« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の18件の記事

2014年5月30日 (金)

信念だけが宇宙法則を発動させる。

人というのは経験したくない現実が現実化するのでは、という事に関して強い信念を抱くのがとても得意のようです。

その逆に本当に現実にしたい事 は全て何でも創造する事ができるというご自分の真の能力に対する信念の真髄を習得されている方は少ないように思えます。

今まさに多くの方々がこの点を習得している最中なので す。

今年 は相当の信念が必要になるとお伝えしましたね。

そして全てはなるようになると信じる事が要求されると。このメッセージはご自分の希望をかなえようと一生懸 命頑張ったのに、もうそれは実現しないのではないかと疑いを持ち始めたり、絶望しているような方々に特にお伝えしたいメッセージとなっています。

私たちは 全ての望みは失われていないという事と、物事の本質はその見た目とは大いに違うものだという事を確信していただくために今ここにいます。

もちろん中にはこの厳しい時期をうまく切り抜け、全なる もののシンクロをご自分の中に再び受け入れ、宇宙が自分の夢や希望をどのように実現してくれるのかと興味深々に見守る事ができている方もいます。とはいえ 今の段階では大多数の方はそうでは無く、むしろ次から次へと浮上してくるように思える“問題”の解決策を探るのに疲れ果て、辟易している人の方が多いので はないでしょうか。

今年は夢を実現しなければならないと感じている方々にとっては辛く感じる一年です。何故なら、思いとは裏腹に全てが崩壊に向かっているように見えるからです。

あなたの世界は崩壊に向かっているのではありません、全てが収まるべきところに収まりつつあるのです。

私たちは皆さんに目に見えている現実に気落ちする事な く、ご自分が本当に実現したいと願う事のみに集中してくださいという事をお知らせに来ています。

落ち着いて、集中すると物事がどのように展開していくのか が広い視野で見えてきます。しかし、低次元のゲームに翻弄される事を選んでしまうと同時並行的に展開されている様々な現実が見えなくなります。

この点が、 今の皆さんの経験における最も大変な部分でありますが、ここを乗り越えた時の報酬は大きいです。

多くの方は夢や希望の断片が実現しつつあるのに気が付き 始めています。

あなたが時たま襲われるストレスや不安や恐れというのは“今”の瞬間を生きていれば感じなかった であろうという事を。

あなたの問題を引き寄せたのと同じ周波数で、その問題の解決策を引き寄せる事はできません。

低次元を経験したいと望んだ方々にとっての最も過酷な課題に今みなさんが取り組んでいる最中であ るという事です。

どの様な状況下でも自分の望みは実 現できるのだという揺ぎ無き信念を保つ事をマスターできればあなたはいわゆる“創造の真骨頂”をマスターしたといえるでしょう。

どんなに不利な状況に見え てもあなたが信念を持って信じる事ができれば、あなたに創造・実現できないものはないのです。

ご自分の望みを創造する為に信念を保つ秘訣というのは、信念を持っていれば何もコントロールする必要は無く、ただありのままに任せるだけでいいのです。

信念を持つという事に、何かをコント ロールする力は必要なく;むしろその逆で一歩下がって見守るという姿勢が要求されます。

何もかもがめちゃくちゃになっているように見えていたのに、結局は 全て丸く収まり“結果オーライ”になったという事を、もう多くの方が既に経験してるでしょう。ですから、どうか一歩下がって宇宙にその仕事をさせてくださ い、そうすると抵抗の少ない道が出来上がっていきますから。

助けが必要な時はいつでも呼んでください、私たちは喜んであらゆる方法を用いてあなたを助けます。

愛と光を持って、私たちはあなたのエンジェリックガイドです。

(GFLサービスより部分的に引用させていただきました。)

私のところに治療に来られる方の中に、今年に入ってから奇跡的なことが連続的に起っている方々が何人もおられます。

ある方は、宇宙情報を学びつつ、定期的な墓参りに伴うご先祖達との感謝交流を行ってきた方で、予想をはるかに超えたすばらしい援助がもたらせられたり、ヒーリングを行うときに治療霊に対する援助の要請をごく当たり前のように行うことで信じられないような効果を上げている方もおります。 

指導霊や指導天使は求めに応じて援助することになっています。 

彼等にとっても、私たちが、霊的真理、宇宙法則に沿った意識的な生活をすることで思いが実現できることを示したくてうずうずしているのですから、さらなる援助をしてくれることになるのです。 

思いの実現とは何のことかといいますと、一種の物質化現象を起こしたことなのです。 

これはどこにでもいる普通人が医者と薬が全く及ばない治療効果を実現できると云うことで日々実証されています。 

治療霊が治療家を通して治すのが本物のヒーリングですから病気を治した普通人がすごいわけではない、という謙虚さがさらなる指導霊の援助を受けることに繋がるのです。

|

2014年5月29日 (木)

本物の心霊写真。

  Imgp4971 Imgp4972Imgp4976フラッシュ撮影した後はシャッターが押せなくなり、レンズが出たままになってしまいました。その後5分ほどで正常に復活しました。

026 024 048_3

江戸時代の処刑場跡に建った家の外観と、家の中の凶悪霊の光跡。家の中の写真は、私への昇霊依頼者自らが撮影したものですが、これだけはっきり写ったものは史上初公開でしょう。普通の安いデジカメでAUTOフラッシュ撮影です。

空間を歪める力が働いています。これらの写真は、手ぶれではありません。

あらゆる生物のエネルギーを吸い、そこに住んだ人間を病気や、苦悩におとしめます。

この家もそうでしたが、植え込みの生け垣が部分的に枯れてしまっている家は時々見ることがありますが、いくら水や肥料をやっても全く生き返らないのです。

もしもこのような家にお住まいの方は、ご相談下さい。私が支援することですぐに植物が復活しますので驚かれると思います。植物、特にツツジは霊的な反応が最も顕著です。

|

2014年5月27日 (火)

HANDS(ハンズ)展 vol.4 「顔」 (ギャラリー E・SPACE)に出品しています。

Imgp6426 Imgp6425 Imgp6423Imgp6424Imgp6435_3

沼津の”アーケード名店街”  ギャラリー E・SPASEにて、HANDS展vol.4 「顔」に出品。

2014年5月17日(土)~6月1日(日) 木、金、土。日のみ。
11:00~18:00(最終日は17:00まで、その後、懇親会)

SM(サムホール)というはがき2枚分よりも少し大きいキャンバスのみで、約45点ほどが展示されています。

|

第4回富士山展(三島パサディナ美術館)に出品しています。

Dsc_1218_3   Dsc_1222_2 Dsc_1223    Dsc_1216_2Dsc_1221      Dsc_1220 Dsc_1217_2 Dsc_1219

2014年5月25(日)~6月8日(日)

10:00~17:00(最終日は15:00)   金曜日休館 

入館料  300 円

33人の静岡県東部の作家が出品しています。

|

2014年5月26日 (月)

鼻血の原因は、自然に存在しない人工金属。

被ばく者が語る「鼻血の事実と原因」について ふくいち事故の原因物質が ネイチャーの電子版で世界中に昨年8月30日から広まっていますが 日本では一切報じられません。 そればかりか、「学者」も一斉に口を閉ざしています。  つくば市において気象庁研究所員が発見した「ホットパーティクル」の成分は セシウムはたった5%に過ぎずさまざまな金属の「合金」だったのです。  その大きさも1ミクロン前後と花粉マスクも役に立ちません。 この原因物質は、天然には存在しない「合金」ということと 中国のPM2,5と同じ大きさに属しており「未知の物質」として体内での挙動や影響調査を早急に行わなければならないのに、マスコミや行政が国民に知らせないのです。 「ネイチャー」と言えば 小保方さんのSTAP細胞論文はあれほど報道されたのに、ふくいちの原因物質は広島、長崎と同じ「死の灰」でありその顕微鏡写真と成分がわかったのに、、です。 結論を急ぐ前に、なぜこれほど理不尽な事が、あからさまに起きているかの 不幸の原因を紹介します。  とりあえずは全体を聴いてみてください↓ http://www.youtube.com/watch?v=N9Jb3pA7jCc さて、上記解説は次の機会にしまして いよいよ、「鼻血」と放射能雲=プルームと地獄玉=ホットパーティクルの関係を推察します。 http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/870.html 鼻血を出したことのない私の長男小4(当時)も鼻血がでましたし、 周辺では数多く体験していることです。  報道されていない事実をひとつ言いますと 「金属の味がした。」「鉄をなめたような」という鼻ではなく口の味覚の証言も複数あります。 私の集落では当時30μSV超の針振りきれの計測結果があります。 放射能雲に包まれていたのではないでしょうか。 そんな中、 3月11日の巨大地震後、屋根瓦のずれを直そうと一家の主たちが、 屋根に上って数日瓦を直していました。  中には屋根の上で 原発から白い煙が上がったのを見た、とか爆発音を聴いたという証言があります。 作業中に何とはなしに顔を手で拭ってみたら 大量の鼻血に気付いた 我に返って足元を見たら 水のような下痢をしていた、、との証言もあります。 まずは、行政は現地での体調変化を調査しなければなりません。 ______________________________________ さて、これからが本題。 上記グラフ, これでプルームは気体としてキセノンやヨウ素がガス体としての 雲の母体であり、その中に「粒」としてホットパーティクルが浮いている。 ということは科学の常識であり 知らされないのは国民であるということ。 「気体」と「粒」を意識してください。 鼻出血の80%はこの部位で起こる。 風邪や慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があるとキーゼルバッハ部位が びらんを起こして出血し易くなります。 御用学者は500ミリSVを全身で浴びないと鼻血などでないという。 まったくの詭弁、的はずし。 鼻の毛細血管が集まるキーゼルバッハ部位が鼻血の80%起こる場所。 「鼻血」はびらん」=「ただれ」が化学的に行われた場合なのだ。 放射線が突き抜けても直接血は出ない。 (もしそんなことがあったら私は始終血だらけで血がいくらあっても足りない。) では何により「ただれ」れたか?  本来そこから出発しなければならないが、医者も同調圧力で 固まってしまった。 「砕氷船」の私に付き合ってください。素人ながら、精一杯、考察します。 http://www.kameyama-cl.com/column/allergy-rhinitis.html こちらは花粉などの物質が炎症を起こす解説。 でも、鼻血は出ない。 化学的にびらんさせる=ただれさせる=酸が必要。 酸はこれ↓ 放射性プルーム(キセノンやヨウ素ガスにホットパーティクルが浮いた状態)の 包まれ運ばれたホットパーティクル=合金粒は強い酸性を示すのではないだろうか? 酸化を防ぐようにガスで包まれ運ばれたホットパーティクルは 口で吸気されたときに 瞬間的に唾液と混ざり、「金属の味」を感じさせ、 鼻で吸気されたときに美鼻腔内にとどまった合金パーティクルが 還元ガスがなくなったことにより、急速に酸化し、一瞬、酸が皮膚について様に 毛細血管をただれさせたのではないか?  たとえれば、鉄の繊維タワシ=スチールウールに火をつけると 勢いよく全体が燃えたという実験。 非常に強い金属と酸素の結びつき=酸化が、表面が酸化物でコーティングされていない パーティクルが血管のたんぱく質を溶かして酸素を奪った 事がびらんになり 「ふくいち事故」の鼻血問題の原理ではないかと 私は推測する。 たとえ、この合金に酸化皮膜ができていたとしても https://www.youtube.com/watch?v=8PPsQojK94Q 動画の一番最後のセシウムは水分との強い反応性を持つ。 『・・・セシウムに至っては容器が割れてしまうほど激しい。』 水分のある粘膜にただれを起こすのではないか? 高校の化学の教員は理屈はわかっているのではないか? いずれにせよ、子供を助けるためには、原因物質「死の灰」の性質を調べることを抜きには語れないので そのためにも「ホットパーティクル」の存在を世に出さなければならない! まずは、脱原発を訴えながら「原因物質」を隠蔽しているようでは 「人殺し」に匹敵する罪がある。 *************** イオン化傾向など忘れてしまったという人のために http://www.kagaku21.net/QA50/kaisetsu/kai2-1.html セシウムはカリウムに近い。 錆びやすいということは反応が急激で熱を生じ、果ては爆発するほどの酸化反応がある=物理的に皮膚にダメージを与える。 さらにご参考に https://www.youtube.com/watch?v=5Ll5tstc9yk https://www.youtube.com/watch?v=48SqAsKSNWU 【生命史上最悪の地獄玉】 ホットパーティクルという「死の灰」は 1ミリの1000分の1という、ミクロンサイズで 放射線もさることながら 「原子炉でできた未知の合金粒子」 水との反応、人体の粘膜との反応は必ず調べなければならない。 あ、そうか。調査済みで隠ぺい中でしたか・・・。 国民が知ることが国民の命を守ることです。 大きな偽装圧力を覆すために まずはまともな科学者に 「ホットパーティクル」の存在を伝えましょう! ******************* ネイチャー論文全文和訳 http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2014/05/nature.html [最重要『大本営解体!癌治療第一人者によって解明される!甲状腺癌は内部被曝が原因!』全国大拡散!!] http://mak55.exblog.jp/20746645/

被ばく者が語る「鼻血の事実と原因」について

ふくいち事故の原因物質が
ネイチャーの電子版で世界中に昨年8月30日から広まっていますが
日本では一切報じられません。

そればかりか、「学者」も一斉に口を閉ざしています。

 つくば市において気象庁研究所員が発見した「ホットパーティクル」の成分は
セシウムはたった5%に過ぎずさまざまな金属の「合金」だったのです。
 その大きさも1ミクロン前後と花粉マスクも役に立ちません。
この原因物質は、天然には存在しない「合金」ということと
中国のPM2,5と同じ大きさに属しており「未知の物質」として体内での挙動や影響調査を早急に行わなければならないのに、マスコミや行政が国民に知らせないのです。

「ネイチャー」と言えば
小保方さんのSTAP細胞論文はあれほど報道されたのに、ふくいちの原因物質は広島、長崎と同じ「死の灰」でありその顕微鏡写真と成分がわかったのに、、です。

結論を急ぐ前に、なぜこれほど理不尽な事が、あからさまに起きているかの
不幸の原因を紹介します。
 とりあえずは全体を聴いてみてください↓

http://www.youtube.com/watch?v=N9Jb3pA7jCc

さて、上記解説は次の機会にしまして
いよいよ、「鼻血」と放射能雲=プルームと地獄玉=ホットパーティクルの関係を推察します。

http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/870.html
鼻血を出したことのない私の長男小4(当時)も鼻血がでましたし、
周辺では数多く体験していることです。

 報道されていない事実をひとつ言いますと
「金属の味がした。」「鉄をなめたような」という鼻ではなく口の味覚の証言も複数あります。

私の集落では当時30μSV超の針振りきれの計測結果があります。
放射能雲に包まれていたのではないでしょうか。

そんな中、
3月11日の巨大地震後、屋根瓦のずれを直そうと一家の主たちが、
屋根に上って数日瓦を直していました。

 中には屋根の上で
原発から白い煙が上がったのを見た、とか爆発音を聴いたという証言があります。

作業中に何とはなしに顔を手で拭ってみたら 大量の鼻血に気付いた 我に返って足元を見たら 水のような下痢をしていた、、との証言もあります。

まずは、行政は現地での体調変化を調査しなければなりません。
______________________________________

さて、これからが本題。

上記グラフ,
これでプルームは気体としてキセノンやヨウ素がガス体としての
雲の母体であり、その中に「粒」としてホットパーティクルが浮いている。
ということは科学の常識であり 知らされないのは国民であるということ。

「気体」と「粒」を意識してください。


鼻出血の80%はこの部位で起こる。

風邪や慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があるとキーゼルバッハ部位が
びらんを起こして出血し易くなります。

御用学者は500ミリSVを全身で浴びないと鼻血などでないという。
まったくの詭弁、的はずし。
鼻の毛細血管が集まるキーゼルバッハ部位が鼻血の80%起こる場所。
「鼻血」はびらん」=「ただれ」が化学的に行われた場合なのだ。
放射線が突き抜けても直接血は出ない。
(もしそんなことがあったら私は始終血だらけで血がいくらあっても足りない。)
では何により「ただれ」れたか?

 本来そこから出発しなければならないが、医者も同調圧力で
固まってしまった。

「砕氷船」の私に付き合ってください。素人ながら、精一杯、考察します。

http://www.kameyama-cl.com/column/allergy-rhinitis.html
こちらは花粉などの物質が炎症を起こす解説。
でも、鼻血は出ない。
化学的にびらんさせる=ただれさせる=酸が必要。

酸はこれ↓


放射性プルーム(キセノンやヨウ素ガスにホットパーティクルが浮いた状態)の
包まれ運ばれたホットパーティクル=合金粒は強い酸性を示すのではないだろうか?
酸化を防ぐようにガスで包まれ運ばれたホットパーティクルは 口で吸気されたときに
瞬間的に唾液と混ざり、「金属の味」を感じさせ、
鼻で吸気されたときに美鼻腔内にとどまった合金パーティクルが
還元ガスがなくなったことにより、急速に酸化し、一瞬、酸が皮膚について様に
毛細血管をただれさせたのではないか?

 たとえれば、鉄の繊維タワシ=スチールウールに火をつけると 勢いよく全体が燃えたという実験。
非常に強い金属と酸素の結びつき=酸化が、表面が酸化物でコーティングされていない
パーティクルが血管のたんぱく質を溶かして酸素を奪った 事がびらんになり
「ふくいち事故」の鼻血問題の原理ではないかと 私は推測する。

たとえ、この合金に酸化皮膜ができていたとしても
https://www.youtube.com/watch?v=8PPsQojK94Q
動画の一番最後のセシウムは水分との強い反応性を持つ。
『・・・セシウムに至っては容器が割れてしまうほど激しい。』
水分のある粘膜にただれを起こすのではないか?

高校の化学の教員は理屈はわかっているのではないか?


いずれにせよ、子供を助けるためには、原因物質「死の灰」の性質を調べることを抜きには語れないので

そのためにも「ホットパーティクル」の存在を世に出さなければならない!

まずは、脱原発を訴えながら「原因物質」を隠蔽しているようでは
「人殺し」に匹敵する罪がある。

***************
イオン化傾向など忘れてしまったという人のために
http://www.kagaku21.net/QA50/kaisetsu/kai2-1.html
セシウムはカリウムに近い。
錆びやすいということは反応が急激で熱を生じ、果ては爆発するほどの酸化反応がある=物理的に皮膚にダメージを与える。

さらにご参考に

https://www.youtube.com/watch?v=5Ll5tstc9yk

https://www.youtube.com/watch?v=48SqAsKSNWU


生命史上最悪の地獄玉】

ホットパーティクルという「死の灰」は
1ミリの1000分の1という、ミクロンサイズで
放射線もさることながら
「原子炉でできた未知の合金粒子」
水との反応、人体の粘膜との反応は必ず調べなければならない。

あ、そうか。調査済みで隠ぺい中でしたか・・・。

国民が知ることが国民の命を守ることです。

大きな偽装圧力を覆すために まずはまともな科学者に
「ホットパーティクル」の存在を伝えましょう!
*******************
ネイチャー論文全文和訳
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2014/05/nature.html

[最重要『大本営解体!癌治療第一人者によって解明される!甲状腺癌は内部被曝が原因!』全国大拡散!!] http://mak55.exblog.jp/20746645/

被ばく者が語る「鼻血の事実と原因」について

ふくいち事故の原因物質が
ネイチャーの電子版で世界中に昨年8月30日から広まっていますが
日本では一切報じられません。

そればかりか、「学者」も一斉に口を閉ざしています。

 つくば市において気象庁研究所員が発見した「ホットパーティクル」の成分は
セシウムはたった5%に過ぎずさまざまな金属の「合金」だったのです。
 その大きさも1ミクロン前後と花粉マスクも役に立ちません。
この原因物質は、天然には存在しない「合金」ということと
中国のPM2,5と同じ大きさに属しており「未知の物質」として体内での挙動や影響調査を早急に行わなければならないのに、マスコミや行政が国民に知らせないのです。

「ネイチャー」と言えば
小保方さんのSTAP細胞論文はあれほど報道されたのに、ふくいちの原因物質は広島、長崎と同じ「死の灰」でありその顕微鏡写真と成分がわかったのに、、です。

結論を急ぐ前に、なぜこれほど理不尽な事が、あからさまに起きているかの
不幸の原因を紹介します。
 とりあえずは全体を聴いてみてください↓

http://www.youtube.com/watch?v=N9Jb3pA7jCc

さて、上記解説は次の機会にしまして
いよいよ、「鼻血」と放射能雲=プルームと地獄玉=ホットパーティクルの関係を推察します。

http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/870.html
鼻血を出したことのない私の長男小4(当時)も鼻血がでましたし、
周辺では数多く体験していることです。

 報道されていない事実をひとつ言いますと
「金属の味がした。」「鉄をなめたような」という鼻ではなく口の味覚の証言も複数あります。

私の集落では当時30μSV超の針振りきれの計測結果があります。
放射能雲に包まれていたのではないでしょうか。

そんな中、
3月11日の巨大地震後、屋根瓦のずれを直そうと一家の主たちが、
屋根に上って数日瓦を直していました。

 中には屋根の上で
原発から白い煙が上がったのを見た、とか爆発音を聴いたという証言があります。

作業中に何とはなしに顔を手で拭ってみたら 大量の鼻血に気付いた 我に返って足元を見たら 水のような下痢をしていた、、との証言もあります。

まずは、行政は現地での体調変化を調査しなければなりません。
______________________________________

さて、これからが本題。

上記グラフ,
これでプルームは気体としてキセノンやヨウ素がガス体としての
雲の母体であり、その中に「粒」としてホットパーティクルが浮いている。
ということは科学の常識であり 知らされないのは国民であるということ。

「気体」と「粒」を意識してください。


鼻出血の80%はこの部位で起こる。

風邪や慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があるとキーゼルバッハ部位が
びらんを起こして出血し易くなります。

御用学者は500ミリSVを全身で浴びないと鼻血などでないという。
まったくの詭弁、的はずし。
鼻の毛細血管が集まるキーゼルバッハ部位が鼻血の80%起こる場所。
「鼻血」はびらん」=「ただれ」が化学的に行われた場合なのだ。
放射線が突き抜けても直接血は出ない。
(もしそんなことがあったら私は始終血だらけで血がいくらあっても足りない。)
では何により「ただれ」れたか?

 本来そこから出発しなければならないが、医者も同調圧力で
固まってしまった。

「砕氷船」の私に付き合ってください。素人ながら、精一杯、考察します。

http://www.kameyama-cl.com/column/allergy-rhinitis.html
こちらは花粉などの物質が炎症を起こす解説。
でも、鼻血は出ない。
化学的にびらんさせる=ただれさせる=酸が必要。

酸はこれ↓


放射性プルーム(キセノンやヨウ素ガスにホットパーティクルが浮いた状態)の
包まれ運ばれたホットパーティクル=合金粒は強い酸性を示すのではないだろうか?
酸化を防ぐようにガスで包まれ運ばれたホットパーティクルは 口で吸気されたときに
瞬間的に唾液と混ざり、「金属の味」を感じさせ、
鼻で吸気されたときに美鼻腔内にとどまった合金パーティクルが
還元ガスがなくなったことにより、急速に酸化し、一瞬、酸が皮膚について様に
毛細血管をただれさせたのではないか?

 たとえれば、鉄の繊維タワシ=スチールウールに火をつけると 勢いよく全体が燃えたという実験。
非常に強い金属と酸素の結びつき=酸化が、表面が酸化物でコーティングされていない
パーティクルが血管のたんぱく質を溶かして酸素を奪った 事がびらんになり
「ふくいち事故」の鼻血問題の原理ではないかと 私は推測する。

たとえ、この合金に酸化皮膜ができていたとしても
https://www.youtube.com/watch?v=8PPsQojK94Q
動画の一番最後のセシウムは水分との強い反応性を持つ。
『・・・セシウムに至っては容器が割れてしまうほど激しい。』
水分のある粘膜にただれを起こすのではないか?

高校の化学の教員は理屈はわかっているのではないか?


いずれにせよ、子供を助けるためには、原因物質「死の灰」の性質を調べることを抜きには語れないので

そのためにも「ホットパーティクル」の存在を世に出さなければならない!

まずは、脱原発を訴えながら「原因物質」を隠蔽しているようでは
「人殺し」に匹敵する罪がある。

***************
イオン化傾向など忘れてしまったという人のために
http://www.kagaku21.net/QA50/kaisetsu/kai2-1.html
セシウムはカリウムに近い。
錆びやすいということは反応が急激で熱を生じ、果ては爆発するほどの酸化反応がある=物理的に皮膚にダメージを与える。

さらにご参考に

https://www.youtube.com/watch?v=5Ll5tstc9yk

https://www.youtube.com/watch?v=48SqAsKSNWU


生命史上最悪の地獄玉】

ホットパーティクルという「死の灰」は
1ミリの1000分の1という、ミクロンサイズで
放射線もさることながら
「原子炉でできた未知の合金粒子」
水との反応、人体の粘膜との反応は必ず調べなければならない。

あ、そうか。調査済みで隠ぺい中でしたか・・・。

国民が知ることが国民の命を守ることです。

大きな偽装圧力を覆すために まずはまともな科学者に
「ホットパーティクル」の存在を伝えましょう!
*******************
ネイチャー論文全文和訳
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2014/05/nature.html

[最重要『大本営解体!癌治療第一人者によって解明される!甲状腺癌は内部被曝が原因!』全国大拡散!!] http://mak55.exblog.jp/20746645/

(竹原信一ツイッター経由で”南相馬市議大山こういちのブログ”さんより、引用させていただきました。)

|

2014年5月23日 (金)

ギャラリーAct1の入ってすぐの天井近くにツバメが巣を作ろうと頑張っているのですが。

Imgp6381 Imgp6375 Imgp6370 Imgp6369

3週間ほど前にこの場所を気に入ったようで、口にくわえた土を壁にすりつけていいましたので、造ってもらってもかわいそうなことになると思い、ドアを閉めておいたところ、来なくなり、一安心していました。

ところが昨日から多分同じつがいの2羽が再び頻繁に出入りするようになり、すりつけた土の量も増え、藁まで口にくわえて入ってこようとしていましたので、私としても心苦しいのですが、思い切ってドアを閉めておくことにしました。

大きいビルの壁面の下の方に位置する高さ2メートル、巾1,2メートルのドアの中に入ってきたのですからよほど何かを気に入ってくれたようです。

ツバメが巣を作る家は縁起がいいらしいです。以下引用です。

『日本人の縁起とジンクス』(北嶋広敏著 PHP文庫 2007年)にはこういう題で紹介されております。

「ツバメは縁起のよい鳥、吉をもたらす鳥とされており、“ツバメが巣をかける家は栄える”などといわれている。とくに屋内や座敷などに巣を作るのは最高によいことだとされた。逆に、ツバメは不幸とか火災などが起こる家には入ってこないといわれる。」<略>

「ツバメは繁栄と幸福をもたらす。だからツバメに危害を加えると、不幸になる、病気になる、目がつぶれる、貧乏になる、などといわれている。」

昔から縁起が良いといいますね。
祖母も言っていました。
祖母はとにかく縁起がいいの一点張りでした。

母は「ツバメは渡り鳥だから、色々な環境を察知するその鳥が、居心地の良い環境を選んで巣を作るわけだから、温度湿度的に考えてもいい家と言えるのではないか」と言っていましたね。

確かに自然の摂理に適った家は風水的にも良いみたいですし、総じて良い家として縁起がいいって事なのかな~と勝手に思いました。

それが商いをしている場所ならば商売繁盛するともいいますね。

というわけで縁起が良いようですが、造らせなかったということは福を自ら遠ざけてしまうかも知れないです。が、、、私は燕の命を救うために泣く泣く造らせなかったのですから、福を呼ぶ燕を救ったということで、さらなる福が訪れるのではないかなどと勝手に思っております。

 

|

状況が厳しくなると本当に強い人が動き出す。ヒラリオン

荒 れ狂う時期の間にあってこそ、人々のハートの中で信頼と同情のパワーが発揮し始めるのであり、またこれこそが、こうした時期の間に必要なものなのです。


内 面の光が燦然として不断に保たれなければなりません。


惑星に光指数を維持して増やすというスピリチュアルな道を歩んで来た人達は、現在、常時勤務に呼び出 されています。


これによって私達が意味するのは、「人類のためにあなた方の一人一人が、新しい『地球』現実とより良い道に対する自分の展望を維持するよう に頼まれている」、ということです。


世界中至る所で起こるように見える外見上の混沌によって、気が散ることのないようにしてください。こうした時期の間こ そ、より高い展望が人々の焦点と祈りで不断のままでなくてはならないのですから。


あなたの光がかなり必要とされ、要求されています。あなたが自分自身の光 を維持して増やし、この光が安定性とバランスを維持するように、より高い次元の私達がこれを助けて拡大します。世界の変容と変性のこうした時期の間、私達が一緒にワークします。


あ なた方の世界に、「状況が厳しくなると本当に強い人が動き出す( “When the going gets tough, the tough get going”:大変なときが力の発揮どき)」という格言があります。これは、状況が厳しくなる時、その挑戦に応じるべく、本当に強い者がより活躍すること を意味します。


彼らはあきらめません。彼らはより高い展望を維持し、それに向けて能動的にワークします。あなた方のうちで既にテストをされてきた人達は現 在、過激で加速的な変化の真っ最中にある惑星に希望と高揚を与える位置にあります。


あなたには自分で自由に使えるツールがあります、今こそそれらの全て を、あなたの光を明るく輝かせ続けるために使用しなければなりません。あなたのコミュニケーション・ネットワークを通じてやって来る日報で、平衡と客観的 な展望を維持してください。


あ なたの兄弟姉妹達が、彼らを悩ますチャレンジに面するときに権能を感じることが出来るように、全てのための最高の結果に専心するあなたの心を、曲げないで ください。


より高い目的に適うときのあなたの「神」資質を、総動員してください。人類にやって来るあらゆる問題には、一つのより高い解決策が常にあるもの です。


そしてこうした、一人の自己実現した人間のより高い資質が、失われて独りで苦闘していると感じている人達に、彼らが切実に必要とする希望を与えるこ とが出来ます。


全て何も失われていないこと、彼らの芯では彼らは無傷であることを、彼らに分らせてあげてください。そして、自分は神性と一致しているとい う真実に彼らが集中したままにある限り、ますます定期性を増して起こりつつある外部の出来事など全く何でも無いことを、分らせてあげてください。


一 人の個人が、「芯では自分は不滅で汚れなき者である」という知識に安んじている時、変化の波に乗ることは爽快で刺激的なものであり得ます。


あなた方、世界 のライトワーカー達は、これを限りに永遠に一つの不屈のフォースであることを知って、この目的の一致に忠実なままでいてください。


それには、あなた方の一 人一人からの献身と持続が今必要とされます。どの瞬間の間も、あなた方の惑星を照らす、より大きな光で「いて」ください。


そう「ある」為に必要な資質があ なた方にはあります。あなた方の一人一人に、その資質があるのです。

(”ソウルカメラのblog”より、一部引用させていただきました。)


|

2014年5月22日 (木)

木を見て森を見ず

">

|

2014年5月18日 (日)

5月25日(日)第13回治療家養成上級講座in三島 が開催されます。

時間  午後1:30~4:30 (その後6:30まで、希望者による懇親会)  

内容  瞑想時の眉間とハートチャクラの観想 (自己および他者に対する) 

        
    視覚化瞑想の実際と治療における応用     
    治療光線の収斂技法と、実際の相互治療

    磁気的なオーラの体感の確認
    個人の治療能力レベルと症例ごとの得意分野の確認

    如何に宇宙とつながるか。

    今自分自身に与えられた役割の確認と、実際の生活とのギャップに関する考察

    治療家と、被治療者の同調とクンダりニーの上昇について。

治療モニター募集

どんな病気でも治療を受ける事ができます。

  参加費 1000円  時間3:00~4:30  

  直接会場においで下さい。予約はいりません。

  お問い合わせは、TEL 055-988-6448です。

|

2014年5月15日 (木)

5月21日(水)第5回治療能力養成初級講座in三島が開催されます。

時間 午前9:30~11:30

内容 

丹田での凝縮エネルギーをハートチャクラで効率良く治療エネルギーに変換する方法。

肉体に影響が出せる変換エネルギーを、指先からどのような意識を持って放射するのが最も

効果的か。

具体的症例に対する治療の実際。

生徒の中で新たに副鼻腔炎(蓄膿症)になった方、職業病で腱鞘炎の方を治療。

肩こり、頭痛、歯痛、50肩、ぎっくり腰、膝痛、腕が上がらない、 正座できない、他。

瞑想を効率的に行う方法。如何に短時間で脳内啓開物質エンドルフィンを出せるか。

第8チャクラとクンダリニーについて。

治療モニター募集

  痛み等症状がはっきりした方の治療をさせていただきます。参加費用は1000

  円です。

  11:00から治療を受けられますので、直接お越し下さい。予約は不要です。

初めて参加される方へ

 その場で治療力を出すことが出来るように最初から指導いたします。

 治療が必要な場合は皆で治療いたしますのでお申し出下さい。

 参加費は、10,000円です。予約は不要です。

 お問い合わせは、055-988-6448 か、メールgallery-act1@nifty.comまで。

|

2014年5月13日 (火)

私たち自身が創造する者。

皆さん、創造エネルギーのこの巨大なる海に本格的に入っ てゆく時が来たのです。この海は皆さんを待っていました。

皆さんのこの素晴らしい世界がその根源へと立ち返るために必要なものになら、何にでもいつでも 「成る」ことができます。

その根源は、皆さんがこれまで経験してきたような在り方とはまったく別の存在感覚に深く埋め込まれています。

「楽園のような」と いうのが、これを言い表す最適な言葉でしょう。なぜなら親愛なる友人の皆さん、楽園が皆さんを待っているのです。ただし、皆さんが招き、呼びかけなければ やっては来ません。

これから解き放たれようとしている創造のフォースは皆さんを通してすべてを生みだします。

何度もお伝えしましたが、これは皆さん「のた め」になされるのではなく、皆さん「によって」なされます。これから皆さんは、創造という楽しみの時を迎えるのです。

実際のところ、皆さんの中にはもうす でに夢の世界を懸命に創造している人もいます。ですが、今からは壮大なスケールで夢の情景が描かれてゆくのです。

もう一度言いますが、皆さんは偶然に何か を創造するわけではありません。始まりの時から念入りに計画されてきたものを創造します。

ですからリラックスし、この大規模な任務にあたって抑制が生じた なら、抑制のすべてを手放してください。

そう、これは壮大な任務です。これほど壮大なものはありませんから、心底からこの任務に着こうと決意をするまで躊 躇するのも当然です。当たり前ですね、人間のマインドで理解できる唯一のこと、それが制限です。

ですがこれから皆さんは制限無しの創造フォースの車道に 入ってゆくのですから、行く手を遮るような「抑制」が現れても、その抑制を手放すしか選択はありません。

破壊の恐怖はもうこれを最後として退けるがよいでしょう。

私達はリラックスし て手放してくださいと言いましたが、それは皆さんのこのプロセスの中でどんな役割があるかについては明確な指示があるという事実について言ったまでです。

ですから皆さんはただ、この飲み込まれるような「創造」の衝動に身を委ねてください。

もうご存知のように、皆さんはただ意識をこのソースという潜在性の フォース領域と交流させてください。ソースは「皆さん」が強く勧めるがままに物質を生みだす原料なのです。

何度も言った通り、皆さんは神です。人類は長ら く、勇敢なる人がこの事実を主張するたびに火あぶりの刑に処してきました。ですが今は同じことをしても影響はありません。

それどころか、可能な限り何度も こう繰り返し伝えるように言われることでしょう。「私は神だ、あなたもだよ。」と。

長い間、人類はこの隠れた宝物を見つけることができずに生きてきまし た。ですが、もう鍵のかかった扉も、皆さんを真実から遮る入り組んだ通路ももうありません。

さぁ、奇跡のような驚嘆すべき本来の皆さんに成るのです。

皆さ んは私達であり、私達は皆さんなのです。

皆さん自身に向けて真実を解き放ち、未来への道を全創造物に示してください。そしてすべての人々にも真実を解き放 つのです。

(GFLサービスより一部引用させていただきました。)

 

|

野生化したイチゴが採れました。株は何株でも差し上げます。

 Imgp6269Imgp6276Imgp6263_2Imgp6283 Imgp6281Imgp6279Imgp6275   

耕作放棄地に、5年前、5本のイチゴ苗を植えておいたところ、自然に増えて、今では30坪ほどに広がっています。何百株あるか数えられないほどあるのでわかりません。

肥料分が流れてしまう傾斜地ですから、肥料を加えて収穫するのが面倒だと思い、そのまま、何もしないままにして置いたら野性の力を取り戻したようでどんどん増えております。

肥料は何も与えていませんが、味は信じられないくらいおいしいです。売っているのとは別物です。小さいけれどもほんとのフルーティーな味覚と言っていいでしょう。

雑草がまったくといっていいほどありません。イチゴの集団繁殖力恐るべしです。

その下にはこれまた、山から持ってきて移植した蕗(ふき)です。これも毎年確実に広く増えています。これまた群生する習性があります。栄養ありそうな味です。

ほぼ赤土に近いやせた土で、一切の栄養分を施すことなく、自然の力だけで確実に増え続けるというこの冥利。生命力に感服です。

土が確実に豊かになっていることの不思議。

人間の手間が不要な世界。私たちが生きる糧になってくれる植物のすばらしい世界。

感謝です。


読者の方に苗をプレゼントいたします。

ご自分で掘って持ち帰っていただける方に、この野生化したイチゴとふきの苗を差し上げますので、左の下の方にある”メール送信”からご連絡してください。

来年5月収穫ですから、今年の12月までに移植しておいたらよいでしょう。

|

2014年5月12日 (月)

心臓チャクラを直撃。エンプ・ヴオリネン ギターソロ。

">

|

あなた自身が作る現実があなただけの物語を作るのです。

全てのあなた方の一人一人が自分が選択したことを現実として創造する能力を持っているのですから、大きい夢をみるようにし、自分を今生きているものよりも大きい、魔術的な力と、魅力ある、驚異的な個性に満ちた者として投影して下さい。

他の人達も自分の生涯の物語の著者になれるように、この人達に以前よりも大きい光の中にいるとみられるように助けられる超自然な力を自分に与えて下さい。

あなた方のこの個性は非常に独特のものなので、他の如何なる選択肢も存在しないのです。

自分で出来る限り最善の者なるように、自分の個性を最善の姿になるように洗練し、磨き続けて下さい。

これは他者との競争に勝つ物語ではなく、自分一人だけのための生涯の旅の物語なのです。

あなたという個性が自分自身で創造している現実を経験するのですから、多くの紆余曲折を取り得るものが旅なのです。

自分の経験の、高、低、驚き、失望、心の痛み、豊かな経験、与えられている豊かな洞察力など、あらゆる側面を書き出してください。

生涯に起きる全ての事は、あなた方の物語の一部になるように経験されねばなりません。それが真実の本物になるための唯一の方法です。

自分を愛、知恵、リーダーシップの能力に満ちた、自分自身の生涯のマスターとして描いて下さい。

大勢の人の前で気楽に、落ち着いて、この地球上で自分の道を歩む、信じがたい程の生涯について、素晴らしい演説をする者として描いて下さい。

あなた方一人一人には語るべき偉大な物語があります。あなた方一人一人は経験をしており、これからも、人間の形の中で、驚異の生涯経験をし続けるでしょう。

この宇宙は、この時代の最大の変化の前、最中、後におけるあなた方の驚異に満ちた冒険の物語を聞こうとして待ちかまえています。

(GFLサービスより一部引用させていただきました。)

|

2014年5月10日 (土)

光を届けるのは皆さんです。

今こそまさに自らを翼に委ね、未知の世界へ向かって出発 する時です。世界は皆さんが思っているよりずっと近くで皆さんを待っています。

皆さんは今の現実バージョンからしきりに脱け出そうとしていますが、皆さんの中にはまだ恐怖のメカニズムがいくらか 残っていて、勇気を奮い起して内なる可能性の泉の中に没頭したくとも恐怖が皆さんを引き止めているのです。これもまた無理からぬことです。大きな危険が伴 うだろうと考えるようにうまく訓練を受けてきましたからね。それで皆さんは自分の奥の迷宮にすっかり迷子になってしまうだろうと考え、まだ入口からの光が 見えている表面のところまで行ってそこで留まるのが一番安全だと思うわけです。

もうそろそろ、自ら名乗り出てもっと遠くへ足を踏み入 れてもいい頃でしょう。そこでは光が実際に上昇しています。暗くなってなどいません。ですが、光が突然増えるため、皆さんの多くは引き返そうとするでしょ う。あまりにも大量の光に晒されると危険ではないかと恐れを抱いているためです。それはまったくの間違いです。

その光は皆さんの人間性とい う見せ掛けの奥に潜む真実をようやく見ることができるように、皆さんを助けるために現れているのですが、初めはあまりに圧倒されるように思って後ずさりを し、後回しにしたくなるのかもしれません。

もうすでに深いレベルであらゆるものを得てきた人もたくさんいますが、先にお伝えしたように光との出逢いがあま りにパワフル過ぎて先に進まない人もいます。また、その深い領域まで達してもまったく覚えていない場合もあります。ですが、だからといって水位の浅い、昨 日という過去にとどまっているわけでもありません。

いま、すべての人がこのプロセスを通過しているところで,これは全創造物の全潜在能力との完全なる出会いを果たすものであり、ここに迂回路はないのです。

先を考えると不安に思えるかもしれません、進んで行くのが困難に思えるかもしれませんが、このまま前に進むのがおそらくは一番楽な方法で す。なぜなら、これはただ考えるのを止めてただ物事が起きてゆくに任せる、それほどシンプルな道だからで方位磁石も要りませんし、何処で何時どのよう にすべきかといった詳しい説明も不要です。

なぜなら、そこでは光がガイドとなるからです。光が愛に満ちた腕で皆さんをすくい上げ、ソースに着くまで皆さん を連れて行ってくれるのですー これも皆さんが光のガイドを受け入れさえすれば、ですが。忘れないでください、この光は皆さんの目に大変眩しくうつるでしょうが、皆さんに危害を与えるよ うなものはそこにはありません。

皆さんは本来、ここからやって来たのですから、それは皆さんが本来の姿に過ぎません。そして皆さんが戻ってゆく所でもある のです。

今回が初めてではありません。皆さんが宿っているその今の身体を出た時にいつも戻るのもこの場所なのですから。皆さんが一つの生命から他の生命へ と移る際、他の人間の身体に入って新しい人間として旅を始める前にまずソースに戻ります。

ですが今回は違うのです。今回は一人の人間として生きたまま、そ の身体の中にいるままソースへ戻るのです。ソースへ戻って生来の力を取り戻し、その同じ身体で戻ってくるためにです。ただ今回は人間という器に入った、光 の存在として全能力を備えたまま戻ってくるのです。

つまり、皆さんの内にあるこの眩しい光のソースまで近付 くと必ず本能として尻込みをしたくなるもので、これは死に対する恐怖であり、自然な本能です。皆さんはこの光の扉をこれまで何度もくぐってきましたから、 この光をくぐり抜けるということは身体を持った生の終わりを意味するという事をよく知っています。あの扉は地球での滞在を終えて出て行く最後の出口だった のです。それで、いまこの時点であの扉の向こうを探検するなど考えただけで尻込みするのです。これも無理からぬことです。

ですが今回は出口ではなく、ただ の回転扉です。この扉は一瞬、皆さんを光の中に連れて行き、その後にその肉体のまま、そのままの皆さんとして元の世界に送り返します。ただ、戻る時は輝き に包まれています。それはソースに完全に繋がってこその輝きです。

  皆さんはものすごい速さで内なる真の光に近づいています。ですが、皆さんには この段階を通過するということは死を意味するという概念がプログラミングされているため、今回ここを進むためには皆さん側の努力がいくらか必要です。光が 増えるにつれ、皆さんはこの地球での滞在が死に近づいている、とどまろうと考えます。もう死んでしまうのではないかと感じるのです。皆さんは死にません、

実際のところ、知るべきことのすべてを手に入れるのです。ですが前もってそうだとわかっていてもすべてをコントロールしたいという衝動が出て、それが問題 となります。しかしコントロールしたいという衝動は皆さんがまだ内に恐怖の最後の残骸を抱えているから起こるのです。死に対する恐怖は皆さんの奥に根深く 染み込んでいますからね。それで、この輝く光を本能的に避けるというわけです。

この壮大な光は内で皆さんを歓迎しようと待っていますから、どんどん近づいてください。お忘れな く、光に飲み込まれることはありません。

それどころか皆さんは光で一杯に満たされますから、ここから外へ戻るや否や皆さんは世界中を光で満たすことでしょ う。

そしてまた内に戻るのです。なぜなら、皆さんはいくらでも必要なだけそこに戻ってこの光を一杯に飲み、また皆さんの世界に戻って周りのすべての人達の 渇きを癒す手助けをするためにここにいるのですから。

覚えていてください、この光は皆さんのものではありません。この光を収めておくことはできません。こ れはすべてのための光であり、皆さんを介してようやくすべての人の元に届くのです。

(GFLサービスより一部引用させていただきました。)

|

2014年5月 8日 (木)

UFO作り物映像 第2弾!

">

本物の映画の方がはるかに緊張感ありますね。
一応雇われたクライシス俳優だとは思いますが、、、。

|

米軍UFO兵器によるタリバン攻撃映像はお芝居です。

">

このようなイカサマ芝居の映像を複数の有力ブロガーの皆様が見破れないまま、得意になって拡散なされているということは如何なものか。

韓国船遭難救出映像と同じで、まったくのお芝居です。

政治から医療や食に至るまで、目にするもののほとんどがお芝居なんですから、まともなことをやってると目立ってしまいますな。

|

2014年5月 1日 (木)

新しい現実性のための指針  大天使ミカエル

1. 物質的な水準

 

ここでは、皆さん自身を大地に根付いた状態にして、この新しい時系列の中で皆さん自身を地球に固定することが重要になります。

これは、良好な食事と定期的な運動を通して、皆さんが地球と結び付き、自然や皆さんの物質的な現実性と結び付くことを求めます。

 

自然の中で瞑想と祈りを行って、そして自然霊達や自然力の数々のエネルギーと結び付いてください。

 

それが今後、皆さんの旅の上で皆さんを支援することになるでしょう。

2. 情緒的な水準

 

ひとつの情緒的に安定した状態の中に留まり、集中した静かな状態になってください。

  

皆さん自身が数々の情緒的な劇的状況に引き寄せられることを許さないでください。

 

何故ならこの状況は、皆さんの神経系にさらに多くの緊張を強いるようになるからです。 

  

3.精神的な水準

 

楽観的で肯定的な考えに留まり、怒り、不安、そして絶望が支配することを許さないでください。

この状態は、皆さんをひとつの低い周波数に引き留めることになり、そしてその場合皆さんは、周波数を高めて皆さんの数々の新しいチームに気付くために四苦八苦することになるでしょう。

4. 思いやりと愛

 

こうした気持ちは、ダイヤモンドの光の中心的な周波数です。

そのため、安定の中心として皆さんのこころに集中して、愛と思いやりのエネルギーに溢れることを、忘れないでください。

これは、皆さんが周波数を高め始めて、皆さんの周りのすべての人々を支援することを瞬時に許すことになるでしょう。

5. 魂と身体の結び付き

 

ひとりの目覚めた存在として、皆さんの物質的な身体は皆さんの魂と霊のためのひとつの乗り物であることを、忘れないでください。

皆さんの身体を、世界の中で皆さんの霊と魂を表現するために利用してください。

宇宙のキリストのエネルギーのひとりの代表として、皆さんは世界に対するひとつの光であることを、忘れないでください。

6. 皆さんはひとりの霊的な存在であり...

 ひとりの人間の天使である:いつもこの真実と一致することを、忘れないでください。


いつでもより大きな状況を確認しようと努力しください!

 

その冒険を楽しんでください!

 

(”きらきら星へようこそ”さんより、一部引用させていただきました。)

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »