« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の4件の記事

2012年7月31日 (火)

三菱UFJや農林中金含む21行提訴-LIBOR操作で米地銀


                                   
                                                       

  7月30日(ブルームバーグ):ニューヨーク州の地銀、バークシャー・バンクが、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の操作によって損害を被ったとして賠償を求め、三菱東京UFJ銀行や農林中央金庫、バンク・オブ・アメリカ(BOA)、バークレイズ、シティグループなど21の金融機関を提訴した。    

 

11の支店を運営するバークシャー・バンクは25日にマンハッタンの連邦地裁に訴えを起こし、損害賠償と懲罰的賠償、および集団訴訟を率いる権利を求めて いる。求めている賠償額は明らかにされていない。訴状によると、バークシャー・バンクはLIBOR操作のために金利収入が減少したと主張している。     

 

世界で360兆ドル規模の金融商品の金利がLIBORに基づいて設定される。バークレイズはLIBORの金利を低く報告したことを認め課徴金を科された。 バークレイズの最高経営責任者(CEO)だったロバート・ダイアモンド氏は他の銀行も低めの金利を申告していたと述べている。    

 

バークシャー・バンクは書面で、「ニューヨーク州では毎年、ドル建てLIBORに関連した金利で、数千億ドルとはいかないまでも数百億ドルのローンが組成 ないし販売されている」とした上で、ニューヨークの銀行は「権利を持つ金利収入の全額を受け取れなかった」と主張した。    

 

バークシャー・バンクはニューヨーク州に本部を置く、あるいは主に同州で事業を展開する全ての銀行と貯蓄貸付組合(S&L)、信用組合を代表することを目指している。これに該当する金融機関は数百あるという。    

|

2012年7月15日 (日)

ライボー、タイボーが、今後、いかさま博打を表す単語となります。

LIBOR(ライボー)って何ですか?

ロンドン市場で貸し手側の銀行が示す金利のことです。

ロンドン中心部にある英大手銀行「バークレイズ」の支店で警戒にあたる警察官(ロイター、7月4日撮影)

 LIBORはLondon Interbank Offered Rateの略で、「ライボー」と読み、「ロンドン銀行間取引金利」と訳されま す。ロンドン市場で金融機関同士が資金を貸し借りする際に、貸し手側の銀行が提示する金利を指します。LIBORは様々な融資の利率の基準となるだけでな く、先物取引やオプション取引などの金融派生商品(デリバティブ)の価格形成にも影響を与えます。

 英大手銀行バークレイズが2005年から08年にかけて不正にLIBORを操作していたことが発覚。バークレイズは、英米金融当局と4億5300 万ドルの課徴金を支払うことで合意し、会長、最高経営責任者(CEO)、最高執行責任者(COO)が引責辞任に追い込まれました。

 LIBORは、英国銀行協会(BBA)が毎日、米ドルや欧ユーロ、英ポンド、日本円などの主要通貨について、1か月、3か月、6か月、1年といった期間別に、数行から十数行の聞き取りを行い、上位と下位の4分の1ずつを除いた半数の銀行の平均を公表します。

 バークレイズは、06年ごろまで自己勘定で取引を行うディーラー部門が利益を出しやすくするため自行の金利を実際より高く、また、金融危機が深刻 化した08年ごろには調達金利を下げるとともに経営を不安視されないよう金利を実際より低く、BAAに報告していたとされています。

 こうした金利操作の疑いをもたれているのはバークレイズだけではありません。スイスなども含めた欧米の金融当局は、金融危機の中で主要国の多くの 大手金融機関が国際的なカルテルを結んでLIBORや日本の東京銀行間取引金利(TIBOR=タイボー)を操作していた疑いもあるとみて調査を進めていま す。また、日本の金融庁は昨年末、TIBORを不正に誘導したとしてシティグループ証券とUBS証券に一部業務の一時停止命令を出しています。
(調査研究本部主任研究員 丸山康之)

(2012年7月6日  読売新聞)

|

ガイトナー、終身刑。

米国高等裁判所が、財務大臣に終身刑となる禁固63年間を言い渡しました。

You are hearing this; Timothy Geithner, Secretary of the Treasury of the United States, has been taken into custody, has been tried by our High Courts, and has been convicted and has been sentenced for his crimes against the people of the United States who he was sworn to serve, but instead chose to victimize, steal from and manipulate, and push to the brink of financial destitution. This individual, after careful contemplation of his crimes against you, the people, has been sentenced to a maximum life of 63 years, of which time he is to spend in a mortal physical vessel where he will be reeducated and rehabilitated before he is once again permitted to walk freely amongst the people of a free society.

いよいよ、本格的に逮捕劇の幕が切って落とされました。マス塵では口が裂けても言うはずはありませんが。

大量逮捕は、銀行関係から開始されます。何しろ、5京円のインサイダーですからね。UFJ銀行の日本人も2人ロンドンで拘束されてます。

バチカンにもイタリア警察が入りましたし、人類を食い物にしてきたカバールにとっては生きた心地がしない毎日を送っていることでしょう。

気象兵器による”未だかつて無い”集中豪雨と、ほんのわずかな人工地震ぐらいしか起こせなくなっていると見るべきです。もうしばらくすれば、ケムトレイルもまけなくなるでしょう。


|

2012年7月12日 (木)

第6回ヒーリング能力養成 初級講座 in 横浜 最後の講座です。

第6回 ヒーリング能力養成 初級講座 in 横浜 参加者募集

日時  7月22日(日) 午後1:30~5:00

会場  JR横浜線 大口駅(各駅停車のみ)から会場まで送迎いたします。

     集合時間   大口駅東口 午後 1:15  出発 1:20 

内容  第1回目のおさらいから始めて、実際の治療と炭酸水、ビールの炭酸抜き。
     飲めなくなるほど抜けてしまう前に、講座の最後を締めくくり、乾杯をしましょう。  

     各種症例に対する治療方法。

     意念エネルギーで治癒を視覚化することにより治療する。

     血圧、脈拍のコントロール法。

     瞑想(精神統一)の実際。いらいら、ストレスからの解放のための技術。

      (潜在能力の発現、自分自身との邂逅、指導霊とのコンタクト、など。)

     頭頂から取り入れたエネルギーを、松果体に集め、心臓チャクラに降ろして、

     丹田からのエネルギーと融合させる。

     我が国における、宇宙情報提供者と最も有力な翻訳者が、立て続けに女性チャネラーに翻弄され、ヒーラーを自称する男性にも惑わされている実態が明らかとなり、さらに別の翻訳能力のある女性の直感力のなさが、”トンデモ”の世界の人を絶賛するなど、このまま行けば宇宙人達の援助も受けられそうにない情況をもたらしかねないと思い、これらの方々がなぜ陥ってしまったのか、気付く可能性があるのか、ということを説明いたします。

     食品添加物についてのご質問がありましたので、お答えします。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »