カテゴリー「心と体の治療室」の150件の記事

2017年10月27日 (金)

インフルエンザワクチン接種を続けると、ますますインフルエンザにかかりやすくなることが判っています。

インフルエンザワクチンの予防接種は、注射のあとの年々での免疫反応を弱めることが科学的に証明された。

 

 

オハイオ州立大学Wexner医学センターで行われた医学的研究で分かったことは、インフルエンザ・ワクチンを受けた女性たちはそれ以降の年を経るに従って、免疫組織の反応が弱くなっていた。
この研究のリーダー研究者のLisa Christian, PhDはこう結論した”証拠が増えるにつれ前年にインフルエンザワクチンの予防接種を受けた人たちは現年度での抗体の反応が低下している。

2008年のインフルエンザワクチン接種を経験した人々は、その後数年間にインフルエンザ感染が250%増加しました。

Human&Environmental Toxicologyに掲載された研究によると、水銀服用インフルエンザワクチンは、2009年のインフルエンザ期に胎児死亡率が4,250%上昇したことがわかりました。

ワクチン業界が提唱したインフルエンザワクチン接種の暴力は、事実に基づく証拠によって容易に反証される医療的な欺瞞です。

インフルエンザに罹患した人々は、感染症に対して脆弱にされているため、実際の世界的なパンデミックで最初に死亡することになります。

|

2017年9月27日 (水)

シャーマンとエネルギーヒーラーの違い。

">

|

2017年9月14日 (木)

医療マフィアの50兆円利権との戦いです。

">

|

断食先進国ロシアでは、精神病までも治ることが証明されています。

">

|

検診から逃げる以外自分の命は守れないと思います。

">

|

2017年9月 3日 (日)

麻央さんは、マンモグラフィーと抗がん剤で殺されたのです。

">

|

2017年9月 1日 (金)

マンモグラフィーは、胸部レントゲンの1000倍の放射能です。乳がんの原因第一位。

マンモグラフィの放射線は、「胸部レントゲンなどと比べると取るに足りず、1ラドの千分の一に過ぎない」と言われているが、両乳房で合計四枚の写真を取る時の放射線の被爆は、胸全体にあてる胸部レントゲンより1000倍も高い。(注:ラドとは吸収した放射線の総量を表す単位ですが、今はグレイが使われているようです。)
 したがって、閉経前の女性が十年間、毎年マンモグラフィ検査を受けたとすると、合計で各乳房に10ラドの放射線が蓄積することになる。

 閉経前の女性の乳房が放射線感受性が非常に強いことは、30年も前から強調されてきたことで、1ラドの放射線被爆は、乳がんリスクを1パーセント高める。したがって10年間これをやると、発ガンリスクは10パーセント高まるのだ。これは40歳から50歳の女性についてあてはまる。

WONDERFUL WORLDより転載

出典元
The Cancer Prevention Coalition

アメリカでは、40才未満の患者にマンモグラフィー検査は禁止されていますので、もし発覚したら医者は即逮捕されるそうです。

日本は、40才以下でも医者が勧めています。それ以上は健康診断という形で半強制的に被爆させられ、乳がん患者への道をまっすぐ歩ませられています。

どうしても優秀な日本人を減らしたいという意図がはっきりしています。

|

2017年8月 8日 (火)

手術を受けない方が圧倒的に生き残る。

">

|

2017年4月28日 (金)

血液統制が、人類を支配できてきた事実。

">

|

2017年4月24日 (月)

重曹でガンが治る。殺人医療に立ち向かってきた本物のお医者さんです。

">
重曹は、熱を加える方がより強いアルカリに変わるので、さらに効果が出ます。

|

より以前の記事一覧