« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の3件の記事

2013年6月16日 (日)

6月23日(日) 第3回治療家養成上級講座が開催されます。

時間等は前回と同じです。

内容

前回の講座で、眉間のチャクラを視覚的に捉えることが出来ない方のために、神聖幾何学模様を、強制的に観る方法をお伝えし、体験していただきました。

この方法は、すでに世に知られている図形の暗示や、想像で作るのではなく、宇宙の無尽蔵の光のパターンを無の状態から私たち自身で誰でも独力で体験できる方法です。

同じものがありませんから、いつも新たな驚きとなり、瞑想した状態にもかかわらず、光である自分自身と繋がることが出来るようになります。

画題に事欠かないと云っている抽象画家は、この方法を知っている可能性があります。

今回もここから入り、実際の治療で応用していきます。

スピリチュアルヒーリングは、霊的な力を使った治療ですので、強力な光を自ら発現させなくては指導霊と繋がりません。

光の量と光度と強さが試される治療となりますので、どれだけ精神を統一させ、指導霊の援助を仰げるか、ということにかかっているのです。

前回、生徒で頭に違和感を感じていました女性がおりまして、首を前に傾けていただき、全員で確認したところ、頸椎の5番だけが1センチも左にずれていたのです。

早速男性生徒に、10分間治療していただいたところ、一切の力を加えることなく、まっすぐに治すが出来ました。これには生徒全員大声を上げるほどビックリしてしまいました。

力で強制していないにもかかわらず、なぜ真っ直ぐに治ったのか、ということが解らないと思います。

実は治療を受けた方の脳に、元通りの正常位置に戻すという命令が出せるようなエネルギーを送り込んだ、というわけです。医療その他の治療では考えられないことでしょう。

当然ずれが原因であった頭の違和感はなくなり、頭痛、肩こり等も治っていると思われます。

”思いは実現する”事を目の前で実証した形です。

治療者に治す意志がなければ治るはずがありません。

少なくとも治療者の中では、治療者が命題として持っている”治すんだ”という揺るきない決意があり、それに見合った指導霊達の援助があったとみて間違いありません。

今回、如何に指導霊との協力関係を作るかについてのさらに進んだ実際の方法も身につけていただきたいと思います。

気持ち良さを売り物にせず、治すことに徹した本物のヒーリングにとっては、椎間板ヘルニアや、座骨神経痛を治すのはたやすいことなのです。それもその場で改善されるわけですからあらゆる治療を受けて治らなくてやっと私の所にたどり着いた方々の驚きと喜びはたとえようがありません。

また、最近とみに増えている”鬱”を治すには薬では無理です。薬は化学物質です。元気がなくなった人に飲ませて元気になるはずがありません。

麻薬、覚醒剤は元気になりますが、反作用はその何倍も遅れてやってきますので地獄への階段を転げ落ちてしまいます。

薬はこれに近いものだということが意図的に隠されていますので、常習すると大変なことになるのです。心療内科、精神科は白衣をまとった”麻薬”の公認業者ですので、その実態も明らかにしていきます。

やらねばならないことがありすぎて、3時間の講座時間が瞬間的に感じることと思いますが、次元上昇していますので時間が早く進むようになっており、私の講義内容があるから時間の経つのが早い、というわけではなさそうですが。嫌な会議は長いですから、、、。

|

2013年6月 7日 (金)

またしてもやる気のない役者達の写真がすべてを語ります。

上の写真は、最近のフィラデルフィアのビル倒壊事件のものですが、消防士の役者も、怪我をして運ばれているはずの怪我人の役者も、全く、本来の恐怖を煽る役目で雇われたんだという意図がわかってないのか、何でもいいからやってくれと頼まれたのかは判りませんが、数人の死者が出たとされる事故の割には、緊張感もないし、ポーズを取っちゃってるし、、、。

下の写真は、オクラホマホログラム人工大竜巻での被災家族の役をやった役者さんたちですがですが、全く怪我をしている様子はありませんし、子どもは遊んでるし、血のりはそれ用のものだし、、、。
http://i2.cdn.turner.com/cnn/dam/assets/130521155230-one-time-use---ap-oklahoma-city-school-story-top.jpg

|

2013年6月 3日 (月)

6月8日(土) 第3回 治療能力養成 初級講座in三島が開催されます。

時間は午後1:30~3:30、毎月第2土曜日定例です。

内容は、横浜での講座内容に沿って行われます。

神聖幾何学をご自身で体験できる技術指導も致します。

オーラを明るくする方法とその変化を目視出来る訓練を行います。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »