« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の7件の記事

2016年8月29日 (月)

予測が出来ない台風と言いながら、予想する気象庁。

台風10号の予想経路。29日午前9時現在

     大型で非常に強い台風10号は29日午前、八丈島(東京都)の南海上を北東に進んだ。30日午前に房総半島の東を通った後、同日夕以降に東北か関東地方に上陸するとみられる。気象庁は大雨や暴風、高波への警戒を呼びかけている。

気象大学校出身者がその優秀な能力を最も発揮できるはずの台風について、”自然ではありえ無い”と、勉強してきた通りの本当のことを表だって言える人がまったく居ないのは何故でしょうか。311の直後、地震学者が一人として口を開かなかったことと同じかな。

でも考えてみたら、”ゲリラ豪雨”という気象予報できない天気が頻発していますから、予報が全く当たらない気象予報士の存在自体の必要性が問われる事になるかもしれません。

”黒い雲が急にわいてきたからすぐに雨が降る”と言う体験的事実が最も”当たる”のは何故でしょうかね。予報士のお友達に、教えてあげたら良いかもね。

|

2016年8月14日 (日)

がん患者が、20年間で、米国は減り、我が国では急増化する魔法。

癌に対する自然治癒力で、癌を克服しようとする療法)を国民により知らしめるべきとの報告書(OTAレポート)を出した。食事療法やサプリメントを使った栄養療法の有効性が米議

会に提出された。

OTAレポート

通常の療法(手術、抗癌剤、放射線療⇒いわゆる三大療法)では治らない末期癌の患者が非通常の療法で多く治っているケースがある。米議会はこれらの療法を調査して、国民に知らし

める義務がある。それまで対処療法に偏りすぎてきた米国立癌研究所(NCI)や癌学会などを名指しで批判して、多くの非通常の療法による臨床例を数多く報告した。

1990年国立癌研究所が「デザイナーズフーズ計画」を発表、癌予防には効果の大きい野菜や果物などを採ること(特にニンニク、キャベツ、大豆、ショウガ)を推奨した。

米国と日本の癌死亡率の逆転 代替療法の米国での普及が考えられる

人口10万人当たりのの死亡者数の推移
    1990年 2000年  2010年
米国  203人  201人  178人  減少傾向
日本  177人  235人  273人  増加一直線

減少傾向は欧米先進諸国 英国仏国など 米国と同じ減少傾向が見られる。
日本の医療の問題点が浮き彫りになってきている。

|

アメリカ国立ガン研究所(NCI)報告によると、抗がん剤は、発がん性物質

抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識

非通常療法の方が副作用無く治癒率が高いという結論

 今や日本人の死因の第1位となっている癌の治療について、こちらの医師のページに記載されているアメリカ議会 ガン問題調査委員会「OTA」(Office of Technology Assessment)レポートによると、現在の癌の抗癌剤による通常療法は

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」
「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」
「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」
「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・・と現代の治療”常識”を覆す治験結果が記されており、さらには「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論している。

 この結果をOTAが重視して、88年にガン問題調査委員会が組織されて、通常療法と非常療法(代替(だいたい)療法)の比較が行われました。ここで述べられている非通常療法とは食事・栄養・免疫・自然食・精神療法により身体の抵抗力を高めて、自然に治そうという考え主体の治療法です。 

その結果・・・非通常療法の方が副作用無く治癒率が高いという結論になったのです。アメリカ国立ガン研究所(NCI)は現行の治療には数十余年で見るべき進歩がない。政府はNCIへの研究補助費に疑問を投げて、国民のためのガン治療をしているとは言い難いとまでNCIの責任を追及しているのです。 
 追い打ちをかけるように会計検査院(General Accounting Office)の87年の調査報告書では、NCIへの予算がガン患者の生存率に寄与していないという報告まであげているのです。
(OTAレポートの後に、抗ガン剤が「増ガン剤」になるという問題は1988年(平成元年)の日本癌学会大会でも大きな問題となり、本家NCIでも同年に通常療法による癌治療が新たなガンを生むことを3000頁もの報告書「ガンの病因学」で認めているのです。

出典:抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。 | デイリー ルーツファインダー - 楽天ブログ

なんと抗癌剤は実は増癌剤だった! 抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定

 抗癌剤の副作用情報を確認してみると。
 ちゃんと二次発癌と書いてある。
 抗癌剤が増癌剤であることは薬の添付文書、説明書であるインタビューフォーム、薬の辞典なども書いてある常識だったのだ。

 なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。


 シクロホスファミドとマスタードガスの化学式の配列を見比べたら、シクロホスファミドはマスタードガスに殺虫剤や農薬や神経ガスに使うPのリンを付け足したものであであり、シクロホスファミドの致死量は1500mg。これはマスタードガスと同じであり、シクロホスファミドはマスタードガスと同等の毒物であることがわかる。

 シクロホスファミドは日本で一番使用量の多い抗癌剤だそうだが、万有製薬の提供する以下の情報では、抗癌剤の近くで作業するだけでも、不妊、流産、先天性障害、白血病、癌等を引き起こす可能性があるという。

出典:抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。 | デイリー ルーツファインダー - 楽天ブログ

教育のある人ほど、収入のある人ほど、代替医療に行っています。これらのデータは米国民が代替医療を選んだことを意味しています。このアイゼンバーグレポートは全米に衝撃を与えました

|

2016年8月13日 (土)

”ART TRIANGLE INFINITY” 展(Gallery TIMEKILL) 出品しています。

Dscf7615 Dscf7626 Dscf7630 Dscf7625 Dscf7624 Dscf7623 Dscf7622 Dscf7621 Dscf7620 Dscf7619 Dscf7618 Dscf7617 Dscf7616 Dscf7627_5

2016年8月13日(土)~28日(日) 11:00~17:00  ギャラリー タイムキル(御殿場)

中井一郎 牧野邦彦 近藤輝 3人展(駐車場は向かいのコインランドリー シャボン前) 

御殿場線富士岡駅から徒歩6分  (御殿場市中山645)

主催 カツマタ画廊 (TEL  090-1413-5531)

コーヒー、お菓子、冷房付き。ゆったりしていますので涼みにお越し下さい。

毎日12時から14時までおりますので、ご高覧の程をよろしくお願いいたします。

|

2016年8月12日 (金)

8月21日(日)第6回治療室準備講座(初級中級上級講座併設)が開催されます。

時間  午後 3:00~5:30  交流会 5:30~6:30
    
内容    

     個人の治療能力レベルと症例ごとの得意分野の確認

     医療が病気を”特定”し、死ぬまで薬という毒を飲ませ、収奪する理由とは。

     薬別の副作用と後遺症一覧。手術という致命的外傷を受けないための心得。


治療体験モニター

     どなたでも体験できます。
     
     上級者の治療能力は、たいていの痛みや不調をその場で改善できます。
      また、どんな病気でも治療を受ける事ができます。
        ( 30分間   参加費 1000円  時間 4:30~5:30)


  お問い合わせは、TEL 055-988-6448です。左記からメールでもどうぞ。

定例の初級、上級講座は、準備講座の中に併設されます。

|

2016年8月11日 (木)

NHKは、天皇の”お言葉”を一部カットし放送ました。

削除された天皇の「お言葉」。

 「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きまし た。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日 派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」

 どうしても憲法改悪と天皇元首化をもくろみ、日中戦争への道を突っ走ることを最大目標としている偽日本人一味の、日本を壊す為には天皇さえも馬鹿にして恥じない勢力の最後の抵抗ということです。何を焦ってるのだろうか。”護憲”がそんなに怖いのか。売国奴の証明。

|

2016年8月 9日 (火)

”一目瞭然”

"> ">

天皇は”生前退位”については何も言ってません。

憲法改正を急ぐ総理にとっては、邪魔な天皇に直接出て来られてはたまりません。自分の言葉なしに、原稿丸読みで、ただ威張って挨拶も無く、ご退場ですか。

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »