« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の3件の記事

2011年11月30日 (水)

占領目的は麻薬でした。占領10年で、生産量40倍。

アメリカが、アフガニスタンでアヘン栽培を拡大

イランのモハンマドナッジャール内務大臣が、アフガニスタンにおけるアメリカ占領軍の存在が、同国での暴力や麻薬生産の増加の要因だとしています。
イルナー通信によりますと、モハンマドナッジャール大臣は、28日月曜夜、アフガニスタンの首都カーブルで、同国のラスール外務大臣と会談し、「アメリカのアフガニスタン駐留は情勢不安だけでなく、麻薬の生産を拡大している」と語りました。
また、イランがアフガニスタンにおける外国軍の駐留に反対していることについて触れ、こうした駐留の継続が地域の情勢不安の要因だとしました。
アフガニスタンのラスール外務大臣も、この会談で、イランのアフガン移民の受け入れに感謝の意を示し、「イランはこの30年間、数百万人のアフガン難民を保護し、受け入れている」と語りました。
さらに、「地域諸国は、地域の利益に伸びる外国の手を断ち切るために、互いに協力することで問題を解決すべきだ」としました。
アフガニスタンのカルザイ大統領も28日月曜、カーブルでモハンマドナッジャール大臣と会談し、イランに感謝の意を示すとともに、アフガニスタンにおける麻薬の生産と密輸に対処するための努力を拡大することを強調しました。
モハンマドナッジャール大臣は、麻薬の生産と密輸問題をめぐるアフガニスタン、イラン、パキスタンの3者協議に出席するため、アフガニスタンを訪問しています。
同大臣は、この協議で、アフガニスタンの麻薬の栽培と生産は、アフガニスタンがアメリカやその同盟国に占領された10年前からおよそ40倍になったと述べました。

麻薬ビジネスは止められないようです。米国が売りさばいて儲けているという構図。
あなたが関係なくても、麻薬は、医療で大もうけするシステムになっています。ガン治療でね。あ、治療ではないか。痛み止めの効果だけですから。
保険適用されても1日5000円モルヒネ代が払わされている方を何人も治療したことがあります。



|

2011年11月29日 (火)

ガンジー 「七つの社会的罪 (Seven Social Sins)」

  • 七つの社会的罪 (Seven Social Sins)の画像

1.理念なき政治 Politics without Principles
2.労働なき富 Wealth without Work
3.良心なき快楽 Pleasure without Conscience
4.人格なき学識 Knowledge without Character
5.道徳なき商業 Commerce without Morality
6.人間性なき科学 Science without Humanity
7.献身なき信仰 Worship without Sacrifice

 

|

2011年11月11日 (金)

私を奴隷にして下さい、と表明

前の総理もそうですが、今度の方も、やはり、国会での水の飲み方がお隣の国のやり方をしていたのでおかしいなと思っていたら、日本人が築きあげたあらゆるものをアメリカに差し上げることを積極的に進めることを表明しました。総理にしてもらったこととの引き替えだからやらなきゃならないのでしょう。

自分の国の財産じゃないのだからどうなろうが知った事じゃないと思うのは当たり前か、という結論になりました。

その後に、口の曲がった方が総理になられるという筋書きのようですが無理でしょうね。

それにしても、地震はM5止まり、噴火も無理、、イランイスラエル戦争もできず、オキュパイ弾圧も理由が無く、放射能パニックあおるもことごとく失敗、TPPで、はした金を貪ろうにも、やる前から魂胆を暴かれて失速。さてどうする。世界を自分のものとしてきた1%の金融の元締めの皆さん。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »