« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の5件の記事

2012年4月24日 (火)

イタリア財務警察が15億ドル米国債&1000トンのゴールドを押収!

2012年04月24日 12:36  NEWS U.S.

イタリア財務警察が15億ドル米国債&1000トンのゴールドを押収!バチカン銀行がマネロン摘発へ!三極委員会にデヴィッド・ロックフェラーの姿なし-死亡寸前?



イタリアで金融詐欺の摘発が加速しているようです。

ペンタゴン計画から外れてしまったフルフォード氏
最新記事コメント欄に有益な情報がありました。
イタリアで1000トンのゴールドと、15億ドル相当の米国債が押収されたようです。
額はそれ程大きくありませんが、金融詐欺一斉摘発の糸口として期待できそうです。

Police in Italy have seized 1.5 billion dollars worth of US bonds and more than 1,000 tons worth of gold deposit certificates of dubious origin, according to media reports Saturday.
土曜のメディア報道によると、イタリアの警察は1,000トン以上に上る疑わしい起源のゴールドの証明書と15億ドル相当の米国債を押収しています。

A man with a criminal record for extortion, money laundering, drug trafficking and burglary was also arrested near Rome in connection with an investigation dubbed "Million Dollar" by tax police.
恐喝、マネーロンダリング、麻薬密売や強盗のために犯罪歴を持つ男は、税務警察によって "ミリオンダラー"と呼ばれる調査に関連してローマの近くで逮捕されました。

The US bonds date back to the 1930s and are still in circulation.
1930年代にさかのぼるこの米国債は、今もなお流通しています。(=使用可能な本物
The gold certificates are worth 3 billion euros (4 billion dollars), the daily La Repubblica reported online.
金の証明書は、3億ユーロ(40億ドル)の価値がある、とデイリー・ラ・レプブリカは報じました。

According to investigators, the securities were probably used as loan guarantees or for international financial transactions.
調べによると、有価証券は、融資保証もしくは国際金融取引のために使用されました。

The police said it was in talks with officials from the US Federal Reserve and the US embassy in Rome to determine "the authenticity, nature and origin of the bonds, as well as their destination and possible links between the (arrested) man and criminal organizations."
警察は「債券の大元と同様に、それらの宛先と逮捕マニュアル、犯罪組織との間の考えられうる関係を裏付けるために、ローマの米連邦準備制度理事会、米国大使館関係者と会談中(=関係者を裏で拘束?)」と述べ

Italian police seize billions of dollars worth of us bonds, gold - Times LIVE
イタリア警察は、数十億ドルに上る米国債とゴールドを押収した

http://www.timeslive.co.za/world/2012/04/21/italian-police-seize-billions-of-dollars-worth-of-us-bonds-gold

今年の2月に6兆ドルの米国債詐欺8人のイタリア人とベルルスコーニが逮捕されましたが、
今回の事件もまた、同様の詐欺に関する摘発であると思われます。

思った通り、イルミナティの粛清が加速しています。

そして例によって、本件は日本のマスコミでは報道されていないようです。
現時点ではイタリアのテレビやアルジャジーラなど海外メディアのみで確認が取れています。

皆様に一つお聞きしたいのですが、
今日
アルジャジーラを見ていたら、
「イタリア警察は$2b相当の米国債と1000トンの金を持つ70歳の男を逮捕した」
とテロップが流れました。

尋常でない量だと驚きましたが、その後一切その情報を見かけません。
あれは一体何だったのか、ちょっと気になっています。
ご存知の方は教えて頂けませんか?

投資家が離れ始めたか? - 金鉱株で資産形成(黄金郷篇)
http://gojira1218.blog87.fc2.com/blog-entry-2902.html

また先月の話ですが、バチカン銀行の口座が一部閉鎖される騒動がありました。
バチカン内にも良い勢力と悪い勢力がおり、熾烈な闘いが水面下で繰り広げられていたという話がありますが、
ようやく決着がつき、悪勢力の巣窟であったバチカン銀行のマネロンが暴かれつつあります。

バチカン銀行は、マネーロンダリングのスキャンダルの直面する様相を呈しています。
JPモルガン、入金に対する情報が不透明だとし、一口座を閉鎖するとの報道をイタリアの新聞が報道しました。
過去18ヶ月に、18億ユーロについての預金されていますが、その入金についての詳細情報の明示を、JPモルガン関連銀行に対してできなかったと報道されています。

イタリアのファイナンシャルデイリー紙によると、JPモルガンミラノ支店は、バチカン銀行口座を、3月16日から段階的に閉鎖するとしています。
口座はゼロにされ、資金はドイツのバチカン銀行に送金されるとしています。

今回の出来事は、一連の過去のスキャンダルの彩りを加えることになります。
ということは、 竹中平蔵さんやその他日本の政治家の秘密口座も。。
竹中平蔵さん大丈夫?



イルミナティの息が掛かった人間は例外なくバチカン銀行に口座を持つと言われており、
竹中だけでなく、小泉や小沢、石原、ブッシュ、オバマ、クリントン
数百億単位で口座に入金されており、これが賄賂として機能しているのです。

しかし、バチカン銀行口座閉鎖となれば、それらの賄賂は1円たりとも引き出せなくなるばかりか
マネーロンダリングに関わったとして捜査を受け、逮捕・拘束される可能性も出てきます。
政治家や企業家、官僚など売国奴の面々は眠れない日々が続いていることでしょう。
そのイルミナティが4月21日-22日、2012年度の総会を実施しました。
三極委員会(第43回 東京総会)です。


主催者 ジョセフ・ナイ(ジャパンハンドラーズ)

↓こちらのサイトに当日の様子を写した動画があります。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12463

日本からの参加メンバー(事実上の売国奴リスト)
小林陽太郎
榊原英資
張富士夫
三木谷浩史
宮内義彦
緒方貞子
加藤紘一

・・

動画を見れば分かりますが、あの巨躯デヴィッド・ロックフェラーは姿を見せなかったようです。
これでロックフェラー失脚説の信憑性が増したのではないかと思います。
噂では、デヴィッドは失脚どころか死亡寸前であるとも言われておりますが、裏は取れていません。




裏世界皇帝であるD・ロカフェラー(96)であるが、そろそろ地獄からお呼びが掛かっているそうで、ようやく旅立ってくれるそうです。世界で最も人間を虐殺した男として、歴史の教科書に載る予定はまだ無いようだが、まさにこういったキチガイ人もどきが、この世から消えるとはどういうことなのか、ゾクゾクする思いと、ワクワクする思いでいっぱいなのは私だけではないだろう。

ディビッド・ロックフェラー(96)氏、死亡・・・間もなく老衰にて B層よ!今こそ覚醒せよ!/ウェブリブログ

http://b-layer-must-awake.at.webry.info/201109/article_4.html

さすがに死亡寸前はないにせよ、車いす状態の老人などもう恐れる相手ではないのでしょう。

これらはイルミナティ大崩壊劇のうち、氷山の一角にすぎません。
欧州もアメリカも財政がパンク状態であり、今朝報じたギリシャ選挙の行方も怪しくなりつつあります。
既にスペイン、ポルトガルと火がついているので、いくら資本増強しても足りる事はありません。
その様子が、今も続々と表のニュースに出てきています。追って報じます。

|

2012年4月20日 (金)

フルフォード、白川総裁を絞殺するも、クローン殺しは、殺人罪にならない。

Confessions of a Former White Hat Operative

ACCEPT NO CLONES!
       

Masaaki Shirakawa: CLONED!

   

by Former White Hat

       

April 19, 2012

(Reuters) — Earlier today, Benjamin Fulford met with Bank of Japan Governor Masaaki Shirakawa for an interview regarding the financial system and the 10 trillion yen to create a new and better world.

Two minutes into the talk, Fulford made a strange face and cried: “FUCKING CLONE WITHOUT HONOR!” in Japanese, flung himself over the desk between the two, and began strangling Shirakawa.

Security was unable to re-act quick enough. The clone of Masaaki Shirakawa expired at the angry grip of Mr. Fulford.

Despite this, however, a second clone of the Bank of Japan Governor entered the room and sat down, smiled sheepishly, and asked in a soft voice, “Now where were we?” only to be followed by five more Masaaki Shirakawa clones who also sat down.

“I know what it is like to be cloned, you know,” Benjamin Fulford told journalists on the scene, “and I can spot a clone a mile away, eh.”

Fulford will not be charged for terminating a clone, since there is no law that addresses te matter, and whether or not clones are considered human beings since they do not contain souls.

“This is obviously a Cabalist move at trickery and deception,” said Fulford. “These sick people, these mass murders and clone mongers, they will do anything to stop the new financial system from going widespread. They want all the money for themselves. They don’t know how to run a planet. They don’t even make quality clones.”

Fulford indicated he may discuss the mass cloning efforts by the NWO in his next weekly report. “But I may change my mind,” he said. “Why give them the attention, you know?”

人類にとっての希望の星、サムライ宇宙人ベンジャミン・フルフードが例の10兆円を世界のために如何に使うかについて話し合うため、日銀の白川総裁と会ったのであるが、会談開始後2分で、突如恐ろしい形相で襲いかかり、総裁を机の上に引きずりあげ、日本語でこのクローン野郎と叫びながら、怒りの首締めで殺したのである。

ところが、すぐに別の総裁が現れ椅子に座り、羊のように微笑み、ソフトにこう言ったのである。「ところでどういう話でしたっけ。」

さらにびっくりなのは、その横には、何と5人の白川総裁を従えていたのである。

元々クローンは人間ではないので、殺人罪の適用は当初から無し、とのことで、フルフォードが捕まることはないのでご安心を。

今後フルフォードは、カバール(悪魔教陰謀団、世界金融マフィア)が悪の宇宙人どもの手先としてクローンを使って我々を統治してきたことを暴露することになるだろう。

ブッシュが、クローンなのはある程度知られてはいたが、我々の身近にいるものだなーと驚かされる。

|

2012年4月17日 (火)

年貢の納め時 FRB

【速報】FRBが4月20日に破産します!詐欺師ロスチャイルドが借金地獄へ!債務合計271兆ドル-イルミナティは多重債務者だった!

2012年04月16日 23:50 NEWS U.S



FRB完全終了の日がついにやってきました。

世界人類のゴールドを勝手に奪って散々悪さをしてきた、その報いを受ける日が来ました。
借金総額、推定271兆ドル。きっちり払ってもらいましょう、ロスチャイルド家の皆様
※本日のレートでは、262兆ドル前後です。

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/

1京円などと言われる総資産すべてを売り払っても返せなさそうですが・・

期限として10日間が与えられているようです。
4月11日にこの「先取特権申立」が出たようなので、期限は4月20日
あと4日で、FRBが終焉を迎えることになるのです。


※4/16 23:00 補足説明

FRBの株主(ロスチャイルドやモルガンら)は、アジアの王族から
ゴールドを年利4%で借りて(実際は奪ったに近い
自分達の利益に沿うような形でだけ通貨を発行し、バブルや戦争を演出しました。
これまでに何度も返済日に踏み倒しており、返す気はそもそもありませんでした。

予定では破滅的な戦争を引き起こしすべて有耶無耶にするつもりでしたが、
今日まで何もできず、この結果です。

「散々踏み倒してきたようですが、もう逃げられませんよ。払ってください」ということです

 「先取特権申立」は米連銀に対して「皆さんはこれだけの支払の義務があります。差し押さえになったら、私達がまず最初に取り立てをさせてください」と言っています。極めて具体的な内容になっています。

先取特権請求先(被告)にあたる、12米連銀の”社長”を1人1人挙げています。FRBって民間銀行だからCEOなんですね。ダラス連銀社長!っていう感じです。



MAJOR EVENT: Liens Filed Against All 12 Federal Reserve Banks
http://www.divinecosmos.com/start-here/davids-blog/1047-liens

Eric S. Rosengren/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Boston
600 Atlantic Avenue P.O. Box 2076
Boston, MA 02106-2076
(617) 973-3000

William Dudley/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of New York
33 Liberty Street New York, NY 10045
(212) 720-5000

Charles I Plosser/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Philadelphia
10 Independence Mall Philadelphia, PA 19106
(215) 574-6000

Sandra Pianalto/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Cleveland
1455 East Sixth Street Cleveland, OH 44114
(216) 579-2000

Jeffrey M Lacker/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Richmond
701 East Byrd Street Richmond, VA 23219
(804) 697-8000

Dennis P. Lockhart/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Atlanta
1000 Peachtree Street, NE Atlanta, GA 30309-4470
(404) 498-8500

Charles L. Evans/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Chicago
230 South LaSalle Street Chicago, IL 60604
(312) 322-5322

James B. Bullard/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of St. Louis
411 Locust Street St. Louis, MO 63102
(314) 444-8444

Narayana Kocherlakota/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Minneapolis
90 Hennepin Avenue Minneapolis, MN 55480
Mail Address: P.O. Box 291 Minneapolis, MN 55480-0291
(612) 204-5000

Esther George/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Kansas City
925 Grand Boulevard Kansas City, MO 64198
(816) 881-2000

Richard W. Fisher/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of Dallas
2200 North Pearl Street Dallas, TX 75201
Mail Address: P.O. Box 655906 Dallas, TX 75265-5906
(214) 922-6000

John C. Williams/Lien Debtor
dba CEO of Federal Reserve Bank of San Francisco
101 Market Street San Francisco, CA 94105
Mail Address: P.O. Box 7702 San Francisco, CA 94120
(415) 974-2000

※上記12人をまとめたPDFはこちら

※イルミナティ逮捕リスト(一部)はこちら


___________________________________
Neil F. Keenan, April 11, 2012


___________________________________

Keith F. Scott, April 11, 2012


Allegations-申し立て

1. The amount of gold under contract to the Federal Reserve system is 2,420,937,400 kilograms. (2,420,937.4 metric tons.)
1. 連邦準備制度理事会システムに対するゴールドの貸出契約は、2,420,937,400キログラム(2,420,937トン)である。

2. The lease payments on this gold are payable at the rate of 4% per annum. The total owed, starting in 1961 through 2012, is 4,638,791,996 kilograms of pure gold.
2. このゴールドに対するリース支払は年間4%である。1961年から2012年までの支払い義務は4,638,791,996キログラム(≒271兆ドル分)の純金である。

3. Proof of the Federal Reserve Obligation is in the form of Federal Reserve Bonds, series of 1928 and series of 1934.
3. 連邦準備制度理事会の支払い義務の証明は、1928年と1934年に発行された一連のFederal Reserve 債券(=ドル紙幣)である。

4. Proof of the interest obligation is further demonstrated by the issue of international currencies that have been issued to the Holders of the Gold Accounts, but against the Federal Reserve Bonds.
4. 利息支払いの証明は、その後行なわれたゴールド口座の所有者に対して発行された国際通貨であるが、Federal Reserve 債券に対するものである。

5. The gold was acquired through a time when gold coin and gold bullion could not be privately owned, and had to be surrendered to the State.
5. このゴールドは、金貨と金地金の個人所有が認められず、合衆国政府に差しださなければならない時代に取得されたものである。

6. The States combined the bullion into a single, central deposit, whereby all countries would have equitable access.
6. 合衆国政府はこれらの金塊を1つの中央預金とし、それにより全ての国々が公平に利用できるようにした。

7. The gold is actually owned by Governments through their Ministry of Finance.
7. このゴールドは、実際には各国の財務省を通じて、全ての国々によって所有されている。

8. In 1948, under UN Resolution MISA 81704, Operation Heavy Freedom, President Soekarno was appointed as M1, (Monetary Controller), and the entire centralized system was put under his disposal as Trustee.
8. 1948年、国連決議 MISA 81704 Operatin Heavy Freedomにより、スカルノ大統領がM1(財務管理者)に任命され、すべての集権化されたシステムは受託者として彼の処分下に置かれた。




9. The gold was deposited into the system by a group of Trustees appointed by Soekarno. These Trustees formed an association of Trustees now known as the Amanah, otherwise known as the Mandates.

9. ゴールドはスカルノ氏によって任命された管財人グループによりシステムに預託された。これらの管財人は、Amanahあるいは委任統治会として知られる管財人協会を設立した。

※動画主註:要するに、世界のゴールドを集めて発行された通貨はスカルノ大統領が管理を行なうという取り決めがなされた。そして実際には、彼が任命した管財人の組織によって管理されるということ。

10. The Mandates have assigned their authority over the accounts to Neil F. Keenan and Keith F. Scott.
10. 委任統治会は、彼らの口座に対する権限をニール・F・キーナンおよびキース・F・スコットに与えた。

※動画主註:ニール・F・キーナン&キース・F・スコット
フルフォード氏のWDSと連携して、今回の裁判の委任を受けている弁護士の方々。
彼らがゴールドの所有者の正当な代理人としてFRBを訴えている。

11. The owners of the gold and other assets leased to the Federal Reserve system between 1928 and 1968, at a 4% per annum rental fee, have never received substantive payment since 1928 until today. They have been constantly tricked and deceived.
11. このゴールドと他の資産を連邦準備システムに1928年から1964年までの間に年率4%の金利で貸し出した所有者は、1928年から今日まで、相当額の支払いを一切受けていない。彼らは絶えずごまかしと欺瞞を受けてきた。

12. All persons from several organizations of persons who consider themselves to be the global elite have illegally used these assets - making fortunes for themselves, or otherwise benefitting from the illegal use of these accounts. Key among these are members of (but not limited to) :-
12. 自分達をグローバルなエリートとみなしている人間達は不法にこれらの財産を使用し、彼ら自身のために巨大な富を得るか、利益を享受してきた。彼らは次の組織の主要な会員である。

The Committee of 300
Skull and Bones Society
The Bilderberg Society
The Trilateral Commission
Council on Foreign Relations

■300人委員会
■スカル・アンド・ボーンズ協会
■ビルダーバーグ協会
■日米欧三極委員会
■外交問題評議会

※これらだけとは限らない

13. The Federal Reserve System is a privately owned banking system. All debts of that private banking system, beyond the value held in gold, is the obligation of the Federal Reserve System only - and is not a debt obligation of the people of the United States of America.
13. 連邦準備制度は民間人所有の銀行制度である。その民間銀行制度が持つゴールド保有価値を超えるすべての負債は、連邦準備制度のみが義務を負うものとし、アメリカ合衆国の市民は負債義務はない。

14. Owners, Shareholders, Directors/Executive Officers and Bonding Companies of the Federal Reserve System are deemed lien debtors - collectively and severally.
14. 連邦準備制度のオーナー、株主、取締役、執行役員、保証会社は先取特権の債務者とみなされる。

※動画主補足説明

先取特権(さきどりとっけん)とは、法定担保物権の一種であって、一定の類型に属する債権を有する者に付与される、債務者の財産について他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利をいう(民法第303条)。
これは日本のものです。若干ちがうかも、ようするに、「担保差し押さえ」の前の段階?くらいでしょうか。もしも差し押さえになったら、私達に優先的に回収の権利を下さいね。っていう感じです。
ベンジャジンさんたちが日本政府が米国連銀詐欺集団とは取引しないって明言したとありました。ベンジャミンさんは、WDSとアジア、日本側から、穴をふさぐ?このようにして「詰め将棋」で、一つずつ逃げ道をふさいでいるというふうに理解してはどうでしょうか? そこで、どぉーんと、正面から、事実上、取立て請求がでてきました。(私はMF GLOBAL=JP MORGAN=FRB のような小物からいくのかな?思ったのですが、そんな「小物」は後でゆっくりでしょうか)



バーナンキお面 不評につき削除しました。

いきなり、全部返して、じゃないと取り立ててもいい?、
天文学的な数字を挙げました。米国連銀(= 欧州中央銀行=大手詐欺銀行はみんな仲間)はユーロ危機でも自転車操業で、MF GLOBAL というブローカーから顧客資金を横領してマネーロンダリングで、ユーロ対策にまわしているとの指摘もあります。(ようするに本当にお金が全くないって事です)

こんなユーロ茶番劇で、自転車操業をし続ける、民間人所有の米国連銀に対して、10日以内に返事をしてね、って、言ったのです。
ちなみに、ギリシャは既存の国債のヘアーカット(債務をチャラにする)のしめきりを4月20日まで延長しました。CDS (クレジットディフォルトスワップ)が発動されると、CDS(ギリシャの債券の契約不履行に対しての保証)はアメリカ大手銀行が引き受けているので、これだけでも米大手銀行はふっ飛ぶはずだと言われています。ちょうど、4月20日ごろ、この先取特権の締め切りになる感じ?
ようするに私達レベルで分かることを見ても、完全に八方塞状態ってことです。
た だ、あまり、日付がどうのとか、やきもきするのはやめましょう。 たとえば、この一年を見ても、信じられないくらいの周りの状況、私達の意識、目覚めが変 化、すすんでいると感じます。だから、自信をもって、ワクワクして、これからの地球をどうしたしたいのかを思い浮かべてください。
スライブ-いったい何が必要になるのか (Official THRIVE Movie - Japanese) が youtubeで公開されています。4月5日 ご覧になりましたか?

--以上--

補足:

まず、この地球上に200万トン以上ものゴールドがあったことに驚かされます。
公式に発表されているゴールドは数千トンクラスですが、もう全くの嘘統計です。

そして、それを年利4%という決して低くない金利で数10年も借りっぱなしにする金融マフィア。
金貸しが借金地獄に陥るとは。「ミイラ取りがミイラになる」がこれほど当てはまる例が他にあるでしょうか?

借金があまりに膨大なため、金価格の変動で債務の額が数100兆円単位で動きます。
もはやギャグです。日本の財政問題?はした金です。金額が大きすぎて笑えてきます。



そして、ありました。ギリシャが決算報告4月20日に持ってきました。
これこそがギリシャ国債の債務交換、CDS取引の実態が明らかになる報告でしょう。
CDSがたった数十億で済むはずがない。いよいよ金融大崩壊となるのです。

ギリシャ、銀行決算の報告期限を4月20日に延長=財務省筋 | ビジネスニュース | Reuters
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE82R00W20120328


今回の取り立てに至った背景として、フルフォード氏がウィルコック氏の番組に出演した際の映像があります。
ここで、歴史的なアジア王室のゴールドがアメリカに1928年から貸し出され、債券を受け取ったという歴史的な事実が語られています。

※フルフォード氏が本日のメルマガでなぜこの件に触れなかったのかは、謎です。
 あえて話さずにタイミングを待っていたか、内容を盛り込みすぎて入れ忘れたか、それとも?


●ベンジャミンの反骨精神と常識にとらわれない鋭い突っ込みは、ほんとすごいなぁ。
David Wilcock氏がこの記事後に暗殺の予告を受けました。それほど、重要な内容が含まれているということでしょうか。

そして悲劇が・・

A good buddy of mine died this week.I got the call on Wednesday.I have been in shock ever since. I have broken down many times. Today (Friday) is when most of this article was written.
私の親友が今週死亡した。私は水曜日に電話があった。私はそれ以来、ショックであった。私は何回も壊れています。今日(金曜日)この記事を書いています。

ウィルコック氏の親友さんにご冥福をお祈りいたします。




命懸けで闘うフルフォード氏とウィルコック氏。
長きに渡り続いてきた死闘に、ようやく終止符が打たれようとしているのです。

世界人類万歳!

|

2012年4月 8日 (日)

第4回 ヒーリング能力養成 初級講座 in 横浜 は4月22日です。

第4回 ヒーリング能力養成 初級講座 in 横浜 参加者募集

日時  4月22日(日) 午後1:30~4:30

会場  JR横浜線 大口駅(各駅停車のみ)から会場まで送迎いたします。

     集合時間   大口駅東口 午後 1:15  出発 1:20 

内容  第1回目のおさらいから始めて、実際の治療と炭酸水、ビールの炭酸抜き
     で治療力レベルを確認する。

     いわゆる気の抜けた状態にする時間は初級目標は3分間。ちなみに講師は1秒

     間。遠隔でも可能。

     各種症例に対する治療方法。

     指先からの意念エネルギーで人を動かす。

     血圧、脈拍のコントロール法。

     遠隔治療の実際。植物、乳酸菌等有用微生物に対する影響。

第3回講座の参加者による実際の治療成果

 新たな参加者も加わり、和気藹々(あいあい)とした中、あまりにも真剣な皆様の気迫に押され、またしても時間を大幅に超過してしまいました。
皆さんの感想としては、すぐに時間がたってしまったということで、いやいやながらのつまらない学校の授業とはまったく違う、内容も濃く、相互のエネルギー交換が出来る、真剣な中身いっぱいの講座になりました。
今回のハイライトは、参加者の指先からのエネルギーで、人が動かせるのかという実験でした。当然ながら皆さん半信半疑ですので、信じていない方も含めて皆さんの力を集中させることでどうなるか、ということにしました。
受け手を3m先に目をつぶって立たせます。それ以外の参加者が全員、その方の胸のチャクラめがけて、治癒エネルギーを放射します。
受 け手もまさか後ろにのけぞるほどのパワーが押し寄せるとは思っていませんので、当然壁にぶつかってしまいました。全員が受け手として同じ反応をするわけで はなかったのですが、多数が明らかに”押された”のです。暗示ではありません。そんな素直な参加者はおりませんし、どちらかといえば疑い深そうな、、、。
ちなみに最も治療力を発揮する男性はまったく感じませんでした。受容感覚の鋭敏さと治療力はまったく関係がありません。どちらも身につくことが望ましいことではありますが。
このように距離が離れている対象に影響を出せるということは、将来的には遠隔治療が可能になる、ということの確認が出来るということでもあるのです。
サルーサも4月6日付で言ってます。以下、ふるやの森よりお借りしました。

自分が驚くべき可能性をもっていることを意識する必要があります。地球での集合意識として、皆さんが自分の現実を創造しましたが、闇の者たちの跋扈によって、それを十分に利用することが許されませんでした。 

か つては皆さんが持っていて障害無く発揮できた自由が与えられたとすれば、皆さんは現在の姿よりも確実に、はるかに大きく進歩していたことでしょう。個人と しては、皆さんの内のある人たちは、種々のヒーリングの方法に熟達し、成功していますが、全てのソウルは、同じことができる能力を持っています。 

この様なスキルを発達させる時間を取らないのは、しばしば、信念、あるいは忍耐の欠如によるのです。これは最も自然な機能であり、実に、将来には、種々の周波数で存在する全ての物のアルファでありオメガであるものはエネルギーであることを理解するようになるでしょう。

はっきり言って、ヒーリング能力は誰でも発揮できるし、そもそも闇の支配集団により、奪われ、隠されてきたものなのです。
皆さんがこの力をつけることが、医療や、東洋医学、漢方薬、その他のあらゆる代替療法で騙され苦しめられている人々を助けるだけでなく、背後で操る闇の陰謀団を打ち破り真の自由を取り戻す大きな力になるのです。
光の銀河連邦のお役に立つことでもあるのです。だからこそ、サルーサが何度も呼びかけているのです。彼らだけにお任せするわけには行きません。

ヒーリング力は、フリーエネルギーなのですから使えば使うほど研ぎ澄まされるもので、それが皆さんのお役に立つのですから一石二鳥です。ぜひこの機会を利用していただきたいと思います。

|

2012年4月 3日 (火)

いよいよ金の力が通用しなくなってきました。それにしても人相が、、、。

香港の金融マフィア・新鴻基(サンフンカイ)会長逮捕で李兆基・李家がピンチ?ついに逮捕劇はアジア・中国へ!(NEWS U.Sより)

Photo

2012年3月31日、香港紙・大公報は、元政府高官と大手不動産会社トップが汚職容疑で逮捕されたと報じた。中国新聞網が伝えた。

逮捕されたのは元香港特区政府政務官・許仕仁、大手不動産会社・新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ)の郭炳江(トーマス・クオック)、郭炳聯(レイモンド・クオック)の両共同主席ら計8人。汚職を取り締まる香港廉政公署の創設から38年、最上位の官僚の逮捕となった。

サンフンカイ・プロパティーズ副会長 李兆基

レコードチャイナ:廉政公署史上、最高位となる官僚を逮捕=大手不動産会社関連...
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=60061

世界の金融関係者の辞任劇、欧米だけでなく香港やシンガポール、
南アフリカ共和国など、世界中の金融センターに及んでいますが
ここに来て、ついに香港の不動産王(金融マフィア)から逮捕者が出た模様です。

サンフンカイ(新鴻基)、香港でその名を知らぬ者はいないと言われています

日本で言えば、三菱地所の会長・社長と元国交大臣が一緒に逮捕されたくらいのショックだと思われます。
タイミングから考えて、先日梁振英氏が当選した行政長官選挙との関連が想像されます。
香港よりも中国本土の方が、官僚とデベロッパーの癒着は酷いでしょうから、
これは中国共産党が香港を通じて大陸地方政府へ向けて発信したメッセージなのかもしれません。

新鴻基不動産に何が起きたのか: AKAZUKINの投資日記
http://akazukin.cocolog-nifty.com/nikki/2012/03/post-5f21.html




"新鴻基"といえば、香港人で知らない人はいない。新鴻基(Sun Hung Kai、広東語読みでサンホンゲイ)は李嘉誠ひきいる長江集団に比肩する、香港を代表するコングロマリットであるからだ。中核事業の不動産部門では香港の高層ビルの高さトップ3であるIFC2、ICC、セントラルプラザの3つが新鴻基が建設したものだ。

そして通信事業でスマートーン、駐車場のウィルソンも新鴻基グループ傘下の企業で香港の街中を10分も歩けば出くわす。

新鴻基がつくる不動産は香港では人気で、長江集団が作る不動産と比較して価格はおよそ1.2倍くらいになるが品質はそれ以上のものだと評判だ。日本人が香港に移住してくる場合でも、「新鴻基が建てたものに住みたい」と指定してくる場合もある。(ちなみに、新鴻基よりも品質がいいと言われるのは航空会社のキャセイ・パシフィックをもつスワイヤグループの不動産である。スワイヤの不動産は数が少ないく、品質も最高だが値段も最高だ)

WSJが入っているビル(セントラルプラザ)も新鴻基
http://www.harveslife.com/blog/item_4339.html




今回の捜査に伴い、サンフンカイではこの約4年間で3度目の会長交代が起こる可能性が高まる。また、80歳を超す家長が率いるヘンダーソン・ランド・デベロップメント(恒基兆業地産)など、香港の不動産会社の経営陣の継続性をめぐる新たな懸念にもなる。サンフンカイの時価総額が30日に49億ドル(約4100億円)吹き飛んだ後でも、香港の富豪10人のうち6人が時価総額の合計が1020億ドルの上場不動産会社を率いている。

香港サンフンカイ共同会長の逮捕、後継めぐるリスク浮き彫り - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M1U0K36K50XS01.html


サンフンカイの株価です。
騒動から数日経ち、既に底打ったような印象も受けます。
ピークからは15%前後下落しました。


サンフンカイ 株価

そして、このサンフンカイ・プロパティーズの関係者から
ある人物の名前が浮上しました。

サンフンカイ・プロパティーズ副会長 李兆基


soKKuri?

アメリカ経済紙・フォーブスが世界長者番付
(The World's Billionaires)を発表しました。


以前、こちらで紹介した
李嘉誠がアジア人で
唯一のTOP10入りを引き続き果たしています。
今年は世界第9位にランクされています。
依然として、香港ドリームの象徴ですね。

又、
ヘンダ-ソンの李兆基が香港人の李嘉誠に続く
第22位で世界のビリオーネに名を立てています。
不動産業が好調であるという証拠でしょうね。

世界長者番付に李嘉誠、李兆基 - KOWLOON DAILY☆ 香港情報もりだくさん! -

http://blog.livedoor.jp/chauyip/archives/53133315.html




李兆基のヘンダーソンランド・デベロップメント
株も同様に下落しています。
今回の逮捕劇が李兆基にも影響を及ぼす可能性を示唆しているようです。

HENDERSON LAND Stock Chart | 0012.HK Interactive Chart - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/echarts?s=0012.HK+Interactive#symbol=0012.HK;range=5d

李兆基ファミリーの旗艦企業香港3大デベロッパーの一つである、不動産系大手コングロマリット。
中古ビル及び中小規模物件の再開発が強みの企業で、香港での不動産開発・管理・投資を手掛ける他に中国本土での不動産開発も積極的に行っております。

恒基兆業地産(ヘンダーソンランド・デベロプメント)00012|中国情報一覧
http://beer-selection.com/2012/03/00012.html

李兆基氏といえば、長江実業(0001)グループを率いる李嘉誠氏と並び、1970年代に暴落した香港の不動産を買いまくり、不動産で財を築いた一人だ。その資産を元手に不動産開発の恒基地産(0012)を設立。
さらに多角化を進めて、現在では香港市場に上場している企業だけでも、恒基地産のほかに、投資会社の恒基発展(0097)、香港のガス会社の香港中華煤気(0003)、ホテル事業のミラマーホテル(0071)、フェリー会社の香港フェリー(0050)、中国でガス事業を行なうタウンガス・チャイナ(1083)と、5社が顔を連ねる。

香港経済界重鎮の李兆基氏が「株の神様」に変身 2007/10/07(日) 13:56:02 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1007&f=column_1007_002.shtml


李兆基

暴落した資産を買いあさるのは、ロスチャイルドのやり方そのままです。
世界長者番付にランクインするような重鎮など息がかかった人間ばかりでしょう。

ついに、イルミナティ悪の13血流と呼ばれていた
香港・李家にも捜査の手が及ぶか?

李家と言えば、中国の李鵬が有名です。

「日本などという国は20年後には消えてなくなる」
李鵬 元中華人民共和国国務院総理(首相)



発言したのが1995年だったので、2015年には消えてなくなるようですが、
そうはさせません。中国共産党の方こそ消えてなくなる可能性があります。

1、アスター家 (ピルグリム・ソサエティー、円卓会議。ローズ奨学金の重鎮)
2、バンディー家(悪魔主義者ハリー・バンディー、合衆国薔薇十字会指導者)
3、コリンズ家(イギリス清教徒革命クロムウエルにつながる悪魔の家系)
4、デュポン家(世に広く知られつつも、生活は完全に隠された悪魔の王族)
5、フリーマン家(メロビング王朝、メディチ家、黒い貴族・・・発するシオン修道院の存在)
6、ケネディー家(アイルランド貴族、サンジェルマン伯爵とイルミナティーとマシューケネディー)
7、李家(共産主義中国の権力中枢、新世界秩序に向けて貢献する李嘉誠、李鵬、李光耀)2015年に日本無くなる発言で有名
8、オナシス家(スミルナの三大麻薬商社の一つ、オナシス家)
9、ロックフェラー家(ご存知アメリカ帝国の帝王を輩出する)
10、ロスチャイルド家(ロスチャイルド一族とイスラエル国家の誕生)
11、ラッセル家(ものみの塔創設者チャールズ・ラッセル、スカル&ボーンズ設立ウイリアム・ラッセル)
12、ファン・ダイン家(イルミナティーの中のオランダ系譜の代表)
13、第13番目の聖なるダビデの血流(ルシファーの直系卑族、ワシントン、ブッシュ)



イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔
フリッツ・スプリングマイヤー(著)

問題は、スプリングマイヤー氏が著書で述べているように
李家について彼自身知らないことが多く、他の家族と完全な協力体制にあるという
明確な証拠もないため、上の13血流は不正確である可能性があります。
情報そのものも古く、SARS以降の状況が想定されていません。
SARSで華僑皆殺しを企んだ欧州貴族とは手を切っていると判断しています。



しかし、中国共産党の中枢を未だに握っているというのは
今後の世界発展に関して、大きな障害となってくるはずです。
李家が次の独裁者にならぬよう、慎重に排除する必要があると思います。

中国は胡錦濤勢力が巻き返しており、江沢民派が排除される動きとなっています。
昨日フルフォード氏も「毛沢東派の売国奴、薄熙来がパージされた」と述べました。
キッシンジャーは薄熙来を第二の毛沢東にしたかったようですが、頓挫しました。

李兆基に捜査の手が及ぶかどうかは分かりませんが、
これらの動きと照らし合わせれば、良い方向に動いているのは間違いなさそうです。

薄熙来、トーマス・クオック、レイモンド・クオック、そして李兆基。
世界の金融マフィア浄化の波は、ついにアジア・中国にまで押し寄せてきているのです。

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »