カテゴリー「心と体の治療室」の157件の記事

2018年11月 6日 (火)

"発達障害”という病名で子供たちを薬漬けにする医者の実態。

">

|

2018年7月19日 (木)

またしても高血圧症という病人を増やそうとしています。

Dscf4509Dscf4508_2

|

2018年5月25日 (金)

がんと判ったら病院にかかわらないことが生き残る道。

">

|

2018年3月13日 (火)

降圧剤を飲むと、脳梗塞の死亡率が飲まない人の5倍になります。

">

|

2018年2月12日 (月)

減らすことが良さそうですね。食も断捨離。

">

|

2018年1月11日 (木)

アメリカ国立健康研究所の医師が警鐘。ワクチンは危険。

">

|

添付文書に書いてある通り、インフルエンザワクチンは危険です。

">

|

2017年10月27日 (金)

インフルエンザワクチン接種を続けると、ますますインフルエンザにかかりやすくなることが判っています。

インフルエンザワクチンの予防接種は、注射のあとの年々での免疫反応を弱めることが科学的に証明された。

 

 

オハイオ州立大学Wexner医学センターで行われた医学的研究で分かったことは、インフルエンザ・ワクチンを受けた女性たちはそれ以降の年を経るに従って、免疫組織の反応が弱くなっていた。
この研究のリーダー研究者のLisa Christian, PhDはこう結論した”証拠が増えるにつれ前年にインフルエンザワクチンの予防接種を受けた人たちは現年度での抗体の反応が低下している。

2008年のインフルエンザワクチン接種を経験した人々は、その後数年間にインフルエンザ感染が250%増加しました。

Human&Environmental Toxicologyに掲載された研究によると、水銀服用インフルエンザワクチンは、2009年のインフルエンザ期に胎児死亡率が4,250%上昇したことがわかりました。

ワクチン業界が提唱したインフルエンザワクチン接種の暴力は、事実に基づく証拠によって容易に反証される医療的な欺瞞です。

インフルエンザに罹患した人々は、感染症に対して脆弱にされているため、実際の世界的なパンデミックで最初に死亡することになります。

|

2017年9月27日 (水)

シャーマンとエネルギーヒーラーの違い。

">

|

2017年9月14日 (木)

医療マフィアの50兆円利権との戦いです。

">

|

より以前の記事一覧