« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の21件の記事

2014年7月28日 (月)

仏陀が再誕した(と自分で言っている)大川隆法総裁が、小保方博士の守護霊と語りましたとさ。

理研よ!マスコミよ!
問題にすべきは「マナー」ではなく「マタ―」

科学の未来を切り拓く
若き女性研究者を、
このまま潰してはならない!


世紀の大発見から一転、疑惑の渦中へ。
世界が注目する記者会見の前日4月8日―――
小保方さんの守護霊がすべてに答えた。



科学者の世界のしがらみや嫉妬を超えて。
夢の万能細胞研究をすすめる
環境と時間を彼女に与えるべき!



【衝撃!】
過去世は異端審問を受けた
あの偉大な科学者!?



☆ザ・リバティWeb〔the-liberty.com〕で
 会見レポートを公開中!≫
       

目次

    まえがき
1. “渦中の人”小保方晴子さんの守護霊に訊く
2. 「捏造疑惑」に反論する
3. 「ノート二冊で、何がいけないのか」
4. 「私の頭のなかに実験プロセスは入っている」 
5.  未来の生命科学の発展の「天命」が下った 
6,  STAP細胞は「神の領域」に入っている
7.  STAP細胞の作製手順がシンプルな理由とは
8.  遺伝子創造の「秘密」とは
9. 「神様のお助けをしたい」
10. 過去世も「異端審問」に遭った科学者
11. STAP細胞は「絶対にあります」 
12. 小保方晴子さんの守護霊インタビューを終えて

|

45年前の歌。”輝く星座”5次元というグループです。

">

Aquarius


When the moon is in the Seventh House
月が第7宮にあり
And Jupiter aligns with Mars
木星が火星と直列するとき
Then peace will guide the planets
そのときこそ、平和が諸々の惑星を導くことだろう
And love will steer the stars
そして愛が星々の舵を取るのだ
This is the dawning of the age of Aquarius
いまは水瓶座の時代の夜明けのとき
The age of Aquarius
水瓶座の時代だ
Aquarius! Aquarius!
アクエリアス! アクエリアスだ!

Harmony and understanding
調和と理解と
Sympathy and trust abounding
共感と信頼が満ち溢れる
No more falsehoods or derisions
インチキやバカげたものはもうおしまい
Golden living dreams of visions
ヴィジョンに溢れた光り輝く生の夢
Mystic crystal revelation
神秘的な透徹とした黙示
And the mind's true liberation
そして心の真の解放
Aquarius! Aquarius!
アクエリアス! 水瓶座!

When the moon is in the Seventh House
月が第7宮にあり
and Jupiter aligns with Mars
木星が火星と直列するとき
Then peace will guide the planets
そのとき、平和が諸々の惑星を手引きするだろう
And love will steer the stars
そして愛が星々の舵を取るのだ
This is the dawning of the age of Aquarius
いまや水瓶座の時代が明けようとしているのだ
The age of Aquarius
水瓶座の時代
Aquarius! Aquarius!
アクエリアス! アクエリアスだ!

Let the sunshine,
陽の光を
Let the sunshine in
太陽の輝きを差し込ませよう
The Sunshine in
陽の光を入れるんだ
Let the sunshine,
太陽の輝きを
Let the sunshine in
陽の光を入れるんだ
The Sunshine in
太陽の光が差してくるぞ


|

2014年7月27日 (日)

マイケル・キスク 復活 "I want out"

">

|

2014年7月25日 (金)

正常な教員達もおられます。小保方インチキ博士号。

「小保方晴子氏の博士学位論文に対する調査報告書」に対する早稲田大学大学院 先進理工学研究科 教員有志の所見(全文)

2014年7月24日

早稲田大学における博士学位論文の不正に関する問題は、本学個別の問題というだけにとどまらず、科学研究や大学における教育、さらに博士の学位の信用にも 大きな影響をおよぼす問題です。私たちは、先進理工学研究科の構成員として、また自然科学の研究・教育に携わる学徒としてこの問題に対する大きな危機感を 共有しており、本問題の解決に向け、科学的規範と良心にしたがって誠実に行動していきたいと考えております。

さて、2014年7月17日に「早稲田大学大学院先進理工学研究科における博士学位論文に関する調査委員会」(小林英明委員長)による調査報告書が早稲田 大学に提出されました。当日小林委員長による記者会見と概要書の配布が行われ、さらに7月19日に修正処理を施された報告書全文が早稲田大学のウェブサイ トより公開されました。

調査報告書では、小保方氏によって提出され、国会図書館に収められている博士論文が極めて杜撰な内容であること、その作成過程および審査過程に重大な過誤 が認められること、さらに早稲田大学ならびに先進理工学研究科の指導体制・審査体制に欠陥があることなどが厳しく指摘されました。その一方で、私たちが学 位論文の中で重大な問題点とみなしてきたものが、この調査報告書の中では軽微に扱われている場合が散見されました。自身の責任問題を含めて厳正に臨まなけ ればならないと考えていた私たちにとって、後者の部分には強い違和感と困惑を覚えざるを得ませんでした。

今後、大学ではこの調査報告書の検討を通じて、この問題に対する見解や処分を公表することとなっております。私たちは、その過程で、様々な論点について透明性を確保しながら、学内外を問わずできるだけ多くの議論が活発に行われるべきだと考えています。

そこで、数人の有志の見解ではありますが、今回の調査報告書で特に問題と感じた点を、別紙に6項目掲げました。大学の担当部署に提出させていただくととも に、学外の方々にも意見の一つとして公表させていただくことにいたします。ここでは、主として当該博士論文に対して厳正な判断を求める内容となっておりま すが、一方で、十分な指導が行われなかったこと、このような論文に学位を授与してしまった責任は極めて重大で、研究科の構成員として重く受け止めておりま す。

この問題は小保方氏一人の問題に限らず、研究・教育に関する構造的な問題が背後にあります。その一翼を担っているものとして、今一度痛切に猛省しなければ いけないと考えています。科学研究・大学教育の原点に立ち戻って、この問題の背景や責任を明らかにしようとすること、また、再発の防止や、より厳格かつ健 全な研究・教育・学位審査プロセスの立て直しのために全力で臨むことを誓います。

早稲田大学大学院 先進理工学研究科 有志一同を代表して

岩崎秀雄(電気・情報生命専攻 教授)

小出隆規(化学・生命化学専攻 教授)

寺田泰比古(化学・生命化学専攻 教授)

勝藤拓郎(物理学及応用物理学専攻 教授)

調査報告書に対する所見

1. Tissue Engineering誌論文におけるデータの改竄疑惑への言及が存在しない点

科学研究論文において、データの信頼性を損なう改竄・捏造が致命傷であることは、改めて言うまでもありません。

しかし、博士論文のもととなっているTissue Engineering誌の論文には、明白と言ってよい画像の改竄(報告書における「実験結果欺罔行為」)が認められています。具体的には、Tissue Engineering誌論文の図2、図3、図4に電気泳動写真が掲載されていますが、まったく異なる遺伝子群の発現パターンに関して、同じゲルの写真を 上下反転したり、一部切り抜いて流用したりするといった改竄・捏造が既にネット上でも指摘されています。このうち、図3は、博士論文においても図16とし て採録されています。

Tissue Engineering誌の図3は、ネット上での指摘を受け、責任著者のVacanti教授によって、改竄が指摘された4つの遺伝子群のデータを削除する 形で修正(correction)されています。その理由は、「類似した見かけのデータを、複数の著者が編集したために起きた過失」とされています。

しかしながら、同様の図の改竄は、多くの場合Correctionで済むものではなく、様々な科学論文誌においてRetraction(論文撤回)の対象 となってきました。実際の写真を検討すると、「過失」というレベルではないことは明らかで、学位取り消しの条件である「不正の方法」に相当するのではない かとの疑義があります。

にもかかわらず、調査報告書では、「そもそも博士学位論文の条件として査読付き欧文論文が前提となっており、このTissue Engineering誌論文には修正がなされていること」を理由にデータの意図的な改竄(調査報告書に言う実験結果欺罔行為)には該当しないと結論付け ています。しかしながら、Tissue Engineering誌において、Vacanti教授は強い影響力を持つと推測されるFounding Editorであり、軽微な「過失による修正」にとどめている編集方針には疑義があります。したがって、この論点については改めて独自の調査がなされてし かるべきと考えます。

2. 公表されてきた学位論文を草稿とみなし、「真の学位論文」なるものが存在し、それをもとに学位取得の妥当性を議論していることに関する疑義

調査報告書では、国会図書館に保管された正本(と通常は受け取れる論文:調査報告書における「本件博士論文」)が、実は草稿に過ぎず、「本来提出すべきであった博士論文」が実在するとの小保方氏の弁明が最終的に支持されています。

しかし、「本件博士論文」は、3年間にわたって修正されることなく正本として保管・開示されてきたものです。これに対して、調査開始後、委員会に要請され てからかなりの期間を経て提出され、しかも提出一時間前に修正された形跡もある文書を「真の学位論文」と認定する根拠は薄弱に感じられます。

たとえば、学位審査の公聴会の際に副査が指摘した不備が修正されていないことをもって、「本件博士論文」が公聴会前の論文であるとの弁明を支持していま す。しかし、最近明らかにされた経緯によると、その後の小保方氏らのNature論文における不備は、Cell誌、Science誌の査読過程で指摘され ていたにも関わらず修正されていません。この対応を見ると「学位論文に関しては副査の指摘に素直に従い、これを修正した」との前提が自明であるとは必ずし も思えません(むろん、それを指導する責任が指導教員にあったはずであることは、調査報告書の指摘通り)。また、公聴会時に回覧されたはずの論文(報告書 中における「公聴会時論文」)については、現存が確認されておらず、プレゼンテーション資料が確認されているのみです。プレゼン資料とそれに基づく公聴会 時の副査とのやりとりをもとに、「本件博士論文」が草稿であり、それとは別に修正を踏まえた「真の博士論文が存在する」との推論を導いていますが、プレゼ ン資料が「真の博士論文」とされる論文の内容をそのまま示しているとの前提は、必ずしも自明とは思えません。

この判断に基づいて草稿と認定された「本件博士論文」の重大な問題点が、調査報告書では最終的に軽微に取り扱われ、事実上免責されていることに大きな違和感を覚えます。代表的なものとして、以下のようなものがあります。

i) 「本件博士論文」の図10に示されている、三胚葉分化の二つの図は、企業のカタログからの無断転載が認定されています。この図は、学位論文全体の中で最も 重要な図であるはずなのですが、常識的に本文に照らして読めば自分が出したデータのようにも読める記載となっており、実験の実在性が問われる部分でもあり ます。したがって、調査報告書にも述べられているように、著作権侵害行為、創作者誤認惹起行為に加え、科学における重大な不正行為である「捏造」(調査報 告書に言う実験結果欺罔行為)に該当する可能性が高いと考えられます。しかしながら、上記の「小保方氏が真に提出しようとしていた最終的な完成版の博士論 文」とされるものには図10は存在しないことから、この疑義が否定されています。

ii) 「本件博士論文」には第2-5章に亘ってまったく実態を持たない(引用されていない)引用文献リストが各章末に付記されています。しかし、「小保方氏が真 に提出しようとしていた最終的な完成版の博士論文」とされるものには5章にのみ引用文献がまとめられており、修正されたことが認められています。

「本来提出するつもりであった」と小保方氏が主張する論文については、現時点で公開されておらず、私たちとしては判断材料を持っていません。いっぽう、調 査報告書によれば、5月末に紙面で提出された原稿に加え、6月末には電子媒体での原稿を調査委員会は受け取っています。注目すべきことに、電子媒体は提出 の一時間前に修正保存された形跡があったと調査委員会は報告しました。このことは当該原稿が「真の博士論文」であることの信憑性を著しく損なっています。 まずは5月末に提出された原稿と、電子媒体で提出された原稿を公開していただき、その間の修正個所を明らかにすることも重要なステップと考えます。

3. 大量の無断引用部分について

「本件博士論文」の序章には、20ページの長きに亘って米国NIHの文書が無断転用(コピペ)されています。報告書によれば、事後提出の「真の博士論文」 とされるものにも、この部分は残っているとあります。これが著作権の侵害および、調査報告書のいう「創作者誤認惹起行為」に該当することは言うまでもなく 明白です。学位取り消し条件の「不正の方法」に該当すると報告書にも明記されています。

しかし報告書では、この序章部分に見られる「不正の方法」によって、「学位授与に一定程度の影響を与えたとはいえるが、重大な影響を与えたとまではいえず、問題箇所?(注釈:当該箇所)と学位授与との間に因果関係があったとはいえない」と論じています。

しかしながら、自らの学位論文の背景や立ち位置を論述する序章部分を自らの文章としてまとめることは、学位論文の最も重要な要件の一つであり、それを事実 上放棄した行為は、執筆者の学問的な誠実さと能力の欠如を強くうかがわせるものです。こうした論文に対して本来学位授与がなされることはあり得ません。

このような無断転用を、入学時より早稲田大学理工学部(当時)では厳に戒めてきました。たとえば、小保方氏が初年時に受講した年度の必修の実習科目である 「理工学基礎実験IA」の資料(2002年度)では、実験ノートの記録の重要性や具体例が詳述され、さらに「引用とコピー」という項目において「引用なし で、他人の成果を自分の文書に書くことはいわゆる“盗用”である。字からわかるように犯罪に準ずる行為として扱われる」と太字で明記されており、学生はレ ポート提出時に繰り返し指導されています。

なお、「時間があれば修正できたはずなのに、事後提出論文に修正されないまま残っていること」もまた、調査報告書において「本件博士論文」が草稿であるこ との傍証の一つとされています。指摘されてから序章部分を書き直す余裕がなかった傍証とみる推論も同様に可能であるにも関わらず、調査報告書では採用され ていない点も指摘しておきたいと思います。

4. 実験ノートの確認方法に関しての記載、および科学的正確性に関する評価が不十分である点

調査報告書では、当該論文を裏付ける実験の実態があったと述べてあります。しかしながら、その根拠となるノートの写しや明確な資料が公開されておらず、第 三者としてその論旨を詳しく確認することができません。理化学研究所の調査の過程で明らかになった小保方氏の実験ノートの杜撰さから考えて、大学院在学時 のノートや記録が十全であったと考えることには疑義があります(仮に、もし博士論文に関わる実験ノートの内容が十全であるなら、理化学研究所に移籍して以 降の実験ノートの不備の責任は、早稲田大学にはないことになりますが、とてもそうは思えません)。その印象を覆すための記述・資料が、本報告書の公開資料 には見当たりません。

より重要な問題として、調査報告書にも明記されているように、検討されたことは論文に書かれている(一部の)実験作業の有無についてのみであり、実際の データの分析の合理性や科学的正確性について踏み込んで検討されていません。上述のように、この部分においては、たとえばTissue Engineering誌の査読判断に事実上一任しており、通常の学位審査で規範とされる、主査・副査による科学的合理性・正確性の検証を独自に行ってい ません。これは、科学論文の検証作業としては不十分なのではないかと思われます。

5. 審査体制の不備に関する指摘について

一方で、調査報告書が指摘しているように、先進理工学研究科の審査体制にきわめて多くの問題点があること、小保方氏の審査に関して重大な過誤があったことは明らかです。

調査報告書では、常田主査、武岡副査の責任について詳述していますが、副査を務めたVacanti教授や大和教授などの学外研究者の調査やその役割につい ての判断を保留しています。しかしながら、Vacanti氏は公聴会には出席しておらず、Vacanti氏、大和氏ともに事前に博士論文原稿を閲覧してい ない可能性が指摘されています。もし事実とすれば、審査報告書になぜ名前を連ねることができたのか不可解です。「学外者で責任を問えないため」と小林委員 長は7月17日の会見上で説明しましたが、副査は大学院が正式に依頼し、きちんと当該論文を審査していただくために委託する役回りであり、学外在籍副査の 審査状況を明らかにし、その責任を明確化することは本調査の要の一つであるはずだったと考えられます。

6. 調査委員会のメンバーの氏名が開示されていない点

調査委員会のメンバーは、小林弁護士以外には公開されていません。このため、理研における調査委員会とは異なり、どの程度の解釈の振れ幅があったのか、小林弁護士以外の委員の見解を正す機会がありません。これは透明性・信頼性を欠く要因であると考えます。

以上

|

2014年7月24日 (木)

アッシジのフランチェスコはフランシス法王を使って悪魔教の総本山バチカンをいかに崩壊させるのか。


7月19日に、被告である、フランシスコ・ローマ法王、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラスそして英国教会カンタベリー大主教のジャスティン・ウェブリーは、強姦、拷問、殺人そして児童の人身売買の罪で有罪判決が下されました。

ブリュッセルにある国際普通法裁判所の5人の判事は、彼らの手でこれらの犯罪が2010年まで行われてきたことを事実と判断しました。

昨年の3月以来、裁判所は48人による目撃証言を得ました。彼らは、子供たちを犠牲にした悪魔の生贄儀式を執り行うカルト=第9サークルのメンバーとして被告らがどのような犯罪を行ってきたかを証言しました。

第 9サークルの悪魔カルトは、モントリオール、ニューヨーク、ローマ、スコットランド、ロンドンにあるローマ・カトリック寺院や、ウェールズのカーナボン 城、オランダにある秘密のフレンチシャトーそしてカナダのカムループ、ブリティッシュコロンビア、ブラントフォード、オンタリオにあるカトリック系の学校 と先住民の学校で子供たちを犠牲にした生贄儀式を行ってきたとのことです。

第9サークルの悪魔生贄儀式カルトメンバーは、欧州王族を含む グローバル・エリートのために、アメリカ、カナダ、フランス、オランドにある個人所有の森林地帯で人間狩りのパーティを行っていました。マフィアによって 調達された(拉致されてパーティ会場に連れてこられた)十代の若者たちは、パーティで裸にされ、強姦され、追いかけられて捕まえられ、最後には殺害されま した。

主任検察官は、カトリック教会は、世界中のマフィア、政府、警察、裁判所と結託した世界最大の犯罪組織であると述べました。

2 人の若い女性は、「フランシスコ・ローマ法王は子供の生贄儀式中に、彼女たちを強姦した。」と裁判所で証言しました。さらに8人の目撃証言によって、ロー マ法王が子供の生贄儀式中に女性を強姦していたことが証明されました。2009年と2010年の春にオランダとベルギーで第9サークルによる悪魔の生贄儀 式が執り行われていたとのことです。

フランシスコ法王は、バチカン関係者が提出したバチカンの公文書の記録から、アルゼンチンでカトリック司祭を務めていたときにも、子供の生贄儀式に参加していたことが明らかになっています。そこでは新生児を使った生贄儀式(新生児の血を飲むなど)が行われていました。

先月には、アイルランドの警察部隊が裁判所で、アイルランドのローマ・カトリック教会の修道女の汚水処理タンクの中に796人の子供の骨が見つかったと証言しました。犠牲になった子供たちは生贄儀式中に殺害されたことが分かりました。

BBCのドキュメンタリー番組で、スペインのカトリック教会による児童の人身売買が明らかにされました。
1990年代までに、30万人の赤ちゃんが拉致され、生贄儀式で殺害された後、集団墓地に埋められたのです。カトリック教会は恵まれない子供たちを引き取ることで(=人身売買を行う目的で子供たちを引き取る)200億ドルもの利益を得たのです。

さ らに、他の証言者は、1970年代にアルゼンチンで勃発した汚い戦争で、フランシスコ法王が軍事政府と会合していたことを証言しました。フランシスコ法王 は、当時、消息を絶った30万人の政治犯の子供たちを拉致しバチカンが運営する児童人身売買組織に子供たちを売るという活動に参加していました。

ABC の特別ニュース番組で、バチカンには悪魔がいると伝えました。バチカンの秘密公文書には、何世紀にもわたりイエズス会は、生贄儀式に使うために新生児を拉 致・殺害し、さらに新生児の生血を飲んでいたことが記されていました。純真な赤ん坊の生血を飲むことで霊的パワーを得、法王やバチカンの政治的地位を維持 してきたのです。1773年以来、このような儀式がローマ・カトリック教会、イエズス会、各ローマ法王によって執り行われてきました。

48人の目撃証言により、これらの犯罪に関わった加害者が特定されました。

特定された加害者とは:
ロー マ法王(フランシスコ法王、ヨハネパウロ2世、ベネディクト16世)、カナダの英国教会及びイエズス会総長のアドルフォ・ニコラスと教会職員、エリザベス 女王、エジンバラ公、英国教会カンタベリー大主教、オランダとベルギーの枢機卿及び王族(オランダのAlfrink Bernhard皇太子、Hendrick王、Wilhelmina of Holland,女王、Beatrix女王、女王の父親、Johan Friso 王子とその妻など。。。)、元公使達、オランダ軍のトップ達、さらに。。。カナダ、オーストラリア、イギリス、アメリカの軍高官達やら政府高官達。さら に。。。米CIA職員達そして。。。アメリカ、ベルギー、オランダ、カナダ、オーストラリア、フランス、アイルランド、イギリスの有名な大臣達、判事達、 政治家達、ビジネスマン達です。

2014年7月19日に上記加害者たちに対する逮捕状が出されました。
カナダで行方不明となっている5万人のネイティブの子供たちを殺害した罪で、昨年、40人のグローバル・エリートとエリザベス女王は有罪判決を下されています。

(”日本と世界と宇宙の動向”さんより引用させていただきました。)

|

2014年7月23日 (水)

消えた機体が今回の撃墜機体でした。もうばれた偽旗作戦。

|

あなたがたの光がかなり必要です。

世 界の人々は、「私たちはもはや、世界の人々に対する無意味な破壊を黙って観ているつもりはない。自分たちの祖国が破壊されるのを黙って観ているつもりはな い。私たちはもはや、大人しく口を閉ざした目撃者でいる気はない」ということを世界のリーダー達に知らしめるために、人数が人数を呼ぶ勢いで一致団結し て、大人数で街頭に繰り出しつつあります。

人々を支配下に置いておくためなら、手段を選ばずに闇雲に恐怖を人々に繰り出すのが、権力者というものです。

主流ニュースは、世界の主要都市における人々 の重大な抗議運動を、報道せずに隠し続けます。このことが、世界の大多数の人々に、紛れもなく明らかになりました。権力者達による嘘、詐欺、隠蔽が、刻一 刻と明らかになりつつあります。

 

惑 星を流れる神聖な女性性の優しいエネルギーが、その強さを深めます。

そのため、愛と合致しないものは、対照的にくっきりと目立ってしまうことになります

影に隠れた活動を行える場所は、もう本当にどこにもありません。

各人のハートが愛で満たされると、相手の偽装を感じ取る能力がつくのです。

これが、今惑星 中至る所で起こっていることです。人々は自分たちのリーダーの、その仮面の裏の本当の動機付けが見えています。

人々は真相を要求しています。大きな逃げ口 上が、これらのリーダー達によって想像を絶する規模でたくらまれています。

こうした活動には、真相に気づいた人達が人々の代表に立って、人々が置かれた真 相を話すことで、対処する必要があります。

というのも、今や人々は、もう眠ったままでいることを選んでいる場合ではないことを、非常に深いレベルで分かっ ています。

 

太 陽光線が以前にも増して強まっていますので、各個人で自分の体を保護する必要があります。それには、日中強い日差しがある間の露出を限ること、また、日中 屋外では常に保護サングラスをかけるのも良いでしょう。

気象パターンの変化に自分の体を順応させるには、早朝に外に出るのが良いでしょう。地磁気場の気が より減少していますので、人体に十分なレベルのエネルギーを供給するために、より大量の空気を取り入れる必要があります。

このような時期には、深呼吸を毎 日実践することが非常に役立ちます。中枢神経と末梢神経を通じた人体のあらゆる部分へのエネルギー放散は、磁場となるのです。

心身に最高レベルの健康と活 力をもたらすには、その人の磁場の強度を増すことが重要です。

 

目 覚めている人達に、私たちからお願いします。

このような荒れ狂う時期にこそ、穏やかなまでいて、光を保持し続けてください。あなた方の光が今、かなり必要 とされます。

自分の周りの他の人達に対して、その人のポジティブな特徴を探して、それを認めてください。また、個々これらの個人に対して、どのようにでも あなたが導かれるままに、彼らを力づけてあげてください。

自らの出世栄達を台無しにしてでも自分が知り得た真実を話して、身の危険を冒している人達がいま す。彼らを支援してあげてください。

「新しい地球の現実」のメッセージを、受け取る用意のある人達全員に広げてください。

あなたは今のこうした時にこそ、 自分が台風の目(穏やかな静止点)に立って、精神を高揚させる、優しい、共感的なエネルギーと思考を、兄弟姉妹達に注ぐことが出来ます。そうすれば彼ら も、覚醒プロセスの不慣れな新事実に、折り合いをつけて納得することが出来るようになります。

 

そ れぞれの魂が肉体に物質化しているということは、それは、それぞれの独自の才能と霊性をそれぞれに明らかするという、奮闘と努力の活動であるということで す。

自分をより大きな光に輝かせてくれる抗しがたいエネルギーの流入に抵抗するのを止める時、発見の旅は、以前は探求不能だった現実への旅になります。

信念 を貫いて、はずみがついた前進への流れの勢いを保ち、「今、全宇宙が一人一人を支援している」ということを忘れないでいることが、大切です。

目覚めた人間 の一人一人の支援についている高次元存在のレパートリーは、以前にも増して凄いものです。

バランスと平衡に留まるためにも、彼らがもたらしてくれる愛と案 内を受け入れてください。この期に及んで独りっきりで道を歩む者は、誰一人としていません。

 

次週まで...

 

私はヒラリオン

 

©2014 Marlene Swetlishoff/Tsu-tana (Soo-tam-ah) Keeper of the Symphonies of Grace

 

Permission is given to share this message as long as the message is posted in its entirety and nothing has been changed, or altered in any way and Scribe's credit, copyright and websites are included.

 

www.therainbowscribe.com

 

www.movingintoluminosity.com

 

Thank you for including the above website link when posting this message.

 http://www.therainbowscribe.com/hilarion2014.htm

(”ソウルカメラのblog”さんより、部分的にお借りし、一部改訳しました。)

|

UFO襲撃映像。3回見て見破れるあなたは正常です。



|

2014年7月22日 (火)

治療能力養成初級・中級講座 ご案内  8月20日(水)開始。

 

治療能力養成初級・中級講座  ご案内

やる気の出ない人、”鬱”だと診断された人等、胸のチャクラが、ストレスで詰まり、結果として呼吸が浅くなってしまったことにより不安感や自信喪失になってしまった方の多くが、何も判らない医療機関にかかってしまったことにより、治りにくい心の病気と診断され、薬の世話にならざるを得なくなっています。

この講座では、それらの方が、ご自身の治療能力を高めることで、それらの病気を乗り越えることができる、ということを実証したいと思っております。

当然ながら、他者に対しての治療力も同時に身に着きます。

この講座では、ほとんどの子どもの病気に対して、母親が治せるようになることや、誰でも大抵の痛みを軽減できるようになる、ということをその場で体験できるのです。

治療能力は、精神的、霊的なエネルギーであり、宇宙的なエネルギーでもあるので、誰でも治療能力は開発できますし、その他の能力も伴って体得できるようになっています。

ご自分自身に対する大いなる自信を取り戻していただける講座となるはずです。

入退会は自由ですので、まずは体験していただきたいと思います。

日時  8月20日(水) 以降第3水曜日 午前9:30~12:00                              (月1回 全8回)  (初級は10:00から)

会場   ギャラリーAct1(御殿場線下土狩駅前MAXバリュ内。外壁中央から入ります。)

会費  中級 15,000円  初級 10,000円    
  (モニター治療のみ受ける場合は、1、000円)

内容  *治療力を引き出すための理論と訓練
 
      *治療エネルギーを放射するための訓練

      *実際の治療        

     *中級講座では、遠隔治療が可能になる力をつけるように指導します。

この講座は、治療の場も兼ねますので、会場全体が治癒エネルギーに満たされます。

参加者自身が体調不良であっても、気が付いたら元気になっていた、などは当然起こる事となるのです。

さらに、霊的真理や、宇宙情報に触れることになりますので、様々な点で皆様のお役に立つことになるでしょう。

本物の治療能力を身につけ、いつでも発揮できるように共にがんばりましょう。

お問い合わせは、TEL  055-988-6448  まで

詳しくは、過去の講座内容を左記カテゴリー内からご覧下さい。

|

2014年7月17日 (木)

瞑想がもたらすこと。直感と霊的援助と。

独 りっきりで、ヤジから護られている、そのような時間を毎日捻出することの不可欠な重要性を、私はあなた方に強調します。

そうしてこそあなたは、自分の直感 にアクセスできるようになるのです。あなたの直感は、案内と慰めを提供しながら、慎ましくあなたに呼びかけています。

それは、あなたの本当の「真我」の声 です。「精霊」の声、あるいは、あなたのお気に入りの聖者か天使の声です(それは実際、あなたが定期的に語り合うスピリチュアル領域の誰もが皆の声で す)。

 

あ なたの援助要請 ー そのような要請をしている覚えすらないかもしれません ーに答えるスピリチュアル領域の誰かに対して、あなたには意識的な考えがない場合があり、彼らのあなたへの呼びかけにも応答にも、意識的に考えることはな いかも知れません。


 

にもかかわらず、あなたが啓示的な洞察を受け取る場合、あるいは、忘れて良いことではないのに忘れていた、何か大切なことが心に浮かぶ場合、それは、スピ リチュアル領域にいるあなたの友人と家族からの案内です。彼らに感謝することを忘れないでください!

  

で すが、あなたがその直感力(その優しい案内)にアクセスし得るのは、あなたのおしゃべりなマインドを一時的に黙らせる時だけです。


 

それ故に、少なくとも一 日一回は時間を捻出する必要があるのです。

  

そうすればあなたは、無限の励ましと援助を受け取ります。


  

あなたはそれを受け入れる必要があるだけです。そして あなたは、それがもたらす平和の感覚を楽しめば良いだけなのです。


 

(サウル ”ソウルカメラのブログ”さんより、一部引用させていただきました。)

|

2014年7月16日 (水)

寒さに震える一人の少年

">

|

2014年7月13日 (日)

絶叫議員と人工台風と人工地震頻発と北朝鮮ミサイル発射はすべてこのための目くらまし。

集団的自衛権:「危険切迫」で行使可能 武力事態法改正へ

毎日新聞 2014年07月12日 07時15分(最終更新 07月12日 12時14分)

                   

 集団的自衛権の 行使を可能にするための法整備を巡り、政府は11日、武力攻撃事態法を改正し、日本が外国から攻撃を受ける前でも武力行使できるようにする方針を固めた。 同法は武力行使を「(外国からの)攻撃が発生した」場合に限定して認めているが、「攻撃が発生する明白な危険が切迫している」場合でも武力行使を可能とす る。日本の安全保障法制の大きな転換点となる。

                       

 来年の通常国会での改正を想定している。同法は、有事の際の自衛隊や地方自治体の対処方針の概要などを 定める。現行法は外国からの武力攻撃に対しては「武力の行使は、事態に応じ合理的に必要と判断される限度においてなされなければならない」とし、自衛隊の 武力行使は日本が攻撃を受けた場合に限っている。

                       

 1日の安全保障に関する閣議決定は「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した場合」でも、日本の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険があると認めれば、武力行使が可能だとした。改正で、自衛隊が集団的自衛権に該当する活動に従事する際の法律上の根拠とする。

                       

 同法は、防衛のための自衛隊出動には国会承認が必要と定めており、日本が攻撃を受けていない場合の出動 にも同様に国会承認を義務付ける。武力行使の程度に関しても、現行法と同様に「事態に応じ合理的に必要と判断される限度においてなされなければならない」 との制約を盛り込む。【青木純】

   

|

2014年7月11日 (金)

7月20日(日)第15回治療家養成上級講座iin三島 が開催されます。

平日の初級講座に参加できない方のために、この上級講座の中で初級対応できるようにいたしました。

個別に最初から指導いたしますので初心者の方でもヒーリング能力を身につけることが出来ます。

実際の相互治療は上級の方と一緒に行いますので、ご自身の病気を治すことも出来ます。

初級講座参加費は、10,000円です。


時間  午後1:30~4:30 (その後6:30まで、希望者による懇親会)  
     (初級講座の方は、2:00から開始です。)
内容          
    松果体に集めた光を、心臓チャクラで丹田エネルギーと如何に効率よく融合させる

    事ができるのか、ということが上級講座での目標の一つです。

    瞑想を習慣化できていない方もおられますので、再度その重要性を確認し、収斂

    技法を身につけることが求められます。強力な治療力は丹田からの力だけでは難

    しいからです。

    治療能力が高まってくるにしたがい、周りに重い病気の患者さんが現れてきます。

    講座生それぞれの実際の治療成果と失敗談、等出していただき、新たな治療力

        向上につなげていきたいと思います。

    視覚化瞑想の実際と治療における応用     
    治療光線の収斂技法と、実際の相互治療

    磁気的なオーラの体感の確認
    個人の治療能力レベルと症例ごとの得意分野の確認

    治療家と、被治療者の同調とクンダりニーの上昇について。

治療モニター募集

どんな病気でも治療を受ける事ができます。

  参加費 1000円  時間3:30~4:30  

  直接会場においで下さい。予約はいりません。

  お問い合わせは、TEL 055-988-6448です。


懇親会において新たな取り組みを実施します。

今回からアルコール抜きに致します。

アルコール依存に入り込みそうな方も見受けられますので、少なくとも講座の懇親会をアルコールの力を借りて交流するということ自体おかしい、という結論に至りましたので今後一切禁酒とします。

意念コントロールにより病を治すことを学んでいる本人が、酒の力で楽になったり饒舌になったり、ということ自体理にかなわないからです。

尚、個人的な飲酒をやめさせるつもりは全くありません。あくまでも講座懇親会においてはアルコールを利用しないということです。

|

2014年7月 9日 (水)

7月16日(水)第7回治療能力養成初級講座in三島が開催されます.

初級講座の最終回となります。次回からは中級講座に移行します。今回が初級講座7回目の受講回数にならない途中参加者は、引き続き初級講座生として受講できます。

時間 午前9:30~11:30(多分12:00迄延長すると思います。)

内容 

初級講座としての最終回ですので、丹田凝縮エネルギーを心臓チャクラで肉体的に影響を与えることが出来るようにするための、総まとめの講座となります。

肉体に影響が出せる変換エネルギーを、指先からどのような意識を持って放射するのが最も効果的か。

具体的症例に対する治療の実際。

生徒の中で、
子宮筋腫、歯槽膿漏、蓄膿症の方がおられることが分かりましたので、腱鞘炎の方の治療に加えて相互に治療します。

肩こり、頭痛、歯痛、50肩、ぎっくり腰、膝痛、腕が上がらない、 正座できない、等はその場で効果が現われますので、初参加者の方もそれが確認できるような場になると思います。

瞑想を効率的に行う方法。如何に短時間で脳内啓開物質エンドルフィンを出せるか。

第8チャクラとクンダリニーについて。

治療モニター募集

  痛み等症状がはっきりした方の治療をさせていただきます。参加費用は1000円です。

  11:00から治療を受けられますので、直接お越し下さい。予約は不要です。

お問い合わせは、左記”メール送信”からか電話にて。055-988-6448です。、

|

いよいよ動き出しそうですね。

現在、あなた方は新しい現実の縁に立っています。闇のカバールは急速に勢力を 減退させています。現在、多くの国家が古い闇の秩序の不換通貨に基づく組織を迂回する目的の連合を形成しています。これらの経済組織は、1944年のダン バートン・オークス合意への署名によって成立しました。古い、国際通貨基金(IMF)の ような機関は新しい”真の価値”を持つ貴金属世界通貨が実現すると、舞台から降りる事になります。これらの新通貨とともに、種々の”バーゼルⅢ”準拠の新 しい銀行規則が発効します。私たちの地球連合とその数多くの国家関係者たちはこの惑星の富の再配分を行い、闇を現在の経済、及び政府の主権的地位から追放 するためにこれに携わっています。この全ては数世紀もの長きに亘った負債奴隷制度とカバールのあらゆるむら気と多くの関係者の支配に従うと誓った政府の腐 敗からあなた方を解放するプロセスの始まりにすぎません。
(
シェルダンナイドニュース GFLサービスさんより一部引用させていただきました。)

これを裏付けるようなニュースが以下です。


こんにちは、カレン・ヒューダスです。
今日は7月8日です。東京のホテルからこのビデオを流しています。私は約6週間前から東京に滞在していますが、その目的は、世界銀行とIMFの総会で何が決定したかを日本を含め世界中の国々に伝えるためです。

世界銀行とIMFが決定したことは:
Global  Debt Facility(世界債務機関?)と呼ばれる機関が保有している金(ゴールド)を使って世界中の紙幣を金に裏付けられた貨幣に戻すことが決 定されました。中央銀行が印刷してきた世界の紙幣には金利がついています。これは悪徳商法なのです。この件に関して詳しく皆さんにご説明したいと思いま す。
私はこの手紙を世界銀行と188ヶ国(世界銀行の加盟国)だけでなく、小さな島国や台湾、北朝鮮にも送りました。

今回の決定事項は世 界銀行の加盟国だけでなく、世界金融カルテルの詐欺の被害に遭い混乱してしまった世界中の国々、人々に適用されます。実は、世界金融カルテルは破たんしま した。そしてもうじき、世界中の国々が、世界金融カルテルが破たんしたと発表するでしょう。今後、世界金融カルテルの力が徐々に弱まっていくのは確かで す。これは専門家の分析でも明らかになっていますが、現在、権力の移行が起きており、世界金融カルテルによる支配体制から脱却したいBRICSを含む 133ヶ国が加盟する新たな連合が形成されています。

1944年にIMFが創設された理由は。。。バチカンで長い間、従事していた預言者のホゼ・リザルが バチカンの腐敗や汚職から関係を絶ちたいと、母国フィリピンに帰国しました。彼の父親は、ビクトリア英王女の双子の兄(弟)のトマノ王子でした。彼はフィ リピンで、非常に優秀な弁護士を使って基金を創設しました。彼は、世界中の人々のために、世界中の財産を基金に投入しました。その後、50年間、この基金 が誰にも使われずに保管されてきました。そのため、誰も、基金に投入された財産は自分のものだと主張することができなくなりました。

2005年に50年が過ぎました。しかし金融カルテルは、この基金に対する署名権限のある人物(ストラット氏?)の忠告を無視しました。
ストラット氏は、私が国際金融システムにおける腐敗と汚職を終わらせようとして活動いるときに、私に諮問委員会に加わってもらいたいと要請しました。以降、私はストラット氏の諮問委員会の一員としても活動してきました。
そこで分かったことは。。。ここ基金には世界中の人々に役立たせるために世界中の金が保管されていたということです。

この基金に保管されている金は世界中の国々が利用できるようになっています。私はそれを実行に移す権限を世界銀行から与えられました。
なぜ私がそのようなことができるかというと。。。私は、世界銀行の理事会のメンバー(財務開発省のトップ)として債券保有者の訴訟事件を担当していましたが、2012年12月に再び世界銀行の職に復帰したからです。
私が世界銀行で再度活動していることを明かすことはできませんでした。なぜなら、私は金融カルテルの腐敗や汚職を一掃する任務を与えられていたからです。世界銀行内部には金融カルテルの一員もいますから。

こ の基金に保管された金は元々は日本にあったものだと言っている人もいますがそれは違います。基金に保管されている金は初めから基金(=世界債務機関)に集 められたものです。詳しくは私のウェブサイトをご覧ください。今後、この基金に保管された金を世界中の人々のために使います。これまでの中央銀行の紙幣か ら、金に裏付けられる通貨へと切り替えます。中略

ただ、私たちは、世界中の人々が懸念している、NWOの世界統一通貨を造ろうとしているのではあ りません。世界各国が自国の紙幣を金に裏付けられる自国通貨に変えるということです。しかも新しい通貨が支配構造の一部として使われることはありません。

今後は、地域社会が独自の通貨を発行することができるようになります。金貨も鋳造されます。さらに、金の鋳造技術を開発し世界中の通貨に少量の金が使われ ることになります。これが、世界銀行やIMFの総会で決められたことです。このことについてご質問がある方はいつでもご連絡ください。

”日本や世界や宇宙の動向”さんより引用させていただきました。)

そして再びナイドルからです。

あなた方の豊かさを現実のものにするための最後の手順が完了しました。私たちはあなた方への富の配布のための最終スケジュールの承認を待っています。

NESARA
も その栄えある出番を待っています。闇のカバールは今その運命を悟り、とうとうそれに従う準備をしています。これは実に、全ての人達にとって最も栄えある時 です。

長い間光をハートの中に維持していた人達は今大いなる自由を主張し、それと共に力を取り戻そうとしています。

奴隷化を強制していた者たちはその運命 に遭おうとしていて、裁判では正にこの点が強調されることでしょう。

|

2014年7月 7日 (月)

美しい謎の映像と音楽。

">

|

2014年7月 5日 (土)

おじさんの大学1年の11月ころから始まったドラマの主題歌です。

">

フォークローバーズの”冬物語”です。

ビリーバンバンの”さよならをするために”と合わせて、カラオケのすこしは自信がある歌です。

|

2014年7月 3日 (木)

第6回らくらく展(小田原新九郎ギャラリー)に出品しています。

Dsc_1344_3 Dsc_1322_2 Dsc_1323 Dsc_1326 Dsc_1325 Dsc_1347 Dsc_1346 Dsc_1327 Dsc_1324  Dsc_1320_2 Dsc_1318 Dsc_1317_2

Dsc_1316_3

7月2日(水)~7月7日(月)まで
10時から18時まで(7日は17時)
新九郎ギャラリーは、小田原銀座通り伊勢治書店3階

私は、4日、5日、6日の午後2時30分から、7日は、4時から会場におります。

 

 

|

2014年7月 1日 (火)

集団的自衛権問題を覆い隠すために、ASKA,、小保方、塩村が毎日のようにNHKを始めとした全てのマスコミでフル動員されました。


この中に日本人がいないと言うことは、どう考えたらよいのだろうか。

総理からしてそうだから、どう考えても我々日本人を完全な奴隷とするための壮大な計画の総仕上げの様相なのかも知れません。

明治維新、韓国併合、敗戦、慰安婦問題、その他綿密に創られた大計画の仕上げとして不正選挙でニセ総理となった安倍さんはこの立ち回りをうまくすり抜けるのにぴったりの方なのです。

この塩村さんも、整形後の水商売で頭角を現わし都議会議員となり相手に謝らせたまでは予定通りでありましたが、こんな醜態を曝されることと相成りました。

何をされても平気ですから、我々とはどこかが違うことは間違いないでしょう。

|

本日閣議決定されます。集団的自衛権行使容認反対報道はNステだけ。

">

|

村上水軍の末裔は国家の存亡危機に身を賭して戦う。

">
村上家代々の家訓は、「国家の大事には、親兄弟の屍を乗り越えて戦え」である。
蒙古襲来、倭寇、日露戦争日本海海戦の戦法に少しでも興味を持っていくと、村上水軍がどれだけの気概と精神をもって戦ってきたのかがわかる。
この誇り高い一族の18代目が、村上誠一郎氏である。国難に立ち向かう勇士の姿である。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »