« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の12件の記事

2013年12月29日 (日)

いよいよ人類解放の最初のドミノが倒される。

セント・ジャーメイン(サンジェルマン伯爵)

12月23日はFED(米国連邦準備銀行)の終了の日だった。IRS(米国国内歳入庁)も終了した。FEDはロスチャイルドの私的銀行で、米国政府にかしだされ、ロスチャイルドに利益が支払われた。なぜ米国が私的銀行からお金借りなければならないのか、理解に苦しむところである。戦争に関わる支出は全てがFED、ロスチャイルドからの借金でまかなわれた。ロスチャイルドは戦争の両当事者に貸し出しをし、天文学的な利益を得ていた。 米国はこのくさりから抜け出した。この法律は期限切れになった。FEDIRSは、解消された。IRSは 資金を集め、政府にではなく、ロスチャイルドに貢いでいたのだ。議員たちは買収されて、ロスチャイルドのための法律を通過させていた。世界中でこれに影響 されていなかった国は少なかった。この不法なお金の流れは止められた。このシステムは停止されなければならなかった。恐怖という宣伝がおこなわれていた。 この偽の政府は真のものに置き換えられ、本当の憲法に基づくものになる。国境の通過は自由になる。外国人が入ってきても失業のおそれは無くなる。暮らしは まったく新しいものになる。犯罪は無くなる。豊穣資金の結果人々の意識は向上する。これが実現するのは、間もなくだ。これに旨く備えられるようにこのこと を今あなた方に伝えている。暮らしはおそれの対象ではなく、愛の対象になる。不信と疑念に閉じ込めようとする宣伝は無くなる。これはおそれから愛への完全 な推移である。あなた方は真の歴史を学ぶだろう。寿命は無限になり、あらゆる時の事象を同時に知られるようになる。暮らしは実に素晴らしい冒険なのだ。過 去を振り返ってみると、非常に奇妙なかんじ、だが、なんと素晴らしい時だったことが分かるだろう。私たちが大いなる善のためにあなた方を守っていたことが 分かるだろう。

ゾラヤ

RV(世界通貨の評価替え)はカウントダウン中。ディナールに投資した人達の待ちは終わって結実の段階になった。妨害にも関わらず、RVはおそらくは月曜日に行われるであろう。妨害を起こした者は逮捕の対象になっている。銀河連合が計画している新しい統治体は、新年の数週間以内に起こされる。新通貨システムが施行され、旧ドルは回収され、廃棄される。FRB設置法は2013年12月23日に有効期限が切れて無効になり、更新されないと宣言された。新しい通貨の発行はUST(米国財務省)が行うが、USTに よる新ドルが印刷され発行寸前で銀行への配布準備が完了している。しかしながらこれに対する妨害も行われようとしているが、これを行おうとしている者たち が逮捕されつつあるので、妨害は起きないだろう。新統治体が代わって行政を行う。ドミノの最初のパイは、世界的な通貨のRVである。ドミノは急速に次々に倒れて行くだろう。今まで政府によって収奪されていたお金は民衆に還元される。

ゾラ

世界は劇的な変化に直面している。戒厳令のような暴虐要素はなくなった。暴虐は終わった。FEMAキャンプは、今逮捕され、これから逮捕される者たちのために用いられるであろう。世界通貨のRVが おきるが、これは日本、ドイツ、オーストリアなどで始まるが、これについての話し合いが今進行中である。これは人々を幸せにする。人々は喜びに溢れるであ ろう。ライトワーカーはもはや苦役は必要なく、喜びと調和の働き、暮らし内に暮らせるようになる。これが今変わろうとしている。喜びが世界的に溢れるよう になる。病院に入院、通院する人が激減する。心と体のヒーリングが行われる。2014年は喜びの年。あなた方は人々の目覚めのために働くようになる。あな た方は人々の導師になる。RVが行われるようになると大勢の導師が表面地球に出現する。出現の仕方は様々で予期しない方法である。多くの導師はすでに地球上に現れていて、デスクロージャーの前後を問わないが、米国ではまだである。デスクロージャーのあとでは、ゾラヤやクエイサーは内部地球に戻る。

セント・ジャーメイン

仕事が忙しく休む暇がない。RVに忙しい。RVが起きる日時は言えない。犯罪者の逮捕にも忙しい。投資に対する資金供給を急がせている。今までは複雑で、抵抗する者に事情を聴かせたくなかったが、米国でのRVは自分のポケットを満たすために初めは高いレートだった。今はこれらの者を識別をする技術を開発した。悪い者たちは死亡した者、ペット、親戚、友人の名前で口座を開設し、二重、三重に儲けようとしたた。これらの者の識別に時間がかかった。FEMAキャンプは米国市民を収容する目的だったが、これは、悪いことをしたものとその家族を収容するためのものになっている。RVは起こるようになっている。悪い者にはRV資金は手渡されず、そのような試みをした者は逮捕、収監されるであろう。これが確実になったので、このような発表をする次第である。

(GFLサービスより)   

|

2013年12月26日 (木)

なぜか笑いが止まりません。

部隊の中で幻聴で暴れる人が出たので、部隊長が精神病院に連れていきました。看護婦さんが「どちらが患者さんですか。」と言うので、その人は「このひとで す。」と部隊長を指差すので「自分じゃない」と必死に訴える部隊長は屈強な看護士に連れていかれ、ベッドに縛り付けられ点滴を打たれ、本人は帰って「部隊 長は点滴を受けています」と報告したそうな。

これはある日記からの引用ですが、どういうわけか途中で本気で笑ってしまい、最後まで読むことが出来ません。なぜなのでしょうか。考えてみてください。

|

2013年12月21日 (土)

バターライスって知っていますか。

">

|

2013年12月18日 (水)

アセンションとは何か。

魂の刻印と人生の目的

大天使ウリエル

Jennifer Hoffman  2013-12-16

人生の目的は、最もシンプルでパワフルな力、源のユニークなエネルギーの性質を肉体に もたらすことです。それぞれの魂は源そのものと個々のエネルギーの両方の特徴を併せ持っています。地球に生まれてその光をもたらす時は、その反対のエネル ギー、癒やされていないエネルギー、完全にバランスの取れるエネルギーを持ってこようとします。人生は乱れたエネルギーのバランスを取るためです。人生の 目的は魂のエネルギーを表せる器を創り上げることです。魂は器を通して表れます。

地球が分離分断の世界である間、魂の目的は癒やすことが目的です。調和した状態になり 源と結びつくことが魂の目的です。アセンションの目的は肉体のエネルギーを上昇させて光の中に進むことです。光に進むには、自主的に上昇しようとする意志 と魂の刻印(特徴・個性)が必要です。

アセンションは魂が癒しの機会をもたらす時に自由意志で応じることです。そして降下 は、魂のエネルギーが地球次元に結びつく時に起こります。このアセンションのプロセスでバランスが取れると、アセンションを遂げる際に必要な癒やしと源と の再結合が起こります。やがてアセンションは完了し、魂が癒やされる目的が終了します。その目的が達成されると、次元がシフトします。その時地球は最早3 次元ではありません。そのプロセスが今起きており、すべての人ではありませんが、多くの人が完了に向けて進んでいます。

アセンション、魂のヒーリング、源と再び結びついて一体になる道を選ばない人であって も自分の役目を果たしています。多くの人が他の人から離れ、分離する見本として役に立っています。すべては聖なる計画の中にあり、授けられた目的を遂行し ています。源と結びつく目的に役に立たないものは一切ありません。

魂がなければ人生に目的はありません。癒していく道がなければ、この時に魂が地球にい る機会も理由もありません。これまで地球と人類が癒やしの道程を終えていないので、魂が高次のエネルギーを発揮することは不可能でした。またその必要もあ りませんでした。魂が乱れ、トラウマや痛み、恐れを抱えていたので、魂のエネルギーはバランスを欠く乱れたエネルギーに囚われていました。地球は完全に源 から切り離れ始めたのですが、数多くの人生を送る中でゆっくりと繋がり始めています。だから皆さんは数多くの人生をかけて癒やさなければなりませんでし た。そして今や、素晴らしく調和して、魂の持つエネルギーの特徴を発揮する可能性や選択肢が生まれています

多くの癒やしが達成され3次元のエネルギーは終わろうとしている今、魂の刻印を表す新 たな可能性が開けています。これまでの人生にはない何か違ったことをしたい、別の自分、人生を生きたい、新しい能力を発揮したい、喜びや平和を求めたい、 愛はエネルギーであること、しかも無条件であることを知りたいという願いなどとして、その可能性を感じていきます。魂にとってそれは新しい可能性で、自動 的に魂の癒しに繋がるわけではありませんが、もっと自由に自分自身を発揮できる機会がやって来ています。新たな夢を感じ始める時は、そこに進む許可を自分 に与えてください。今まで気づかなかった魂の特徴を知り、他の人たちと分かち合っていく行くことができます

(Lightworkermikeより引用)

|

2013年12月16日 (月)

12月22日(日)第9回治療家養成上級講座in三島 が開催されます。

時間  午後1:30~4:30 (その後7:00まで、希望者による懇親忘年会 カラオケ付き)   

内容
     瞑想時の眉間のチャクラの観想(自己および他者に対する)

     ハートチャクラの観想
     
     次元上昇の到達点と今後の方向と時期     

     視覚化瞑想の実際と治療における応用

     治療光線の収斂技法と、実際の相互治療


     個人の治療能力確認と来年の目標

|

何を血迷ってるのか。滅茶苦茶ケムトレイルin三島

Imgp5734 Imgp5727 Imgp5724Imgp5723_2 Imgp5721 Imgp5713 Imgp5709

本日のケムトレイルは異常でした。

昨日の深夜から、富士山の横をかすめて駿河湾に抜けるお決まりのコースを何十回も播いた模様です。橫田基地からのものと、通常の羽田からの旅客機の3本の内の中央の1本の普段使われないタンクに装填された化学薬品、金属の微粉が撒かれます。

HARRPとの組み合わせで深度10Kmの地震と富士山噴火を狙っているからです。

今年はインフルエンザウイルスを播く閑がないくらい焦っているようです。ですから今年の冬はインフルエンザは流行りません。

名古屋方面からの逆コースで播くほどの焦り様でしたし。

通りがかりの中学生が、他の友だちにケムトレイルだ、と大声で教えていましたので、飛行機雲ではない兵器が使われていることが、徐々に知られ、暴かれていってます。

アルミの微粉を播くと、金属臭がするので判ります。鼻の調子も悪くなります。

この夏は米国でリチウムも播かれました。

|

2013年12月14日 (土)

”ゆかりの作家たち”展に出品しています。

Imgp5599 Imgp5609 Imgp5622 Imgp5620 Imgp5618 Imgp5612 Imgp5625 

”沙華(しゃげ) M15

第5回 ”ゆかりの作家たち展”(三島パサディナ美術館)に出品しています。 

2013年12月8日(日)~12月22日(日) 午前10:00~午後5:00 金曜休館

出品作家 56名 1点ずつ。   最終日は午後3時まで。入館料300円 

 


|

2013年12月 9日 (月)

抗がん剤は、毒ガスが原料ですから人間死んで当たり前です。

">

|

精神薬の処方の仕組みは何の科学的根拠もありません。

">

日本では、20年間で医者が3倍に増えたら、病人が4倍になったという事実があります。
製薬産業と医者が病人を食い物にしてきた実態を示していますが、中でも精神科、心療内科における彼らの悪魔的な実態は深刻なものです。
まず、彼らは、病気が薬によって治るなどとは微塵も考えていないのです。
この映像は、6部まで続きますが、なぜ医者が平気で薬を処方できるのか、という根源的な実態から社会の統治の仕組みまでが恐ろしいほどわかるでしょう。

|

2013年12月 8日 (日)

バチカンの表の顔が判ります。

">

|

2013年12月 4日 (水)

12月10日(火)第9回治療能力養成初級講座が開催されます。

時間   午前  9:30~11:00

場所   ギャラリーAct1 (MAXVALU 下土狩店 内)

内容
     

あなた自身の発見、役割、進む道を決めること。そのための瞑想(精神統一)。
      
意志を実現するための視覚化瞑想の実際。

ヒーリングで病を治すことが文字通り、視覚化瞑想の実現です。

頭だけのマインドではなく、ハートの中にどれだけ深く入ることが出来るのか。      
    

生き方の質が、即、治療力に現われていると思って下さい。

今年はテレビ、マスコミはどういうわけかインフルエンザの恐怖を煽りません。

どうしてなのでしょうか。講座までに考えておいて下さい。

血圧が意識的に変えられる事を生徒の皆さんに実証していただきます。

出来ないと思っているあなたは自分自身の力を知らないだけです。

オーラ確認、オーラを明るく厚くする方法と合わせて体験できます。

     
初級講座のモニターとして飛び込みで治療を受けることが出来ます。

治った場合のみ1000円お支払いいただきます。

治療対象  あらゆる痛み、痛くて腕が上がらない、頭痛、歯痛 その他。


お申し込み、お問い合わせは、TEL 055-988-6448 まで。

      

      

|

2013年12月 3日 (火)

福岡正信を知っていますか。

  ">

自然に生きる、とは何か。人類生き残りの唯一の方法を説いた現代の老子。

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »