« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の2件の記事

2012年11月 6日 (火)

11月25日(日) 第3回ヒーラー養成中級講座が開かれます。

時間等は、前回の講座と同じです。

内容は、前回までのおさらいと、眉間チャクラの活性化、視覚化、さらに実際の治療です。

松果体への光の取り入れと、ハートチャクラでの増幅及び放射は、オーラをますます大きく明るくでき、自分自身のためだけでなく、回りの方々へも良いエネルギーを与え、地球進化の強力な力となります。
今回の講座では、意志の力がどのように肉体に働くか、ということの確認ができるようになり、脈拍や血圧の変化を起こすことが可能になります。血圧計がありますからすぐにわかります。

あらゆる恐怖は、すべて、支配者により巧妙に作られた幻想、妄想です。これがなければ監獄惑星になってはいません。貴方自身が変わることにより回りも変えられます。
戦争や飢餓や悲惨はすべて、恐怖により、利己主義が肉体本能と結びついた結果作られたものです。
無条件の愛=光だけがそれらを克服できる決め手となります。
ハートチャクラが発する光は文字通り心のエネルギーであり愛そのものです。

今、さらなる宇宙的な援助の光が地球進化のために注がれています。銀河の中心太陽から発せられた青紫の光と、あらゆる星座からの進化した宇宙人達の物神両面の援助が為されています。

12月21日の冬至には我々自身の手で覚醒を成し遂げなくてはなりません。地球人が最後はやり遂げなけばならないのです。

前回講座の新たな内容

相手(被験者)の心臓チャクラに中指を着け、観察者は自分の眉間チャクラに意識を集中させ、相手の心臓チャクラの中を観る実験をしました。

トンネルが続き、奥に金に近い黄色の光があることがわかりました。相手の発するエネルギーに違いがあるため人によって色や質が違い、さらに、相手が発光状態になると、中の光が格段と明るくなることがわかりました。

さらに、相手の背中の心臓チャクラに、後ろから別の人が治療光線を注いだところ、観察者がのけぞるほどの強力な光が相手の心臓チャクラ=トンネル開口部から放射されたのです。オーラの大きさにも連動していました。

このことは、集団瞑想による祈りや、善なる力の一斉発動が如何に大きな力を生み出すのかということを示しています。

トンネルの中に影の部分があったり蜘蛛の巣状のものがあったりと、被験者によって違いがありますので観察者の想像で言っているのではありません。

さらに新たな発見がありました。

オーラは、通常背景が白っぽいところで見ることで、頭や体全体の霧状の覆いのように見えるのですが、たまたま黒い背景で見たものが通常のオーラとは違って見えたのです。

一言で言いますと、西洋の宗教画に時として見受けられる、頭の上のリング状のものに近いものが見えたのです。オーラを見ることができない者により描かれたものだと思っていましたが、そうとも云えないことが判明しました。

観察者により、若干違いますが、頭を覆っているのではなく、頭の上部に3センチほどの空間があり、その上に帯状になっているのです。別の人は、餃子を横に延ばした形をを捉えました。今後さらにわかってくるのだと思います。

ヒーリング光線の質と力は、治療家自身の力で発動し、治療家自身の魂の進化と同調しています。そのレベルに呼応した指導霊が関与することでさらに進化していきます。

ヒーリングで使う青紫の治療光線が地球進化の為の宇宙からの光の援助を受けてさらに強力になることは明らかです。

その力を待っているのは、皆さんの回りの方々や、動植物
ばかりではないのです。
地球自身の進化のために大いに役立つのです。日々研鑽。

|

時空回廊 2012 

Imgp1448_2

いよいよ、予告通り、オバマが大統領に再選されます。

すでにサンディ(サンドマン=砂男)として実行されたオクトーバーサプライズにより”三年寝た郞”を脅かして醒めさせたことにより、あらゆる事象が急速に進化させられ、直線時間による段階的な現れが、時空連続体としてますます、今すべてが同時的に起こっているという体験ができるようになってきました。

11月11日のさらなる光のシャワーは、いよいよ私たちを覚醒させるべく、すべての肉体と、魂をより精妙な存在に変えていきます。

このトンネルの向こうは、来るべき光の世界です。

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »