかしあなたがた大人がやっていることのせ いで、私たちは泣いています。
あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。
しかし、私はいわせてもらいたい。
もしそのことばが本当なら、どうか、本 当だということを行動でしめしてください。

最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。

        
 (”ふるやの森”から引用させていただきました。)

 





 

|

2011年10月 3日 (月)

30分に1人が自殺:借金と新自由主義改革に苦しむインドの農民たち

 
 
   
       
   

驚くべき数字です。インドでは過去16年間で25万人もの農民たちが自殺しました。これは30分に1人の計算です。なぜ、こんなことが?イ ンドの農民自殺に関する新リポート「30分ごとに:インドにおける農民の自殺、人権と農業危機」を共同執筆したスミタ・ナルラさんによると、インド農業を 世界マーケットに開放した経済自由化が、大きな原因だといいます。自由化で国の農業助成が消え、農民は経費の増大に加えて収穫と利益の減少というダブルパ ンチに襲われています。
小規模の農家が借金地獄に陥り、絶望の末、自殺するのですが、借金で買った農薬を自殺に使うという、なんともやりきれない展開です。特にひどいのは、綿花 農家。商品作物である綿花は多国籍企業による支配の影響を受けやすく、さらに遺伝子組み換え種子が導入されましたが、貧しい農民の手にはなかなか届きませ ん。自殺は直訴の手段でもあり、農民たちは首相や大統領宛に遺書を書き、窮状を訴える最後の言葉が届くように願います。生存権や水や食物の権利、十分な生 活水準や医療への権利など、政府は国民の人権危機に対処する法的義務を負っているのですが、自殺の広がりを防止する有効な対策は取れていません。多国籍企 業を規制し、人権を中心にすえた農業政策の必要を、スミタ・ナルラさんは強調します。(大竹秀子)

 
   
           
              
       
          
   
           

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »